|

23 3月, 2021     この記事は 14 分で読めます

しっかりと意思決定:Centric PLMで品ぞろえ計画と商品ポートフォリオを最適化

食品メーカーや小売企業で、パワフルな品ぞろえ計画と商品ポートフォリオ管理の機能を備えたCentric PLMを使えば、先を見越して最適なSKU開発を行い、利益率を最大化するための判断を下すことが可能になります。品ぞろえ計画と商品ポートフォリオの最適化を“広く深く”サポートするCentricの詳細をご覧ください。

最も利益率の高いSKUは?バリエーションを増やせる商品はどれ?ローカライズする?それともリブランディング?コストはいくら?コストの内訳は?素材やパッケージを代替品にすれば、利益率が上がるのはどの商品?シーズンやイベント、地域に合わせてカスタマイズする最適な方法は?商品はその地域の基準を満たしていて、証明書は最新になっている?小規模で特定の商品を扱うメーカーから、大手のマルチカテゴリ小売まで、利益率の向上やコンプライアンス対応を推進する企業では、品ぞろえ計画や商品ポートフォリオに関するこのような質問が、意思決定の際に重要になります。

Centricの製品ライフサイクル管理(PLM)を使えば、商品に関するすべての情報をまとめて管理することで、業務に関わるすべての部門で連携して、企画から販売まで商品開発の詳細を見える化し、ワークフローを効率化できます。そして常に最新の情報にアクセスして、重要な意思決定に活用することが可能になります。

マルチカテゴリ小売りでCentric PLMTMの品ぞろえ計画機能を使えば、これらを実現できます

  • 商品の成功率をアップ
  • 品ぞろえを最適化して、ビジネスの成長を促進
  • オリジナルブランドの開発をサポート
  • 利益率を向上

食品メーカーやブランドでCentric PLMTMのポートフォリオ管理機能を使えば、これらを実現できます

  • 商品ポートフォリオを効率的に管理
  • シーズンやイベント、テーマに合わせて商品を更新
  • 複数の地域で販売
  • 利益率を向上

詳細は続きをご覧ください!

食品&飲料の小売企業:品ぞろえを最適化して、バランスのとれた品ぞろえに

大きなヒット商品を出せば売上の増加が期待できますが、新商品の約半分は売上目標を達成できておらず、品ぞろえを最適化して新商品の成功率をアップすることが、小売企業にとって重要になっています。

Centric PLMの品ぞろえ計画機能を使えば、リアルタイムの情報を使って状況を見える化して、目標を設定し、進捗を管理したり、業績の悪い商品を見つけ出したり、継続的に品ぞろえを最適化することができます。MDや商品開発部門で、戦略的に商品をデザインして、パターンごとに検証を行ったり、商品コストが利益に与える影響を自動で計算したり、財務目標に沿った品ぞろえ戦略に合わせて価格を設定することが可能になります。

商品のオーバーラップを見つけ出したり、新商品やリブランディングでカバーすべき部分を見つけるためには、商品ミックスの全体像を把握することが重要です。Centricの品ぞろえ計画機能を使えば、予算とプレミアムブランド、スペシャルブランドのバランスをとって、意思決定を改善し、既成ブランドやオリジナルブランドの枠を超えて複雑な商品ミックスを把握することができ、どんな商品を開発すべきなのかを見つけ出すことができます。

経営層が各シーズンごとの財務目標を集計して確認したり、部門やラインごとの詳細を確認することができ、コストの内訳を詳細に確認することもできます。ビューをカスタマイズすることで、意思決定を行う人が、堅実でリアルな財務計画を作り上げることが可能になります。

また、全体像だけでなく、詳細を確認することもできます。リコールやコンプライアンスの変更にスピーディーに対応しながら、売れている商品とそうでない商品を見分けて、リードタイムを短縮したり、在庫を調整したり、在庫の回転率を最適化したり、単位面積当たりの売上を最大化することが可能になります。

また、サプライヤとオリジナルブランドの開発を進めるマルチカテゴリ小売では、共同開発での商品に関する意思決定をサポートします。R&Dや開発担当者、MD、計画部門と調達部門やサプライヤとをダイレクトに連携することで、最新の商品情報やRFQへの回答、品ぞろえ計画を即時に共有して、オリジナルブランドの商品開発をスピーディーに進めることができます。

Food_Beverage Portfolio Management

食品&飲料メーカー:商品ポートフォリオを効率的に管理

サプライヤとオリジナルブランドの商品開発に取り組む食品メーカーやブランド、マルチカテゴリ小売では、Centric PLMを使って複雑な商品ポートフォリオの計画や管理、最適化を行うことで、シーズンや地域、マーケットの需要に対応することができます。

Centric PLMを使えば、人気のある商品を簡単に見つけ出して、シーズンやイベント、マーケットに合わせてカスタマイズすることができます。商品の各種情報や選択可能なカスタマイズを見える化することで、同じチョコレートのパッケージを、クリスマスやバレンタイン、イースター、ハロウィンなどイベントに合わせて変更したり、中身や形、装飾を変えたりすることが可能になります。

商品カタログの管理は、パッケージの変更よりもかなり大変ですが、商品を中心としたデジタルエコシステムを構築するCentric PLMは、組成から販売データまで商品に関するすべての情報を集約して管理できるので、リアルタイムにアップデートして参照したり、社内外のチームで連携することが可能になります。既存の人気商品をアレンジした新しいレシピ開発を行ったり、商品の中止や変更の意思決定をしたり、コンスタントに革新的な新商品の開発を進めることができます。

また、地域に合わせた商品やラベル、言語、キャッチコピー、デザイン、栄養情報を作成できるので、新たな地域やマーケットに参入するのも、より簡単になります。さらにCentricのオープンAPI連携機能を使えば、USDAやCIQUALなどのデータベースとも連携でき、Centric PLMから素材やコンプライアンス問題をすぐにリサーチすることも可能です。PLMに連携し、パワフルな機能を備えたモバイルアプリを使えば、競合の情報や商品テストのフィードバックを現場でスピーディーに簡単に収集して、競合分析やマーケット調査を行うこともできます。

Centric PLMは、ベンダーが利用することもでき、PIM(商品情報管理)やERP(エンタープライズリソースプランニング)等とのシステムと簡単に連携できるので、データが孤立したり、地域や部門間に壁ができることもありません。意思決定を行う人が、商品ポートフォリオの全体像を明確に理解して、既存商品を最適化する機会を見つけ出し、商品の重複をなくして、新商品の成功率をアップすることが可能になります。

どんな商品を売ったり作ったりするべきか?どの商品をやめるべきなのか?このシーズンではどの商品が成功の確率が高いのか?コストをかけて商品をローカライズする価値があるのか?など、難しい意思決定を迫られる場面でCentric PLMを活用すれば、品ぞろえや財務目標、商品ポートフォリオを広くそして深く見える化することができます。また、分析だけでなく、商品ライフサイクルをリアルタイムに管理するハブとして、決定内容をすぐに実行に移し、状況を見える化してコントロールすることも可能になります

 

品ぞろえ計画と商品ポートフォリオ管理をレベルアップする準備は整いましたか? デモを申込む

Share this article