California

655 Campbell Technology Parkway,
Suite 200
Campbell, CA 95008 USA

Phone: +1 408 574 7802
Fax: 1 408 377 3002

すべての記事

PLMとは?機能やシステム導入
メリットに関する情報を解説

1 分で読めます
TwitterFacebookLinkedInWhatsApp

PLM とは、「Product Lifecycle Management」の略で、日本語では「製品ライフサイクル管理」と呼ばれており、製品がたどる各段階の生涯全体を管理する手法やシステム(ソフトウェア)です。PLMでは、製品の開発から製造まで全ての段階で情報を統合するためのフレームワークであり、企業の競争力を高める手段として国内で非常に注目されています。

本記事では PLM とは?PLM の概要や重要性の説明、PLM に最適なシステムの導入メリットや Centric Software が 提供する PLM ソフトウェアを紹介しますので、PLM導入ご検討の方々や 新しい PLM システムをお探し中の方々も是非、参考にしてください。

PLMとは?

PLM とは、企業の競争力や製品開発力を向上し強化するために、製品ライフサイクルの全体(製品企画・設計、製造、調達、販売、物流、保守)を多様な技術情報を集約して統合的に管理するシステムです。製品の情報をエンジニアリングチェーンにわたって一元管理し、製品開発力、競争力の強化と収益の最大化を実現するのが主な目的です。

また、PLM には主に以下のような活動が関連しています。

PLM の概要

PLM には、以下の主な活動が含まれています。

  • マーケティング戦略
  • 製品企画開発
  • 製品試作
  • 製品技術
  • 調達
  • 物流
  • 保守サービス

PLM の重要性 ともたらす QCD の向上

近年では、グローバル競争の激化や、インフレ、コンプライアンス、顧客のニーズの多様化によって、より高品質のプロダクトや製品の製造と生産が低コストと短期間で実行されることが求められています。QCD(品質 Quality・コスト Cost・納期 Delivery)の向上を実現するには、社内のプロセス品質の改善が重要となります。

このため、PLMシステムを活用すれば、製品設計や生産準備のステージで品質基準を定めることが可能になり、製品に必要な部品の調達、製造、販売、サービスそれぞれの段階で調達部品、製造品、出荷品、納入品の品質を検査し、その情報とデータをシステム内で共有、データの一元管理はもちろん、QCDや製品の品質、社内のプロセス品質を全体的に向上することが実現します。

Centric PLM について

Centric Software が提供する PLM ソフトウェア「Centric PLM」では、商品の進行状況情報データなどを一元管理し、手作業の業務をシステム上で精度高く行うことができ、コスト削減の実現はもちろん、QCD の向上や商品的中率の向上を支援します。売上と利益、そして商品計画から市場への商品リリースまで全てが最適化されます。

PLM導入が企業にもたらすメリット

ここでは PLM を導入することによって得られる企業のメリットをご紹介します。

PLM のメリットとは

① 業務効率化と生産性の向上

PLMソリューションの導入によって、製品計画からリリースまで全てのプロセスに関わるデータと情報の一元管理が可能になるため、全体的な業務の効率化とリードタイムの短縮が実現します。これにより生産性や売り上げ、利益の向上にも繋がります。

また、PLM を導入していない企業では、エクセル上や古い方法で情報の共有を試みている場合が多く、データのミスや抜け漏れ等も頻繁に発生します。PLM を導入することによってこれらの情報共有をひとつの場所で行うことが実現し、製品開発に必要な情報の共有とデータの変更も全てシステム上で実行可能となります。全ての業務に効率化がもたされ、各プロジェクト進行がスムーズに行えます。

② トレーサビリティの確保

PLM とサプライチェーン管理システムの連携で、部品や製品のシリアル等の共有が可能になり、追跡を容易に確保・実現します。

③ データの一元管理と共有

システム導入によって、社内で設計・開発・生産・物流・保守に関するデータ全てが一気通貫で一元化され、その情報を一ヶ所で共有できるので、製品開発や CAD データを社内で集約共有し、プロジェクトと業務全体を効率的に進められます。

④ コストの削減

PLM を自社に導入すれば、紙ベースで行っていた業務がデジタル化され、さらに無駄な作業を削減するため全体的な製造コストの削減が実現します。

⑤ 売上と品質の向上

PLMを使えば、販売目標に応じてコスト・利益・価格の関係性をすばやく正確に計算することが可能です。またサプライチェーンへのサプライヤーの追加、グローバル調達の一元管理および最適な調達計画の策定、そして利益率の向上が推進されます。

PLMシステムの機能

PLMは生産プロセスをサポートする機能やユースケースを豊富に備えています。その中から代表的なものを記載します。

PLMツールがあれば、デザインをリアルタイムに進めながら、新しいデータを即座にシステムに保存することができます。これにより、消費者のニーズやトレンドに対応した商品を用意し、スピーディに市場に投入することができます。その結果、収益を大幅に向上して、イノベーションを促進し、消費者の動向を管理することが可能になります。

製品ポートフォリオ管理は、データを使った継続的なプロセスで、小売企業やメーカーが、どの商品を残すべきか、減らすべきか、コストを上げるべきか、消費者のニーズに対応するために更新が必要か等をPLMツールで商品開発プロセ全体を可視化して、全体像を把握することで、商品ポートフォリオを大規模かつ効率的に最適化することができます。

部品表は、商品を作るために必要な品目のリストで、PLMソリューションの中でも重要な要素です。PLMツールにBOMを組み込むことで、正確な調達の詳細情報、生産情報、コンプライアンス規制などをリアルタイムに結びつけ、企画から生産までプロセス全体で協業することが可能になります。その結果、ミスのリスクを低減して、業務を効率化し、無駄なコストを削減して、リードタイムを短縮することができます

受注生産(Engineer to Order、ETO)では、商品要件に顧客の意見を盛り込むことが不可欠なため、プロセスを共同で進める必要があります。ETOをサポートするPLMを使えば、営業・エンジニア・業務などの各部門で商品情報を共有できます。情報を一元管理することで、社内外のすべての関係者が、商品の成功の鍵となる消費者動向、市場データ、顧客満足度のデータに簡単にアクセスすることが可能になります。

社内の関係者・サプライヤ・メーカー・消費者から収集したデータを活用して、商品化のリードタイムを短縮し、最も費用対効果の高い価格を設定でき、その結果、顧客を維持して、業務を効率化し、商品開発を推進することができます。

規制の問題など調達の課題に対応するためには、リアルタイムに協業することが第一の戦略です。コンプライアンスの課題・工場の監査・ベンダーのコンプライアンス・ベンダーのスコア評価・品質保証に簡単に対応する方法が求められていますが、PLMシステムがあればいつでも最新の情報を管理することが可能になります。

新しいビジネスモデルを採用して、よりグローバルにビジネスを展開するにつれて、サプライチェーン戦略も進化を余儀なくされます。PLMツールを使えば、サプライチェーンプロセスを最適化し、バイヤーのニーズや規制要件に合わせてプロセスの各要素を管理することができ、その結果、品質を向上して、市場投入のリードタイムを短縮できます。

協業をサポートするPLMを使えば、リードタイムを短縮しコストを削減することができます。生産プロセスのトレーサビリティの情報をリアルタイムに提供し、社内の各部門やパートナー企業が適切なワークフローに従って業務を進めることが可能になります。

商品が生産された後のプロセスは、製品情報管理(PIM)と呼ばれ、PLMツールをPIMシステムと連携することで、流通やサービスの情報を関係者に共有することができます。PLMシステムを使って最も正確な商品データをタイムリーに共有することで、商品を生産から販売へと進めることができます。

メーカーや生産業者は、商品開発に必要なあらゆる情報にアクセスする必要があります。商品フォーミュレーションソフトウェアは、原材料やレシピ、研究開発文書、規制文書、生産プロセス業務など、多くのデータのロードマップを提供します。PLM システムと統合することで、配合プロセスや、コンプライアンス対応、原材料のトレーサビリティ、健全な利益率、将来のイノベーションを強化することができます。

PLM ソフトウェアなら Centric PLM

商品開発のあらゆる側面をカバーする強固で包括的なCentric SoftwareのSaaS型クラウドベースのソリューションによって、デスクトップでもモバイル端末でも、どこでも必要な情報を手にしてイノベーションを推進することが可能となります。Centricの革新的なモバイルソリューションを使えば、従来のシステムでは対応できなかった場所でも情報へアクセスし、リアルタイムな対応を基に、イノベーションが加速されます。

またニーズに合わせて容易にシステムの構成や環境設定が可能なCentricのクラウドベースのPLMは、Centric独自のアジャイル導入メソドロジー℠でプロジェクトを進め、使いやすいインターフェースを役割に応じて設定し、お客様独自のビジネス目標に応じた構成の実装が可能なため、最短で導入効果と価値を実感いただけます。

Centric PLMは、企業のデジタル変革を促進し、業務の効率化やリードタイムの短縮をサポートします。業界によってデータの種類や形式は異なりますが、適切な商品を、適切な価格と最高の品質で、スケジュール通りに市場に投入することは、どの業界の企業も目指すところです。