|

商品の企画から販売までを、スピーディーに進めるために

Centricの製品ライフサイクル管理(PLM)で、利益を最大化しながら、商品をスピーディーに開発し、商品ポートフォリオを最適化して、コンプライアンスや安全基準に対応

食料品業界でのCentric PLM™ の活用方法

メーカー&ブランド 小売り&食料品店

業務を効率化して、商品開発を最適化

情報を一ヶ所にまとめて管理することで、状況を見える化し、コストを削減して、リードタイムを短縮し、顧客との距離を縮めることが可能に

アジャイルに対応して、リードタイムを短縮

サプライチェーンをしっかり管理して、効率的に協業することで、トレンドや状況の変化にスピーディーに対応

商品ポートフォリオを最適化

財務目標と商品とをリンクすることで、地域やチャネルごとのポートフォリオを最適化し、新商品や改良版をリリースして、利益率を最大化

コンプライアンスやトレーサビリティに対応

状況を見える化し、変更や素材の履歴、サプライヤ、パントリー、店舗の監査を確実に管理することで、コンプライアンス違反やトレーサビリティの欠如によるリスクを低減

食料品業界向けの情報

PLMのよくあるご質問

食料品用PLMとは?

PLMは製品ライフサイクル管理(Product Lifecycle Management)のことで、食料品の商品開発を様々な角度からサポートするシステムです。食料品の小売りやメーカーでPLMを活用すれば、新商品の開発を最適化して、部門間の協業を強化し、より戦略的な意思決定を行うことが可能になります。

食料品業界にPLMが必要な理由は?

PLMは、商品開発に関わる人々を連携することで、業務を効率化して、リードタイムを短縮し、無駄やコストを削減して、品質を改善し、イノベーションを強化するためのエンタープライズシステムです。PLMがあれば、商品開発でメールやExcel、バラバラのシステムを使う必要がなくなり、1つのシステムで情報を共有して、変更や承認を管理し、協業を強化することができます。

PLMは誰が使うものですか?

PLMはコンプライアンスや規制に対応した安全な商品を、スピーディーに販売するためのシステムで、食料品の小売り、ブランド、メーカーすべてでご利用いただけます。R&Dから調達、パッケージ開発、品質管理、コンプライアンス管理など、商品開発に携わるすべての部門で活用でき、業務を効率化して、イノベーションを強化し、ニーズに合った商品をスピーディーに販売するためのサポートを行います。

PLMの導入は大変ですか?

いいえ!PLMは全社的に使用するシステムなので、導入を成功させるためには、部門間でしっかりとコミュニケーションをとって調整する必要がありますが、経験者のサポートがあれば、スピーディーに導入を進めることが可能です。

導入に関しての詳細は、投資対効果を早期に発揮できるCentric独自のアジャイル導入手法をご覧ください。

PLMとERPは同じものですか?

一言で言えば、答えはNoです。PLMは商品の企画から作成までを管理して最適化するためのシステムで、ERPは生産後の商品を管理するためのシステムです。

PLMとERPの違いについて詳しく知りたい場合は、こちらのホワイトペーパーをご覧ください。

PLMで商品の仕様を管理できますか?

もちろんできます。商品の仕様を管理する機能は、食料品ブランド、メーカー、小売り用PLMの主要機能の一つです。PLMで原材料のライブラリや、調合のデータ、サプライヤの見積にアクセスできるので、精度の高いデータを使って商品の仕様をスピーディーに簡単に管理できます。

パッケージのエンジニアやデザイナーもPLMを使えますか?

はい、使えます!商品開発部門は、PLMを使ってパッケージやラベルのデザイナと連携できます。さらにAdobeイラストレーター3Dコネクトなど、サードパーティーの製品との連携機能があるPLMを使えば、パッケージのエンジニアやグラフィックデザイナーが一つの環境で作業しながらPLMと連携することができるので、ワークフローを最適化できます。

PLMで調合管理ができますか?

もちろんです!調合管理もPLMの重要な機能の一つです。ワンクリックで、各商品の調合データにアクセスして、栄養価や原材料、アレルゲン、コストなど、商品に関する様々な情報を確認できます。また既存商品のデータを活用して、新商品を生み出すことも可能です。

PLMを使えば、リコールを管理できますか?

もちろん管理できます!PLMで商品や調合に関するすべての情報を管理できるので、原材料やコンプライアンスに問題が発生した場合に、影響がある商品を見つけ出して、店頭から撤去したり、生産を停止することが可能になります。

PLMは食料品の品質を向上をサポートできますか?

はい、できます!PLMを使えば、トレーサビリティをエンドtoエンドで管理して、商品開発全体でコンプライアンスを管理しコントロールすることができるので、業務を効率化して、調合を改善し、完全な商品を作り上げることができます。

PLMを使えば、消費者の信頼性を向上できますか?

もちろんです。PLMがあれば、商品開発に関わるメンバーがリアルタイムに連携することができるので、部門間の協業を強化して、革新的な商品の開発に注力できます。さらに、コンプライアンスに関しても精度の高いデータを管理できるので、信頼性の高い商品を販売することが可能になります。

PLM用モバイルアプリはありますか?

もちろんあります。Centricは業界初の、便利でユーザーフレンドリーなPLM用モバイルアプリを開発しました。アプリを使うことで、商品のテストを行う人や営業担当など、より幅広い人が商品開発に簡単に関わることが可能になります。

顧客との距離と縮めるCentric PLMの詳細をデモでご覧になりたい方は