|

1 7月, 2021     この記事は 16 分で読めます

化粧品&パーソナルケア用品のポートフォリオ管理にシステムを活用して、完璧な品ぞろえを

化粧品&パーソナルケア用品業界のブランドや小売、メーカーには、新商品を次々とスピーディに開発しながら、完璧な品ぞろえを用意することが求められています。何シーズンも使えて熱狂的なファンを獲得できるベストセラーを生み出すためには、どうすればよいのでしょうか?化粧品や香水、トイレタリーと併せて、雑貨やグッズなどの商品を管理する方法はあるのでしょうか?品質を維持しながら消費者のトレンドに対応し、サスティナブルな商品を用意して競争力を強化するためにはどうすればよいのでしょうか?

高い品質を保って革新的な新商品を開発しながら、目まぐるしく変化する市場に対応し、利益率をコントロールするためには、商品ポートフォリオ管理(PPM)と品ぞろえ計画を最適化するためのシステムが必要です。そこでこの記事では、Excelやメール、PDF、パワーポイント、連携していないシステムなどを使った時代遅れの管理をやめて、管理手法を改善する方法をご紹介します。

まずは商品ポートフォリオ管理戦略についてご説明し、続いて商品ポートフォリオ管理の最適化をサポートする製品ライフサイクル管理(PLM)をご紹介します。

商品ポートフォリオ管理とは

商品ポートフォリオ管理(PPM)は、データに基づいて進める複雑なプロセスです。商品の中から、開発を進めるべき商品や、変更を加えたりリフレッシュすべき商品を見つけ出し、適正価格を決めて、ニーズやトレンドに合った魅力的な品ぞろえを用意します。

商品ポートフォリオ管理が複雑になる要因は、例えば各シーズンやイベントへの対応です。既存商品を消費者のニーズに合わせて変更し、シーズン内の売上を最大化するためには、どうすればよいのでしょうか?例えば、ベストセラーの入浴剤があるブランドで考えてみましょう。入浴剤という人気アイテムを活用して、戦略的にテーマを決めてタオルやギフトバッグをつけたセットを用意したりすることで、利益率や売上を向上するにはどうすればよいでしょうか?

小売企業も、完璧な品ぞろえを用意することで、ビジネスの成長を加速して、新商品の成功率を向上し、オリジナルブランドの開発をパワーアップする方法を模索しています。

PPMをうまく行うためには、これらの項目を検討してみてください。

  • 最も利益率の高いSKUは?
  • 各シーズンやイベント、地域に合わせた商品を用意するための最適な方法は?
  • ベストセラーのアイテムを、新しいマーケット用に再配置したりリブランドしたりすることは可能か?
  • ターゲットとなるマーケットのニーズに対応できているか?
  • 商品のコストはいくらか?
  • 国や地域ごとの基準や要件を満たせているか?

これらの質問を掘り下げたら、商品に変更を加えて最適化するべきか、販売や生産をやめるべきなのかが明確になり、商品ポートフォリオ管理戦略を正確に把握することができます。

 

商品ポートフォリオ管理を改善

消費者の購買行動は、トレンドやインフルエンサー、その時々の感情に左右されますが、PPMはデータに基づいて実施するもので、売上実績や予測、価格帯、利益率を徹底的に分析しなくてはなりません。品ぞろえやパッケージ、ターゲットのマーケット、競合などの情報も、PPMと併せて管理すべきです。

 

商品ポートフォリオ管理用のシステムを活用

完璧なポートフォリオを用意するためには、PPM用のシステムが必要です。革新的なシステムを活用すれば、企画から販売まで商品開発全体を見える化して、コストやサプライチェーン、ワークフローをコントロールし、商品開発業務を最適化することができます。さらに商品ポートフォリオ管理や品ぞろえ計画の担当者が、リアルタイムのデータを使って、重要な意思決定を行うことも可能になります。

製品ライフサイクル管理(PLM)ソリューションは、幅広い商品ポートフォリオを管理するための基盤となるシステムです。商品ライフサイクル全体を見える化できるだけでなく、チーム全体で連携する環境が整い、分析やレポートの機能も活用できるので、必要な情報を手にした上で、戦略的に有利な意思決定を下すことが可能になります。

 

PLMで品ぞろえ計画をスケールアップ

PLMで情報を一元管理することで、意思決定を行う人が必要な情報をいつでも手にすることが可能になり、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進することができます。またPLMを商品に関するデータを管理するためのハブとして活用し、ERP(エンタープライズリソースプランニング)や商品情報管理(PIM)、デジタルアセット管理(DAM)、eコマース、パッケージシステムなど様々なシステムとシームレスに連携することも可能です。

PLMを商品データを管理するハブとして活用すれば、ワークフローを管理して、コストの試算や管理を行い、サプライヤとのやり取りを最適化して、ベストセラー商品を持ち越したり変更したりすることで新たなシーズンに対応することが可能になります。またPLMを使ってワークフローやプロセスを管理することで、売上に影響を及ぼす意思決定を見える化することができ、リードタイムを短縮して、品ぞろえを最適化し、情報に基づいて財務や業務の目標に合わせた売上目標を立てることが可能になります。

品ぞろえを最適化するためには、ポートフォリオ管理と品ぞろえ計画の機能を搭載したPLMを導入することが重要です。ワークフローで重要な役割を果たす人々が連携し、リアルタイムのデータを活用することで、商品ライフサイクル全体を100%見える化することができます。また商品の仕様やパッケージ、サプライヤなどを変更することでどうなるのか仮説を検証することで、コストや時間、組成、コンプライアンスに及ぼす影響を把握することが可能になります。

より利益率の高いオリジナルブランドやサプライヤとの共同開発商品を計画している小売にとっては、業務を効率化するためのPLMは必須のシステムです。PLMがあれば、R&Dと商品開発、組成管理、調達、コンプライアンス、法務、パッケージ、ラベル、品質の各部門を連携して、商品開発や品ぞろえ計画でデータに基づいた意思決定を行うことができます。

PLMを活用して小売のトランスフォーメーションを進めることで、複雑な商品ミックスを簡単に確認して、オリジナルブランドを開発する余地を確認し、利益率を向上して、より幅広い商品をより多くのマーケットやチャネルで展開することが可能になります。

複雑な商品ポートフォリオをシンプル化

目まぐるしく変化する化粧品&パーソナルケア用品業界では、各商品の業績をリアルタイムに把握することが、企業の未来を左右するため、PLMのパワーを活用して、複雑なポートフォリオ管理を最適化することが重要です。商品ポートフォリオ管理機能を使えば、商品ポートフォリオの計画・最適化・管理を行って、リードタイムを短縮し、消費者のニーズやトレンドに素早く対応することが可能になります。

また売上や販売のデータを連携すれば、商品の重複をなくして、開発を進めるべき商品にフォーカスし、既存の商品を再利用して活用することで作業のやり直しを減らすことが可能になります。またブランドや小売では、キャリーオーバーやベストセラーを活用することで売上を伸ばせるチャンスを、簡単に見つけ出すことが可能になります。

 

PLMを活用して、より幅広いマーケットへ

新しいマーケットや地域への参入を検討している企業にとっても、PPMは重要です。新規参入でビジネスを拡大する際には、業務が複雑化し、コストのかかる作業の重複が発生するリスクがあります。そして新たな地域へ参入する際は、異なる言語を使って、地域独自の規制やトレンド、消費者のニーズに対応するという課題が発生します。

そんな時もすべての情報を一元管理できるPLMがあれば、商品開発全体で状況を100%見える化して、巨大で複雑なポートフォリオをより簡単に管理し、部門や地域間の壁をなくすことができます。さらに、各マーケット向けの品ぞろえを決め、ラベル・言語・組成の対応、規制やコンプライアンスへの対応作業を最適化することができます。

ポートフォリオ管理機能を備えたPLMを活用することで、ワークフローを最適化し、完璧な品ぞろえを用意して、売上を最大化することが可能になります。

 

デモを申し込む

Share this article