21 4月, 2022     この記事は 14 分で読めます

家電企業向けPLMで商品化のリードタイムを短縮

家電業界は、生産量が多く利益率の低い業界として知られおり、サプライチェーンの影響により商品のリリースに問題が発生したり原価が上昇したりする中で、課題も多く発生しています。その一方で、消費者は革新的な商品を待ち望み、商品が頻繁にリニューアルやバージョンアップされることを期待しています。

利益を確保しながら、競争力を強化し、消費者に満足してもらうためには、狂いのない商品戦略を設定する必要があります。商品化のリードタイムは、この戦略の基礎となる要素ですが、重要なのは発売日だけではありません。適切な商品を適切なタイミングと場所で販売することで、消費者が自分の求める商品に簡単にたどり着くことが可能になります。

Centric PLMは、家電のブランドや小売企業がリードタイムを短縮して、イノベーションを強化し、ビジネスのトランスフォーメーションを進めるための基盤となるシステムです。

1.PLMで業務全体を効率化

ソリューションがあれば、商品に関する情報を一元管理して、製品ライフサイクルの業務を体系化して統合し、スピーディーに商品化することが可能になります。

情報を集約し自動化することで、開発の各ステップで詳細な製品ロードマップを作成することができ、やり取りを明確にして、簡単に協業できるようになります。

PLMがあれば、以下のようなミスや冗長な作業を排除できます。

  • 人為的ミス:手作業での書類作成やデータ入力など効率の悪い作業
  • 計画とコミュニケーション:承認が下りるのを待つ時間や、コミュニケーションの壁、特定の部門や人にしかわからない知識、度重なるメールのやり取りなどをなくし、メンバー全員が精度の高い最新情報にアクセス可能に
  • デザイン:Adobe Illustrator や多くの 3D CADと連携できるPLM で、リサーチ、試作、作業のやり直しに費やす時間を削減し、デザイン、イノベーション、商品開発を推進
  • サプライ&生産:サプライヤとのやり取りや、大量のRFPを選別するために費やす時間を削減

強固なワークフロー機能とチームをまとめるコミュニケーションフレームワークを備えたCentric PLMがあれば、各担当者が最短で作業を進めるために必要なデータを手にすることができます。そして開発サイクル全体で時間を短縮することで、競合他社よりも利益率が高く、優れた家電商品を提供するための作業に集中して取り組むことが可能になります。

 

2.PLMで作業を時短し、浮いた時間を有効活用

この業界で成功を収めるためには、消費者の心をつかみ、ニッチな問題に対応した商品を開発することが重要です。PLMがあれば、作業を効率化して一歩先へ進むための時間を確保できます。

  • 革新的でクリエイティブな力を強化:ビジョンを描く作業により多くの時間を。作業の時短で浮いた時間を使って、デザインや機能をブラッシュアップすることで、カスタマエクスペリエンスを向上し、満足度をアップして、ブランドのファンを育てることが可能に。
  • 競合に打ち勝つ:先進的なテクノロジーをいち早く市場に投入。競合他社よりも早く商品を消費者に届けることで、優位性を確保。誰よりも早く商品をリリースすることで、いち早く人々の記憶に残る商品に。
  • ニーズにうまく対応:商品をリリースすることで、市場のニーズに対応する機会が生まれますが、開発サイクルを短縮すれば、商品に調整を加えて、顧客満足度を継続的に向上し、市場での優位性を確保することが可能に。

Speed time to market with a PLM for Consumer Electronics

 

3.PLMでサプライチェーンを見える化

サプライチェーンでは、確かなものなど何もありません。世界的な問題や、部品の欠品、価格の変動、インターネットのトレンドなど、様々な要素がサプライチェーンに影響を与えています。しかし次に何が起こるか予測はできなくても、ゲームを先取りする方法はあります。だからこそ、信頼性が高くスピーディーで明確なコミュニケーションが必要なのです。

Centric PLMがあれば、サプライチェーン全体の変更をリアルタイムに確認し、業務をスムーズに進めるための柔軟性を手に入れることができます。

  • サプライヤと効率的に協業:PLMがあれば、要望の調整、契約の交渉、部品の在庫確認、価格の比較など、サプライヤとのやり取りを管理して自動化でき、サプライチェーンのプロセス全体を効率化できます
  • 商品のワークフローを変更して納期に対応:部品の欠陥や納期の遅延など、サプライチェーンで何か変更が入ったら、PLM内の情報をすばやく調整して、すべての商品情報に反映することができるので、遅延や課題を把握して、予定通りにリリースするために必要な調整を行うことが可能になります
  • 技術変更機能で不適合品を管理:小さな部品が1つでも不具合を起こすことで、問題がドミノ倒し的に波及することがあります。PLMがあれば、代替の部品のRFPを手動で再発行したり、影響を受ける商品すべてのコストや利益率を手作業で管理する必要がなくなり、時間のかかる作業を軽減できます。

サプライチェーンを見える化することで、発生しうる課題を予測し、サプライチェーンの弱い部分を補って対応することが可能になります。そして問題が発生しても、すばやく対応することで、プロセスを進めて予定通りにリリースすることができます。

 

4.PLMで柔軟にアジャイルに対応

消費者のニーズが進化を続ける家電市場では、サプライチェーンが分断されたり、実店舗が閉鎖に追い込まれることもあり、企業はあらゆる事態に備えておく必要があります。

  • ニーズの変化:商品開発サイクルを短期化することで、開発や生産の途中で消費者のニーズが変化するリスクに対応できます
  • 商品をすばやくバージョンアップ:家電製品では商品に問題があった場合は、次のバージョンで機能を強化することもあります。その場合PLMを使えば、開発部門が必要な情報をすべて手にすることで、新バージョンをスピーディーにリリースすることが可能になります。
  • コストを削減:サプライチェーンに問題が発生すると、コストや利益に影響が出ますが、PLMのサプライヤポータルを使えば、サプライヤの価格を比較したり、新規のサプライヤがすぐに業務を開始することができます。生産サイクル全体をハイレベルで見える化することで、コストを効率的に管理して、コントロール不能になる事態を防げます。

予測していなかった事態に遭遇した時には、すばやく対応して調整することが求められますが、PLMで情報をまとめて一元管理することで、商品の生産を中止したり、開発途中で変更を加えたり、計画を一新したりする作業を、より効率的に進めることが可能になります。

 

5.業界のニーズに対応したソリューション

アフターコロナの世界では、ビジネスを続けられない企業や、コロナ前の状態まで回復できない企業も出てきます。商品開発計画を安全に進めて、サプライヤと効率的に協業し、リモートワークとオフィスでのハイブリッドな働き方をサポートするためには、Centric PLMとQMSのようなソリューションの活用が必須です。業務を効率化してワークフローを強化することで、リードタイムを削減して、商品のリリースを成功へと導くことが可能になります。

Share this article