ログイン         |

   |

X

Secure Customer Login

Forgot your password?
1

化粧品用Centric PLMを使って、いつまでも美しく

化粧品ブランドには、ファッションのトレンドに素早く対応して、革新的で品質が高くサスティナブルな商品を開発し、ベストセラーを生み出すことが求められています。Centricの製品ライフサイクル管理(PLM)を使えば、情報を一ヶ所にまとめて、商品作りの最初から最後までプロセス全体を管理し、ワークフローをコントロールすることができます。

詳細を見る

blue-arrow

化粧品ブランド用Centric PLM

化粧品は、外箱・容器・ラベル・付属品・売り場でのポップアップなど、様々なパーツが必要な、 複雑な商品です。Centric PLMを使えば、競争力を強化して、マーケットの成長にあわせて、ビジネスを成長させることが可能になります。

リードタイムの短縮

リードタイムの短縮

Centric PLMで情報をまとめて管理することで、作業のやり直し・ボトルネック・ダウンタイム・データの手入力・不要なやり取りをなくして、商品化のリードタイムを短縮。リリース時期を設定して、ステータスを管理し、問題が発生してもすぐに対応することが可能に。

状況を見える化

状況を見える化

サプライチェーン全体を見える化することで、コンプライアンス要件・トレーサビリティ・サステナビリティに対応しながら、ワークフローやプロセスをスムーズに進め、サプライヤと密接に連携して、透明性を重視する消費者にアピールできる商品を生み出すことが可能に。

利益率の向上

利益率の向上

コストを正しく管理することで、利益率を向上。財務目標を立てて、リアルタイムに利益を計算したり、プロジェクトの状況を可視化することが可能に。生産を開始する前に、コストのシナリオを検証することで、利益率を向上し、バランスの取れたコレクションに。

協業を強化

協業を強化

PLMで商品の情報をすべてまとめて管理し、リアルタイムにコミュニケーションすることで、デザイン部門・R&D・商品部門・MD・サプライヤの間で、より効率的に連携することが可能に。多くの商品をまとめて管理し、商品数を増やして、常にスタッフ全員が協業できる体制を整備。

品質の向上

品質の向上

サプライヤとのやり取りを管理し、品質をチェックして生産現場で監査を行うことで、品質を向上。すべての商品でブランドのDNAを守りながら、国や地域によって異なるパッケージやラベルの要件を簡単に管理。

プランニングを強化

プランニングを強化

Centric PLMのカレンダー管理や販売計画用のモジュールを使って、各シーズンの商品状況を一目で把握し、新商品やオムニチャネルでの販売計画を効率的に作成。

サプライヤを管理

サプライヤを管理

サプライヤやパートナー企業にもCentric PLMを活用してもらうことで、価格・スケジュール・サンプル・品質テスト・ドキュメント・技術情報を共有し、RFQのプロセスを最適化。 複数のサプライヤが同じ商品を扱う場合も、プロセスを適切に管理。

業務を効率化

業務を効率化

複雑なBOM(仕様書)・複数のプロジェクト・サプライヤ・最新の価格情報など、すべての情報を一ヶ所にまとめて管理することで、業務を効率化。

ストレスフリーに

ストレスフリーに

情報を一ヶ所にまとめて管理することで、商品データを簡単に共有して、スタッフ全員が同じ情報を参照できるので、無駄な作業やミスをなくして、価値の高い業務に集中して取り組む環境が整い、従業員もハッピーに。

目まぐるしく変化するマーケット

M化粧品業界も、ファッション業界と同様にかつてないスピードで変化しています。消費者は品質だけでなく、地球環境にやさしい商品を求めており、数多くの選択肢の中から商品を選ぶことができる状況にあります。ソーシャルメディアが普及することで、新鮮な商品を求める消費者が増え、サブスクリプション・小売り・オンライン限定ショップ・セレブブランドなど新しいビジネスモデルも普及しています。

さらに消費者は”クリーン”な商品を求めており、原材料やトレーサビリティ、サステナビリティを基準に商品を選んでいます。クリーンビューティーは単なるトレンドではなく、多くの消費者がライフスタイルとして取り入れており、77%の人はサスティナブルなパッケージにより多くの金額を払っていいと回答しています。

Centric PLMは、化粧品ブランドが課題に対応しながら、ブランドのDNAを守り、プロセスを正しく管理するためのサポートを行います!

#イノベーションを加速 #予定通りにリリース

ビューティビジネスをサポートするCentric PLM

化粧品ブランドが、トレンドに素早く対応して、商品の成功率をアップし、より多くのチャネルでスピーディ商品を販売し、サプライチェーンのトレーサビリティを管理するために、 Centric PLMがサポートします。

スピード

3Dを活用して、R&Dや生産サイクルを短縮し、トレンドに合った商品をスピーディにリリース

コラボレーション

社内の部門間やサプライヤとの連携や協業を強化して、コミュニケーションのミスや作業のやり直しを削減

見える化

情報を集約して管理し、デザイン・MD・企画・商品開発・テスト・調達・生産・販売の各部門やサプライヤが、同じシステムを活用

イノベーション

Centricのデジタルコンセプトボードで、デザイナーやR&D部門が、アイデア出し・意思決定・商品開発で効率的に協業

コレクション 管理

Centricのデジタルバイイングボードで、ビジュアルなデータやリアルタイムの分析結果、財務情報をもとに、効率的にコレクションを計画

生産性

カレンダーとワークフローを活用して、スケジュール通りに作業を進め、生産性を向上することで、SKUを増やしながら、時間やコストを削減

Centric PLMで、サスティナブルなパッケージとわかりやすいラベルを

現代の消費者は、サスティナブルではない素材やプラスチックの問題など、環境やサプライチェーンの問題を認識しており、トレーサビリティがあり、よりサスティナブルな方法で生産された“クリーン”な商品を求めています。そこで、リサイクル素材を使ったパッケージにしたり、出荷の際に簡易包装にしたりと、商品の透明性を重視する企業が増えています。

Centric PLMを使えば、R&Dやパッケージのデザインに関わる部門間で密接に連携し、パッケージやラベルを簡単に管理することができます。さらに、デザインや商品開発の詳細・各国にあわせたラベル表示・店舗のサステナビリティに関するデータ・調達の詳細や見積の比較・無駄のないパッケージなど様々な情報を管理できます。

このような取り組みは、地球環境にやさしいだけでなく、利益面での効果も期待できます。たとえ1商品あたり数グラムの削減でも、全商品となれば膨大な量になるので、素材を効率的に管理することで、コストを大幅に削減することも可能です。

KIKO MilanoのPLMサクセスストーリー

イタリアのコスメブランドKIKO Milanoは、商品データを効率的に管理し、商品開発のリードタイムを短縮するために、Centric PLMを導入しました。デジタルトランスフォーメーションのためのメインシステムとして、Centric PLMにデータを集約して、精度の高い情報で状況を見える化し、マイルストンや利益を管理しています。コストをリアルタイムに管理することで、品質の高い商品を手ごろな価格で提供できるようになりました。

詳細を見る

そろそろシステムを見直しませんか?

化粧品用Centric PLMを使って、業務を効率化したいと思いませんか?業界の知識が豊富なCentricのエキスパートが、課題の解決をお手伝いします。