PurCotton

PurCottonがCentric PLM™でデジタルトランスフォーメーションの“3ステップ戦略”を推進

blue-arrow

3 つの戦略目標を達成

8 つの商品ナレッジベースを構築

1,500 以上のシステム項目を整理

概要

TwitterFacebookLinkedInWhatsApp

PLM導入前にPurCottonが抱えていた問題

  • システムが分散していて、協業やデータの集約が難しい
  • 需要ではなく、過去の経験に基づいて研究開発が行われており、意思決定に関連データや最新データが活用できていない
  • 計画、デザイン、研究開発部門からの情報を活用して、スマートな商品管理を実現したい

「PLMプロジェクトは、PurCottonのテキスタイルビジネスをアップグレードし、最適化するためのもので、5つのプロセスを刷新し、8つのデータベースからデータを集約します。PLMを活用することで、新商品のリリースサイクルを短縮し、消費者のニーズに対応できる体制を整えたいと考えています」 – PurCotton ゼネラルマネージャー Li Jianquan氏

Centric PLMの導入で実現できたこと

  • 部門を超えて使える、様々な研究開発モデルをサポートする商品開発管理プラットフォームを構築
  • “商品のデータベース化、プロセスでの協業、ビジネスの見える化”の3つの戦略目標を達成
  • ニーズの調査や革新的な商品作りに集中して取組める環境に

PurCottonが、Centric PLMでニーズに対応した革新的な商品作りのためのデジタル基盤を構築した事例をご覧ください

サクセスストーリー

会社概要

親会社Winner Medicalの30年に渡る医療業界での経験を受け継ぐPurCottonは、“100%コットンで世界を変える”というビジョンを掲げ、掃除、マタニティケア、フェミニンケア、衣類、ホーム&リビングなど7つのカテゴリで、ティッシュ、ウェットティッシュ、生理用ナプキンの3つの主要製品の研究開発に取り組んでいます。マタニティや幼児用品、日用品の分野で高い評価を受けており、コットンを使った商品で、安全でサステナブルでハッピーなライフスタイルをご提供しています。

2017年には、蘇州に初となる1000ヘクタール以上の広さを誇る店舗を開設し、TmallやJD.comなどのeコマースでの売上は、競合他社を抜いてトップの座を獲得しています。2021年6月末の時点で、279店舗を展開し、オンラインとオフラインで約3,000万人の会員数を誇っています。

業種

マルチカテゴリ小売

場所:

アジアパシフィック

Want to embark on a similar journey?

Request a demo