12 11月, 2021     この記事は 9 分で読めます

家電企業がPLMでサプライチェーンを強化するための5つの方法

消費者向けにビジネスを行う企業にとって、顧客満足度は非常に重要です。評判のいいブランドになるために、家電企業はできる限りの手を尽くしています。競争が激しい中で、ブランドの認知度を上げるためには、デザインがよくて快適に使え、完璧に動作する製品を生み出さなくてはなりません。そしてブランドを成長させるためには、難しい状況の中でも一貫した対応を可能にする製品ライフサイクル管理(PLM)システムが必要です。

設計、開発、マーケティング、品質管理、カスタマーサービスなど、製品ライフサイクルの中で管理が必要な項目は、たくさんあります。しかし、コントロールできない部分に対応するための戦略は、用意できているでしょうか?

顧客満足度やブランドの評判、ビジネスの成長や成功を目標に掲げる企業にとっては、サプライチェーンが基盤となります。適切な製品を、適切な価格やタイミングで、正しい場所に正しい数量で納品してもらわなければなりません。

サプライチェーンのグローバル化が進んでいることも、課題です。様々な部品で構成される家電製品には、世界各地から調達される部品が使われています。イノベーションが進む市場に対応するためには、サプライヤを効率的に管理することが重要で、サプライチェーンが混乱し、世界的に部品不足が発生している時には、なおさらです。

そこで、製品に関する情報や業務を一元管理するためのシステム、PLMの出番です。PLMがあれば、納品の概要からサプライヤ管理まで、サプライチェーンの最新情報を管理することができます。Centric PLMTMを活用して、サプライチェーンを効率的に管理し、予定通りに予算内で製品をリリースするための方法を、ご確認ください。

1. 情報をまとめて一元管理

家電製品は複数の部品で構成されており、各部品の調達を異なる部門が管理しているケースもあるため、製品の完成には複数の部門とサプライヤが関わることもあります。

製品をすばやく完成させるためには、サプライチェーン間のシナジーが求められます。サプライチェーンのどこかで小さな問題が発生するだけで、すべての受注や納品が止まり、コストがかかる遅延が発生する可能性があります。

全体を管理できるシステムがないと、縦割りになり、ボトルネックが発生して、作業のやり直しも複雑になってしまい、たとえ小さな問題でもすばやく簡単に解決することが難しくなります。負のスパイラルに入って、リリースの予定が遅延し、その間に競合が優位になり、負けることになるかもしれません。時間やお金を失うだけでなく、ブランドの認知度を上げて利益を拡大するチャンスを逃してしまう可能性もあります。

Centric PLMを活用して、サプライチェーンのデータを一元管理すれば、このようなサプライチェーンの危機を回避することができます。関係者全員がリアルタイムの情報にアクセスして問題に対応したり、ステータスを管理したり、出荷情報の変更をレビューしたり、ワークフローをシンプルにして、スケジュールをすばやく調整することが可能になります。

問題や遅延、変更が発生しても、慌てることはありません。Centric PLMで情報を一元管理することで、状況を見える化して、製品ライフサイクルの様々な情報にリアルタイムにアクセスすることが可能になります。

2. シンプルなワークフローで状況を見える化

競争の激しい家電業界では、革新的な製品のリリースに最適なタイミングは限られており、リリースの延期は金銭的にも難しい場合もあります。

サプライチェーンの混乱によって、製品のリリースが遅延するような状態は避けたいものです。そのためには、ワークフローを見える化し、リリースまでのプロセスを予定通りに進める必要があります。Centric PLMでサプライチェーンのワークフローを合理的に細分化することで、想定外の状況にもスピーディに対応することが可能になります。

家電ブランドでも小売企業でも、一貫性を保つ部分と創意工夫する部分のバランスが重要です。情報を一元管理して、日々進化する業界に対応し、ブランド力や利益を守り、成長目標を達成しなくてはなりません。そうすれば、イノベーションを進めながら、売上目標を達成することが可能になります。

現在では、データサイエンスが革新的な製品開発の素となっています。Centric PLMで洞察力の高いレポートを作成することで、サプライヤをデータで評価することができ、リソース不足をすばやく確認して、品質の問題を是正し、プロジェクトを管理して、リリースを予定通りに進めることが可能になります。さらに、通知をカスタマイズして、遅延や部門間のやり取りが発生した際に通知を受け取ることもできます。

PLMのデータ分析と自動化の機能を活用すれば、手間のかかる作業をシステムに任せることで、製品の設計や開発の作業に集中し、革新的な次世代家電の開発を進めることが可能になります。

詳細は、家電ブランドや小売向けPLM&QMSをご覧ください。

3. コミュニケーションやコラボレーションを強化

会社の変革を進めるためには、煩雑なコミュニケーションや縦割りの部門構成から社員を解放してあげる必要があります。業務を効率化して生産性を向上し、時代をリードする製品を生み出せる企業になることを想像してみてください。

業務が縦割りになると、情報がバラバラになり一貫性も失われ、個人と組織の間で情報が飛び交い、プロジェクトの詳細情報や要件の信頼性も低下します。スプレッドシートやメールのやり取り、各部門に依存した煩雑なコミュニケーションをなくし、情報やコミュニケーションを一ヶ所にまとめて管理することが重要です。

データ管理や業務にシステムを活用することで、製品や部品の生産状況をすばやく簡単にリアルタイムに把握することが可能になり、サプライチェーン管理を変革できます。そしてすべての業務を見える化することで、全部門の業務を効率化できます。Centric PLMがあれば、経営層から契約社員まで、そして開発担当者から、生産や調達部門、サプライヤまで社内外のすべての部門が連携することが可能になります。

全部門がデータに簡単にアクセスできるようになることで、全員が同じ認識を持てるだけでなく、コミュニケーションにシステムを活用して、協業を強化し、より革新的な製品を生み出すことが可能になります。製品の要件や、カタログのバージョン履歴を管理して、スケジュールをコントロールし、関連文書を管理することで、予定通りに製品をリリースすることができます。

Manage supply chains for consumer electronics products

4. 徹底したドキュメント管理で品質を保持

Centric PLMがあれば、生産の各フェーズで品質を守ることができます。サプライヤポータルを使ってサプライヤを管理して協業し、推奨サプライヤをリストアップすることで、リソース不足や問題のあるサプライヤと取引するリスクを軽減できます。またドキュメントを一元管理することで、安全性やコンプライアンス、品質基準を守り、説明責任を果たす仕組みを用意することが可能です。

販売する製品の品質を守るために、サプライチェーンの部品は、設計、プロトタイプ作成、改定、最終ドラフトまで、厳格なテストを行う対象となります。Centricの品質管理システム(QMS)を使えば、不適合な部品を見つけ出して管理し、修正を加えることができます。

バージョン履歴や修正対応、性能測定基準、サプライヤ間のコスト差まで、製品に関するすべてのデータを一元管理することで、品質の高い製品を確実にリリースすることが可能になります

5. 完璧なサプライヤ管理戦略を用意

すべてのサプライヤが予定通りに部品を納品できるとは限りません。原材料不足や品質の低下、環境の複雑化など様々な理由で、予定が変更になる可能性があります。2020年にコロナウィルスが発生したように、健康や政治、経済面での社会問題によって、信頼性の高いサプライヤでも問題が発生することがあります。だからこそ、各部品でバックアップのサプライヤを用意できると最高です。

PLMですばやく簡潔に、状況に応じたコミュニケーションを行うことで、サプライヤとの関係性を強化することができます。Centric PLMがあれば、サプライヤと面倒なメールでのやり取りを行うことなく、インタラクティブなサプライヤポータルを使って、商談や契約の情報、ドキュメント(原材料のデータシート、部品のシリアルナンバー、対応状況など)に簡単にアクセスできます。

また交渉やスケジュール、オーダー、管理、配送をシンプルに行い、PLMで各製品の設計や生産、テストの状況を共有できます。コストシナリオを作成して、プロジェクトのコストを算出したり、バックアップのサプライヤと比較することも可能です。この情報を使って、価格や部品の在庫、リスクアセスメントを比較検討し、ブランドや売上、方向性、目標に即したサプライヤを選び出して、取引することが可能です。

まとめ

製品ライフサイクル全体を管理できるCentricのPLMやQMSソリューションがあれば、複雑なサプライチェーンを監視して、すばやく調整を行い、製品ライフサイクルの各ステップを管理することができます。そしてCentric PLMの管理機能やコミュニケーションツールを活用すれば、サプライチェーンの遅延や在庫減少を防ぐことが可能になります。

Share this article