|

Helly Hansenが、Centric PLMの3D機能でイノベーションを強化

Helly Hansenが、Centric PLMの3D機能でイノベーションを強化

blue-arrow

2つのブランド間で うまく調和

6 ヶ月で導入

3Dサンプルで 作業を何週間分も短縮

概要

急激な成長を遂げるアウトドアブランドHelly Hansenでは、各部門がバラバラのシステムを使う中で、データやバージョンの管理に課題を抱えていました。2018年にMUSTOを買収したことで、課題はさらに膨らみました。

しかし、Centricのアウトドア用PLMと3Dテクノロジーを活用することで、2つのブランド間で部門内でデータやプロセスをまとめて管理できるようになりました。

さらにコロナウィルスのパンデミックで市場が大きな打撃を受け、多くのブランドが制約に苦しむ中で、部門間でのコミュニケーションを改善して、サンプル作成を効率化し、状況の変化にもシームレスに対応することができました。

スキー&セーリング部門のテクニカル素材デザイナーで、3Dテクノロジーの採用にあたって大きな役割を果たしたMhairi Bannerman氏は、「パンデミックによって、サンプルが全く手に入らず、何ヶ月も遅延していたことが問題でした。今ではCentricの3Dコネクタ機能を使うことで、コミュニケーションを円滑に進めて、以前は不可能だった最終段階での調整を行うことができます。例えば、サンプルがない場合や、サンプルの到着を何週間も待てない場合は、数時間で3Dサンプルを作ることができます」と話します。

早くて簡単に使えるCentric PLMを導入したことで、Helly Hansenでは、より多くの商品を生み出し、品質管理を改善して、サステナビリティの目標を達成することができました。これらはすべて、イノベーションと品質を重視するブランドとして、重要なことばかりです。

全文を読む

会社情報

1877年に創業したHelly Hansenは、セーリングやスキー用のウェアに加え、プレミアムワークウェアで世界をリードする存在です。寒さの厳しい北欧で培ったするどい洞察力を活かし、140年前に生み出した柔軟性の高い防水生地をはじめ、革新的な技術を数多く開発してきました。

Helly Hansenのスキーウェアは、世界で55,000人のプロや、200を超えるスキーリゾート、山岳ガイドが使用しており、オリンピックやナショナルチームにも採用されています。

マーケット

アウトドア

場所

ヨーロッパ

Want to embark on a similar journey?

Request a demo