|

6 3月, 2020     この記事は 14 分で読めます

Centric PLM™とCentric VIPデジタルボードで、コロナウィルスの流行など予期せぬ事態にも対応

時代は日々進化しています。コロナウィルスの流行や関税の変更、気候変動、イギリスのEU離脱などの出来事が、商品ライフサイクルにも影響を与える中で、最先端のシステムやリモートでの協業を可能にするツールを活用して、ビジネスのニーズに対応することが重要です。

変化の激しい時代に対応するために、小売り・ファッション・アウトドア・フットウェア・ラグジュアリーブランド・コンシューマーグッズ業界の企業にとっては、デジタルトランスフォーメーションで、状況を見える化して、商品開発をコントロールし、売上に影響を与えるプロセスを最適化して、競争力を強化することが求められています。

出張ができない?そんな場合も、適切なシステムを活用すれば、商品のレビューやデザイン会議、購買セッションを実施することが可能です。

新しいシステムを導入して協業しやすい環境を構築したり、既存のシステムをよりよく改善するために、Centric Software®がお手伝いできることをご紹介します。

 

職場での協業をサポート

ある調査によると、経営層の80%は、売上の成長には協業が必要不可欠だと回答したものの、実際に社内で国境を越えて効率的に情報を共有できていると答えたのは、たった25%でした。コロナウィルスが流行し市場が変化する中で、多くの企業がリモートで連携することの重要性を痛感しています。しかし、協業は何もせずに実現できるものではありません。Centricの製品ライフサイクル管理(PLM)や、ビジュアルでわかりやすいデジタルボードなど、デジタルトランスフォーメーションのための適切なシステムを活用して、環境を整える必要があります。ある研究によると、協業をサポートするシステムを活用することで、情報収集やコミュニケーションの生産性を最大35%改善し、全体の生産性を最大25%アップすることができると言われています。

適切なシステムを導入

しかし、数あるシステムの中から、適切なシステムを選び出すのは簡単なことではありません。単機能のシステムを使うことで、最終的にはシステムが乱立した状態になることもよくあります。もしまだ社内で、メールの添付ファイルや、Slackでのディスカッション、Dropboxでのファイル共有を使っているようなら、最終的には大切な情報を見逃してしまう可能性が高くなります。

今では多くの企業が、Centric PLMのように、デザインや商品開発、商品のリリースなどの業務全体での協業やコミュニケーションをサポートする包括的なエンタープライズソリューションに注目しています。

Centric PLMは、商品の企画から販売まで、商品に関するプロセスをサポートする基盤となるシステムです。情報を一ヶ所にまとめて管理することで、誰もが最新の情報にリアルタイムにアクセスできるようになり、バージョン管理のミスも防げます。商品に関するデータをまとめて管理することで、変更を管理して、リアルタイムにビジュアルでわかりやすい情報を使ってコミュニケーションができるので、多くの企業で使われているメール・Excel・PDF・チャットツールなどの使用をやめて、協業を促進することができます。

さらにCentricを使えば、業界初のモバイルアプリを活用することもできます。リモートワークをサポートするモバイルアプリを使えば、リードタイムを短縮して、人件費や材料費などの出費を削減することができます。例えばサンプルレビューアプリは、コロナウィルスの流行などが発生した場合に活用できる、便利なアプリです。商品開発の技術担当者が、リモートでレビューを作成して、コメントを記録したり写真を撮影したりできるので、仕様書をプリントアウトして、フィットの確認を行い、終わった後に結果やメモ書きをシステムに入力する必要がなくなります。アプリに入力・保存したデータは、バックグラウンドでPLMに同期されるので、作業の重複をなくし、ボトルネックを解消することができます。

Centric PLM

タッチ操作できる革新的なデジタルボード

初期段階のデザイン計画や、グローバルに展開するコレクションの地域ごとの社内購買など、従来のPLMでは管理できないプロセスも、まだたくさんあります。

常に進化を続けるCentric Softwareは、革新的なコラボレーション用ツールCentricデジタルボードを開発しました。これを使えば、種類を問わず様々なPLMやPDM内のデータを活用して、より効率的に連携し、社内のスタッフが持つ専門知識を結集して、グループでの意思決定をスピードアップすることができます。

グループでの意思決定をサポートするCentricのデジタルコンセプトボード

タッチ操作できるデバイスで使え、ビジュアルでわかりやすいデジタルボードを使えば、紙やムードボード、Excel、画像などを使った従来のプロセスを刷新して、協業を強化することができます。デザインのアイデア作りのフェーズを例にとってみましょう。社内でデザインや生産を行っている場合も、サプライヤに委託したり、完成品を購入している場合でも、アートディレクター・デザイナー・商品開発担当者・MD・バイヤーなどクリエイティブ部門のメンバーが集まって、初期段階のプランを立てたり、最新コレクションのコンセプトを決めるためのミーティングが行われています。

そのミーティング内で使う紙の書類をなくして、タッチ操作できるデジタルボードを使えば、Centric PLMやその他システムにあるマスターデータを使って、コレクションを作り上げたり、アイデアを選別したり、コメントを残したり、ドラッグ&ドロップで簡単に画像を追加したりと、その場で意思決定を行うことが可能になり、グループでの意思決定をリアルタイムに変革することができます。

Centricのデジタルバイイングボードで購買や販売を変革

またMDやバイヤーが、連携を強化するデジタルボードを活用すれば、卸売や小売り、eコマースでの販売を改善することができます。

ExcelやPDF、画像のデータを集めたり、そのデータで比較を行ったりしていると、作業に時間がかかり、ミスを誘発したり、ファイルのバージョン管理で問題が発生してしまいます。Centricのデジタルバイイングボードを使えば、タブレットやウェブブラウザで簡単に操作するだけで、リアルタイムに状況をパッと見える化し、購買情報や複数のチャネルの注文を自動で集計することもできます。

バイヤーや営業が、チャネル・地域・卸売・店舗などテーマごとに商品の配置をコントロールできるようになることで、販売を伸ばすだけでなく、値引きのリスクを低減でき、事前に購買予定数を集計することで、先を見越してMOQ(最低発注数)を調整し、早い段階で生産を計画して、サプライヤとの交渉のチャンスも広げることができます。

真の連携を強化するために

ビジュアルでわかりやすく、タッチ操作できるCentricのデジタルボードは、スタッフ同士がオフィスで顔を合わせることができない時や、出張が制限される場合

でも、グループでの意思決定や連携を最適化することができます。

Centric PLMとデジタルボードを併せて使うことで、シリコンバレーで培った業界初のテクノロジーを活用して、従業員がいつでもどこにいても働ける環境を用意して、情報を一ヶ所に集約することでサプライチェーンをスムーズに管理し、生産プロセス全体で状況を見える化して、将来に備えることができます。

さらに、いつでもアジャイルに対応して、革新的な商品を開発し、利益を出し続けることが可能になります。

あなたもCentric PLMやCentricデジタルボードを使って、リモートでの連携を強化し、変化する環境に対応していきたいと思いませんか?

ぜひデモをお申込みください!

eブックをダウンロード

Share this article