|

30 3月, 2021     この記事は 13 分で読めます

ポートフォリオ管理で、完璧な品ぞろえを

ビジネスの形態やサイズを問わず、食品ビジネスでは、消費者のニーズに対応した品ぞろえを用意できているかを継続的にチェックする必要があります。職人が営む小さなお店から大規模なマルチカテゴリ小売まで、どんな企業でも商品の収益性や販売率を最大化する必要があり、そのためには商品ポートフォリオ管理と品ぞろえ計画のための最適なシステムを導入して、売上の最大化を図ることをお勧めします。

でもその前に、商品ポートフォリオ管理とは何なのでしょうか?製品ライフサイクル管理(PLM)ソリューションを使うことで、意思決定をどう改善できるのでしょうか?詳細は続きをご確認ください。

 

商品ポートフォリオ管理とは? 

商品ポートフォリオ管理は、各商品の取り扱いを継続するのかやめるのか、コストを増やすのか減らすのか、消費者の嗜好の変化や新しいマーケットに合わせて変更を加えるのかなど、データに基づいて継続的に判断を行うプロセスです。例えば、既存商品にシーズンやイベントに合わせた変更を加えることで、利益率を向上して、各地域やチャネルでの販売を増やすこともできます。

小売でも同様に、商品の品ぞろえを最適化してビジネスの成長を促進し、新商品の成功率をアップして、オリジナルブランドの開発をサポートするプロセスがあります。

商品ポートフォリオ管理の責任者に、これらの質問を投げかけてみましょう

– すべてのSKUの中で、最も利益率の高い商品は?

– 成功している商品をリブランディングして、新しいマーケットで利用できるか?

– 既存の商品レンジで抜けている部分を埋めるために、新商品を投入すべきか?

– 商品のコストは?

– 商品を各シーズンやイベント、地域に合わせて調整する最適な方法は?

– 商品がその地域の規制や基準に対応できているか?

– 商品の宣伝文句は、有効かつ最新か?

これらの質問への答えを使えば、商品の変更や更新、中止などによって、商品の最適化が適切に行われているのかを判断できます。

 

商品ポートフォリオを完璧に管理するために

商品ポートフォリオ管理を効率的に行うためには、複雑な計算が必要です。既存の品ぞろえがターゲットの顧客のニーズに合っているのかを確認するためには、販売データ、予測、価格帯、利益の分析が必要です。さらに意思決定を行う人は、商品とパッケージのデザインや、成分、組成、ターゲットの市場、競合など様々な情報にアクセスして、既存商品の価値を明確に把握しておく必要があります。

 

商品ポートフォリオ管理のためのシステム

大量の商品ポートフォリオを効率的に最適化するためには、商品ポートフォリオ管理用のシステムを使って、企画から販売まで商品開発プロセス全体を見える化する必要があります。効率的なシステムがあれば、ポートフォリオ管理を行うマネジャーや品ぞろえのプランナーが、最新の情報にアクセスして、情報を基に判断を下すことが可能になります。

そしてこの商品ポートフォリオ管理は、多くの場合は製品ライフサイクル管理(PLM)ソリューションを導入することで、利用できます。PLMを使えば、状況を見える化して、レポートを簡単に作成し分析を行い、部門間で協業することができ、その商品が利益にプラスの影響を及ぼし長期的に成功できるのかの意思決定を、情報に基づいて行うことが可能になります。

 

 

PLMで品ぞろえ計画をスケールアップ

PLMがあれば、商品ミックスの全体像を幅広く確認することができます。商品ポートフォリオのオーバーラップや抜けを見つけ出して、品ぞろえを強化し、新商品の成功率をアップして、利益を生み出す商品を明確に見つけ出すことが可能になります。意思決定を行う人は、シーズンごとに財務や業績の目標に合わせたトップレベルのビューを確認することができ、最終的にはリードタイムを短縮して、在庫管理を強化し、在庫の返品を最適化して、1平方メートル当たりの売上を最大化し、リアルで確実な財務計画を立てることが可能になります。

さらにポートフォリオ管理や品ぞろえ計画の機能を備えたPLMの中には、商品に関する情報をまとめて管理することで、商品開発に関わるすべての人が、簡単に情報にアクセスできる環境を整えてくれるものもあります。情報を共有することで、リアルタイムにコミュニケーションをとって協業し、作業の重複をなくして精度を向上できます。クラウドベースのPLMのエコシステムを活用すれば、商品ライフサイクル全体を100%見える化して、目標を明確にし、シーズン計画に対する進捗を管理して、成績の悪い商品を見つけ出すことが可能になります。MDや商品開発部門が、戦略的に商品をデザインして、様々なシナリオに合わせてコストを検証し、商品のコストが利益に与える影響を試算して、財務目標に沿った品ぞろえ戦略を立てることが可能になります。

サプライヤとオリジナルブランドの開発を行う小売でも、PLMを活用することで、協業を強化して、データに基づいた分析を行うことが可能になります。R&D、調達、MD部門と情報を直接共有して、RFQ管理を効率化し、商品開発を最適化して、品ぞろえ計画を強化できます。

 

複雑な商品ポートフォリオを管理

サプライヤとオリジナルブランドの商品開発を進める企業にとっては、効率的な商品ポートフォリオ管理機能を備えたPLMがあれば、複雑な商品ポートフォリオの計画、管理、最適化をサポートし、消費者のニーズにスピーディーに対応できます。

商品や販売のデータを見える化することで、商品ミックスの全体像を明確にし、人気のある商品を簡単に見つけ出すことができます。例えば、イベント用のチョコレートを例に挙げると、既存のレシピを使って、シンプルにパッケージを変更するだけで、シーズンに合った商品にすることができます。レシピや成分を変える必要はなく、パッケージを季節に合わせて変更するだけで、クリスマス、バレンタイン、ハロウィン、イースターなどイベントに合わせた商品に様変わりします。同じように、基本のレシピを活用して、アレルゲンフリーやグルテンフリー、糖質オフなど、健康志向の消費者に合わせた商品にアレンジすることも可能です。

 

データをバラバラにしない

新しい国やマーケットを開拓したいと考えている企業にとっては、商品ポートフォリオ管理は重要です。しかし、商品開発全体を見える化できるPLMがなければ、データの管理は複雑になり、重複やミスが発生します。

データを一元管理できるPLMがあれば、大規模な商品ポートフォリオを管理して、国や部門の間の壁をなくして、地域の基準や規制に合わせた品ぞろえ、ラベル、言語、キャッチコピー、デザイン、栄養情報を管理できます。

つまり社内外の連携をサポートするPLMがあれば、商品ポートフォリオ全体を明確に把握した上で意思決定を行い、最適化すべきポイントを見つけ出して、新商品の成功率を上げ、売上を増やすことが可能になります。

 

デモを申し込む

 

Share this article