ログイン         |

   |

X

Sign in to our support centre

If you have received an invitation to our new help desk, click here to launch in a new window


If you are using our legacy system, please sign in below

Forgot your password?
1
29 3月, 2018     この記事は 12 分で読めます

PLMを導入する前に必要な5つのこと by STM Worx社Dale Bathum氏 & Black Ink Strategy社 Colin Israel氏

PLMを導入する準備をしたり、または本当にPLMが必要なのかを判断するためには、PLMを導入できる環境ができているかを確認する必要があります。PLMの導入を決める前に、今からご紹介する5つのポイントを確認してください。

1. 企業文化とリソース

あなたのチームメンバーは、日々の課題を解決してくれる革新的なソリューションを、前向きに受け入れてくれますか?それとも、新しいやり方を敬遠するタイプでしょうか?あなたのブランドは、変化を受け入れるだけでなく、前向きに変化を求める求めているでしょうか?企業文化を変えるためには、トップダウン進める必要があることを理解し、社内で変化を前向きに受け入れる空気を作っていくことが、一番の方法です。

リソースの面では、システムの導入や社内利用を進める業務を担当できる部門が社内にあるでしょうか?ユーザーは慣れている以前のやり方にすぐに戻ろうとする傾向があるため、社内で新しいシステムの利用を推進するのは簡単なことではなく、適切なサポートとトレーニングが必要になります。変化の流れを止めないために、新しいプロセスを効果的に推進できるプロジェクトチームを用意し、早い段階で社外のリソースの活用も検討しておくべきです。

2. 達成可能なビジネスケースの作成

PLMが必要な理由は何でしょうか?一番重要なのは、情報を集約したい、説明責任を果たしたい等、なぜPLMが必要なのか?PLMに求めることは何か?について、全員が共通の認識を持つことです。各種システムを評価する際には、社内のニーズに基づいた導入の目的と、システムがそれを満たせるのかという観点で評価することができます。

PLMを評価する際に、あなたの会社にとっての成功とは何かを明確にしておくことで、”シャイニー・オブジェクト症候群”になることなく、ビジネスを前に進めるために必要なことにフォーカスすることができます。コストとROIについては、購入にかかる費用だけでなく、長期的にシステムを管理するためにかかる所有コストも明確にしておきましょう。

3. プロセスの確認

PLM導入プロジェクトを進めるにあたって、プロセスが問題になるのであれば、PLMを導入する前にその問題を解決しておくべきです。プロセスに問題を抱えたまま、新しいシステムを導入すれば、問題はさらに大きくなります。非効率なプロセスや業務の重複、改善の余地のある作業など、現在抱えている問題を把握しておきましょう。また部門間のコミュニケーションはうまくできているか?スケジュールが共有されているか?業務が標準化されているか?といった点も確認が必要です。

PLMプロジェクトを開始する前に、既存のプロセスをドキュメント化し、組織間で透明性や一貫性があるかも確認してください。そして、業界のベストプラクティスに基づいて改善のアドバイスをくれたり、手間をあまりかけずに大きな成果を出せるプロセスの改善に注力してくれるPLMベンダーを探してみましょう。

4. データの整備

しつこいようですが、事前の準備が重要です。社内のデータは、書式が整い正しく整備されていて、新しいシステムにデータ移行できる状態でしょうか?仕様書や素材、グレーディング、サイズ表などよく使うデータの形式は標準化されていますか?標準化されたデータは、美しいデザインほど心惹かれるものではありませんが、PLMの導入をスムーズに進め、ミスをなくしてサプライヤとの関係を改善するためには非常に重要です。

ライブラリの順番を整理したり、重複をなくしてデータを整備する作業を行う前に、まずはその作業を行う価値があるかを確認したいと思うでしょう。ERPシステムとスムーズに連携し、情報が揃っていない状態では仕様書を送付できないような制限を設定できて、データを効率的・効果的に活用できるPLMを探しましょう。

5. プロジェクトのサポート

あなたの会社のCEOは、PLMプロジェクトを支持していますか?答えがNoの場合は、プロジェクトをスタートする前から問題になる可能性があります。この規模のプロジェクトは、トップが主導する必要があるからです。プロジェクトを進める中で、遅延のリスクはつきものなので、プロジェクトを軌道に乗せるためには、組織をまとめる立場の人からの指示やサポートが必要不可欠です。

社内でプロジェクトを推進し、細かい部分もフォローできる専任のプロジェクトマネージャも、プロジェクトを円滑に進めるために重要な役割を果たします。最終的には、経営層だけでなく、組織全体にも成功体験を提供することで、新システムを使うことへのモチベーションを維持する必要があります。

大変なように聞こえるかもしれませんが、実際に事前準備をしっかり行った企業ほど、スムーズにPLMに移行し、大きな成果を上げています。事前準備は決して無駄にはなりません。

Share this article