KaDeWeがCentricプランニングソリューションで高級百貨店のプロセスを最適化

1907年に創業したベルリンのKaDeWeは、ヨーロッパで2番目に大きな百貨店で、6万平方メートルを誇る店舗に毎日5万人を超えるお客様が訪れています。

“「Centricのプランニングソリューションを導入したことで、購買部門とMDの協業を強化でき、手動でのデータ入力作業も不要になったので、作業時間を大幅に削減できました。シナリオを検証することで、よりスピーディに戦略的な意思決定を行って、販売目標や利益目標を達成することが可能になります」” — KaDeWeグループ 販売管理部門長 Julia Lehmann氏

課題

  • 多種多様な品ぞろえ
  • 3つのビジネスモデル(自社在庫、営業権、賃貸テナント)の共存
  • 複数のユーザ間でExcelを使ったデータ管理

ソリューション&スコープ

  • 販売&利益計算
  • セールスプランニング
  • 購買プランニング
  • 在庫予測

高級百貨店が協業を強化して、ビジネスの透明性を向上し、プロセスを最適化

ベルリンの店舗では40万点近い商品を扱っており、様々な商品やブランドの膨大な品ぞろえを管理することが大きな課題でした。

KaDeWeグループ は、3つの拠点で異なるビジネス形態を採用していることが、複雑さに拍車をかけおり、業績を分析して、在庫を最適化し、売上と仕入れの目標を設定することが難しい状態でした。計画のプロセスは複数のチームが関わりながら進め、戦略的な販売目標はMDと購買部門が共同で設定していました。

従来のやり方ではプロセスに時間がかかってしまって、整合性もとれず、データのミスも起こりかねませんでした。KaDeWeグループでは、プロセスを最適化する必要がありました。

Centricプランニングソリューションを選んだ理由

様々なソフトウェアを検討した結果、 KaDeWeグループは Centricのプランニングソリューション を採用しました。マルチカテゴリ小売における専門知識と、これまでの導入実績、そしてKaDeWeグループと同じような小売企業の課題解決をサポートしてきた豊富な経験を併せ持つCentricは、自社に最適だと判断したのです。

短期間で広範に導入することを計画していた KaDeWeグループにとっては、最新で使いやすく、直感的に操作できるインターフェースも魅力的でした。またKaDeWeグループは、ビジネスの課題に対してアドバイスを提供し、アジャイルに対応してくれるデジタルトランスフォーメーション(DX)のパートナーを求めていました。

ソリューションスコープ

Centricのプランニングソリューションを導入することで、売上や利益の計算、販売計画、購買計画、在庫予測を含む戦略的な販売計画の作成プロセスを最適化することを目標としていました。

プランニングソリューションがあれば、3種類のビジネスモデルを統合し、様々な場面で必要な詳細データを確認できます。

導入のメリット

Excelを使った管理から、プランニングシステムに移行することで、業務を大幅に改善することができました。

  • 販売計画のデータ作成や統合を自動化し、作業時間を大幅に短縮
  • “情報の一元管理”によって、ビジネス全体の透明性を向上
  • 予実管理を見える化
  • リアルタイムのレポートとステータス更新で、スピーディな意思決定をサポート
  • 購買プロセスを最適化し、各シーズンや月ごとにプランを作成することが可能に
  • 状況を見える化することで、より正確で詳細な在庫予測が可能に
  • 様々なシナリオを検証し、戦略的でアジャイルな意思決定が可能に

詳細を見る

すべての事例を見る