すべての記事

商品財務計画ソリューションで、目標を必達

1 読んだ議事録
TwitterFacebookLinkedInWhatsApp

商品財務計画(MFP)ソリューションとは、小売企業が売上目標・収益・在庫水準などの財務目標を、商品・チャネル・販売・利益、消費/購買などの詳細な計画に落とし込むためのプロセスです。

トップダウンの戦略として、MDやプランナーが経営レベルの目標に沿って、詳細を計画に落とし込んでいきます。この財務的なフレームワークの中で、各部門が品ぞろえを用意し、プライベートブランドの商品や特定の流通チャネルなど、どこに投資すべきかを把握することができます。これは、すべての計画を戦略的な成長のためのビジネス目標に落とし込むプロセスなのです。

しかし、商品財務計画の策定にExcelを使っていると数週間かかってしまい、わずかな変更を複数箇所に反映する作業に、さらに時間がかかることもあります。また、正確な情報をリアルタイムに更新することができないため、在庫が過剰になって購買過多によるコストが発生したり、売れ筋の商品が在庫不足になったりする可能性もあり、どちらの場合も財務目標を達成できなくなる恐れがあります。

複雑化や過剰生産、大幅な値引きを削減

現在では商品構成が複雑化し、定番商品と季節品の商品カテゴリーが混在しており、MFPの策定には、定番商品と季節品の陳列期間の違いや、サイズと色の組み合わせ、商品のグループ分けなど、様々な要素を考慮できるソリューションが必要です。

陳列期間の違いに加えて、頻繁なアップデート・生産サイクルの短期化・経済的な課題・サプライチェーンの混乱などが重なり、状況も常に変化し続けることで、MDの業務は数多くの流動的な要素であふれることになります。状況を見える化して、アジャイルに対応し、チームワークを強化することが、今まで以上に重要になっています。

1. Excelの限界を克服

MDは常に、過去・現在・未来の最低3シーズンの在庫を管理しています。これに加えて、在庫年数や販売する場所が異なる数千もの商品をExcelで管理していると、混乱を招くことになります。

同時に、オンラインショッピングにより顧客の行動が変化したことで、商品や場所、顧客に関するデータを活用できるようになりました。

現在のような先の見えない時代に、Excelや古いプランニングシステムを使って、顧客データやトレンドデータ、販売データを扱おうとすると、作業が複雑化して難解になり、時代遅れになってしまいます。

最新の革新的なプランニングソフトウェアソリューションを使えば、データに振り回される各部門を解放して、多くのプランニング機能を自動化し、膨大な量のデータを効率的に解析することが可能になります。AIテクノロジーで、購入先・開発先・投資先を提案し、意思決定をサポートすることで、売上と成長を最大化でき、各部門では集計したデータの選別に費やす時間を削減して、整理された集計データの考察により多くの時間を費やすことが可能になります。

2. 信頼性の高い需要予測を作成

多くの企業は、コレクション・チャネル・店舗・地域・顧客や地域の嗜好をまたいで何千ものSKUを管理しており、この複雑な作業によって、プランナー・MD・バイヤーが、財務・戦略・時間を管理するのが難しくなっています。

プランニングソリューションを使えば、プランナーやMDが細かいレベルで分析作業を行い、商品を正しく配置して、過剰生産をなくし、最適な在庫水準を保って、商品を店舗に正確に補充することが可能になります。

最新のソリューションがあれば、パワフルなデータからの洞察や予測モデル、履歴データを活用してMFPを策定し、信頼性の高い需要予測を作成することができます。MDが、シナリオベースの在庫計画やシーズン計画を検証して、わずかな変化が及ぼす潜在的な影響を確認することも可能になります。

例えば、次のような商品を増やすことが可能になります:

  • 特定の価格帯
  • 特定の期間
  • 新しいチャネルでの販売

そして商品を作成する前の段階でも、正確なMFPを判断材料として使えます:

  • 商品の平均コスト
  • 販売する際の平均小売価格
  • 平均的な割引価格

3. トレンドを把握し、投資すべき部分を判断

多くの業務に追われる部門では、販売計画の作成に何週間もかかることがあり、商品開発や商品の在庫状況のわずかな変化によって、プロジェクト全体が白紙に戻されることもあります。データとExcelのカオスに陥っていると、状況が見える化できず、財務目標や販売戦略に沿って、どこに何に投資すべきかを正確に反映した計画を立てるために必要な分析を行うための時間がなくなってしまいます。

商品財務計画ソリューションを使えば、過去の数値を分析して、どの戦略が有効だったのかを検証することができます。

AIを活用してMFPを策定することで、顧客がどのような商品を購入しているかをすばやく正確に調査することができます。MDは、このデータを検証や予測に活用することができ、信頼性の高い売上予測と商品計画のプロセスを構築することができます。

また、MFPソフトウェアを使えば、販売戦略の支出を分析して、財務的なチャンスや非効率な部分を特定することもできます。過剰な支出を削減すべき部分や、業績の悪い部分、不要な割引をなくすべき部分を正確に特定し、財務目標を再調整して達成することが可能になります。また、既存の戦略の無駄な部分や過剰生産を特定して削減することで、失われた利益を回復するのにも役立ちます。

セントリックプランニングの活用

企業が成長するためには、商品計画の財務的制約や目標に沿ったコレクションと品ぞろえを用意する必要があります

Centric Software®のプランニングソリューションは、小売やファッション業界のプランニングや商品開発のエキスパートが開発した、小売業界に特化したソリューションです。直感的に操作できるパワフルな機能を備え、正確なプランニングをスピーディに効率的に作成して、商品レンジや品ぞろえを簡単に計画することができます。パワフルなプランニングソリューションを使えば、営業利益や商品利益率を向上するだけでなく、リードタイムを削減して従業員のストレスを軽減することも可能になります。

また、Centricのプランニングソリューションは、リアルタイムの財務データを活用して、ビジュアルな情報を使って作業できるCentricビジュアルボードと連携して活用することもできます。