|

23 3月, 2021     この記事は 10 分で読めます

Centric PLM™でコストのかかるリコールを削減

食品のリコールは、よく発生するものです。ラベルの記載ミスや葉物野菜による汚染など、リコールが発生するとサプライチェーンは大混乱し、メーカーやブランド、小売は深刻な影響を受けます。

食品のリコールが発生すると、どんな影響があるのでしょうか?そして、それはどれくらい深刻なのでしょうか?今回は、食品のリコールが与える影響や、財務・法務・評判のリスクをご説明します。そして食品のメーカーやブランド、小売、サプライチェーンで、製品ライフサイクル管理(PLM)ソリューションを活用することで、リコールによる悲劇を軽減し回避する方法もご紹介します。

 

食品のリコールが与える影響

ラベルに“ナッツ不使用”と書いてあるクラッカーに、ナッツが使われていることが発覚した場合には、メーカーやブランドは食品の安全を管理する機関に通知して、生産と流通を停止する責任があります。同様に、商品に使用されている成分が汚染されていたり、不適切なベンダーから供給されていることが発覚した場合も、その成分が含まれるすべての商品の生産と流通を停止する必要があり、さらにその商品を店頭や在庫から撤去しなくてはなりません。

対応が終わる頃には、色々なところに影響が波及し、消費者の信頼が急激に低下して、売上の損失につながってしまいます。大企業であれば、短期的な損失に対応できるキャッシュフローがありますが、長期的には消費者の信頼が低下することで、ブランドの地位も低下し、見放されることもあります。中小企業では、大企業ほど財務に余裕がないことが多いため、さらにダメージを受けやすく、商品の返品や交換、業務停止や訴訟などで発生するコストを考えると、たった1度のリコールで、大惨事になる可能性もあります。

Food and Beverage Product Recalls Centric PLM

Centric PLMでリコールのリスクを検知

このように多大なコストが発生するリコールを避けるためには、どうすればいいのでしょうか?その答えは、Centric PLMです。ここから革新的なCentric PLMを活用して、リコールのリスクを早期に発見する方法をご紹介します。

  • 追跡管理機能

Centric PLMを使えばエンドtoエンドで管理できるので、組成のデータや成分の申告内容、分析レポートなど、商品に関する意思決定や承認内容を100%見える化することができます。各商品の情報をカタログ化して、素材の汚染や不適切な調達で影響を受ける商品を、簡単に追跡管理することが可能になります。例えばあるチョコレートに使用されている乳成分が、汚染などで消費に適さないことが発覚した場合は、Centricで商品ポートフォリオの中から同じ成分が配合されている商品を探し出すことができるので、データを使って適切に対応し、さらなるリコールのリスクを抑えることができます。

  • データとラベルの管理

Centric PLMを使えば、プロジェクトのステータスやベンダー管理、素材、アレルゲン、組成、パッケージ、最終承認など商品に関するすべての情報をまとめてリアルタイムに管理することができます。データを活用して、素材リストやラベルの標準テンプレートを作成することで、無駄をなくしてパッケージデザインのワークフローを効率化できます。さらに、ポートフォリオ全体でアレルゲンの素材を管理することもできるので、ラベルにアレルゲンが含まれることを忘れずに記載することができます。

  • ベンダーのコンプライアンス

Centric PLMを使えば、ベンダーの施設が規制に準拠しているか、特定の原料をサードパーティの請負業者に委託しているか等、調達やベンダーの情報を管理することができます。そして商品やパッケージのエンジニアが、サプライチェーン全体で、素材やパッケージのドキュメントを追跡管理できます。

  • アクセシビリティ

クラウドベースのCentricは、規制やコンプライランに関するデータに加えて、リアルタイムのデータを使ってコスト試算を行えるので、関税や仕様の変更など様々な要因に基づいて、原価をより正確に計算することができます。さらにCentricは主要国に拠点を構えすべての言語に対応しているので、場所を問わずすべてのユーザーに最適なPLMエクスペンスをご提供できます。

Centricのような革新的なPLMを活用すれば、品質やブランドの評判を向上して、ワークフローを効率化しながら、コストのかかるリコールの影響を軽減することができます。

 

Centric PLMで出費のかさむリコールを削減

Share this article