California

655 Campbell Technology Parkway,
Suite 200
Campbell, CA 95008 USA

Phone: +1 408 574 7802
Fax: 1 408 377 3002

29 11月, 2021     この記事は 6 分で読めます

家電ビジネスに最新のPLM&QBSソリューションが必要な理由

家電業界では、スマートテクノロジーの急速な発達によって、消費者のニーズやイノベーションも進化しています。製品のバラエティも豊かになり、様々な場所から商品にアクセスできる時代となった今では、増加する安全基準やコンプライアンスへの対応が求められるだけでなく、製品のリリースも複雑になっています。

品質を守ってコンプライアンスに対応しながら、市場のスピード感に対応して、商品のリリースを成功させ、バラエティ豊かな製品を用意して、品ぞろえを最適化するためには、製品データを管理するためのシステムが必要です。

製品ライフサイクル管理(PLM)は、製品情報を一元管理し、業務の基盤となるソリューションで、製品ライフサイクルの各ステージを管理することができます。

品質管理ソリューション(QMS)があれば、問題を見つけ出して効率的に管理し、すばやく対応することができます。

既存システムをチェック

PLMとQMSは、デザインがよく品質も高い製品をリリースするための基盤となるシステムで、世界をリードする家電ブランドや小売で活用されています。

PLMは、ここ数年間で特にパンデミックによって社員同士が一緒に働けない期間中に、急激な進化をとげました。すべての業界で、協業を強化して、製品開発の日々の業務の管理をサポートするためのシステムを、急ピッチで導入する必要がありました。

出張も制限される中で、工場を訪問したり、サプライヤの監査を現地で行うことができなくなり、さらにサプライチェーンが混乱して、部品の供給や製品のリリースが遅延することで、商品棚が空っぽになることもありました。

ここ数年で世界が大きく変化したのと同様に、以前から使われていたPLMやQMSシステムは、時代遅れになってしまいました。高度なカスタマイズが行われ制限もある古いシステムは、時代に適応していません。テクノロジーの変革が遅れ、機能がニーズを満たせておらず、現代の家電ビジネスをサポートできなくなっています。

細かく設計された古いソリューションには、ビジネスの他の部分で利用できる汎用性はなく、アップグレードの難易度も高く、たった数個の機能を追加するためだけに、再インストールが必要な場合もあります。経験豊富なPLM・QMSユーザーで、既存システムのアップグレードを検討している場合も、一気にシステムの活用を進めようと考えている場合も、最新のPLM&QMSソリューションを探すことが、今まで以上に重要になっています。

Ce companies need a modern day PLM & QMS

Centric PLMTM&QMSのようなシステムに投資する理由

Centric Software®は、製品開発全体をカバーし、全部門が活用できる革新的なPLM&QMSソリューションを提供しています。またCentric VIPのデジタルボードや、各種モバイルアプリも利用でき、ニーズの変化に合わせて対応できるだけでなく、簡単にアップグレードして、長期的に利用することができます。

360度&エンドエンドのソリューション

従来の家電用PLMは、技術部門や品質部門に特化したもので、その部門でしか使えず、社内の他の部署に展開することはできませんでした。

Centricは、使いやすさを重視しています。どの部門の人も直感的に操作でき、インターフェースをカスタマイズして、ワークフローや日々のタスクなど見たい項目を好きな粒度で確認することができ、ニーズの変化に合わせて簡単に変更することができます。

デザイナからMD、エンジニア、製品ポートフォリオ管理、調達、サプライヤ、品質管理、コンプライアンス、マーケティング、営業まで社内全体で活用できます。

業界初のモバイルアプリや、VIPのマーチャンダイジングボード、バイイングボードで、様々なシステムからデータを連携して一元管理し、ビジュアルに確認して協業を強化することで、本当の意味でのデジタルトランスフォーメーションを実現できます。

品質とコンプライアンスを一元管理

全体を管理できるPLMソリューションがあれば、製品情報を一元管理し、各部門が最新の情報に簡単にアクセスできますが、PLMとQMSの両方をサポートできるシステムが必要です。

PLMがあれば、サプライヤの状況を見える化できます。またビルドインのQMSで、部品のトレーサビリティをリアルタイムに管理し、製品に欠陥が見つかった場合は、すぐに是正措置をとったり予防措置計画(CAPA)を立てることができます。CentricのQMSがあれば、技術部門が技術的な変更プロセスをすばやく管理して、部品の問題で影響をうける製品を見つけ出し、追跡して管理することができます。

PLMとQMSがあれば、開発の各ステージでの決定事項をリアルタイムに一元管理し、品質アセスメントのための情報をすばやく簡単に追跡して、製品の変更や規制要件を把握することが可能になります。

シンプルにインストールして、簡単にアップグレード

今では、サプライチェーンの混乱や天候の問題、コロナウィルスのような健康面の問題など、コントロールできない部分で発生した問題にも、アジャイルにすばやく対応することが求められています。先が見えない中で、戦略を変更して、新しいマーケットに参入したり、実店舗を閉鎖してオンラインへ移行する企業もあります。

変化や成長を遂げる中では、拡張性にすぐれ、スピーディに導入できるシステムが必要です。Centric SoftwareのアジャイルデプロイメントSM手法を使えば、状況に応じて柔軟に対応することができます。

  • コーディングが不要で、ニーズに合わせて簡単に構成できるOOTBソリューション
  • SaaSモデルで、初期費用が不要
  • PLMとQMSをすぐに使い始めることが可能に
  • システムの統合やデータ移行をシンプルに
  • 簡単にアップグレードでき、再インストールも不要

まとめ

今日の決断が、会社の未来を形作ります。価値が限られていて、寿命が短く長期的に使えないシステムに投資するのは、やめましょう。家電ブランドと小売企業向けの最新のPLM&QMSについて、詳細をご覧ください。

Share this article