ログイン         |

   |

X

Secure Customer Login

Forgot your password?
1
30 7月, 2018     この記事は 13 分で読めます

PLMもモバイルに:オフィスの外でも使えるPLM By Centric Software セールスマネージャー Brian Kastner & シニアプリセールスコンサルタント Christina Riccio

ノートにメモやスケッチを書き溜めていて、これをなくしたら一貫の終わり!という状況になっていませんか?ベンダーを訪問した際に、紙の資料や撮影した写真を大量に持ち帰って、オフィスに戻ってからそれをまとめる作業に時間をとられていませんか?

答えがYesなら、Centricの製品ライフサイクル管理(PLM)用モバイルアプリを活用して、デジタルトランスフォーメーションを実現しましょう。

Centricは、デザイナーから営業まで幅広く使える15種類のモバイルアプリをご用意しています。今回はその中から、インスピレーション・マテリアルサンプル・Capture It・フィットレビューの4つをご紹介します。

インスピレーション

アパレル業界では、スタッフが世界各地で行われる展示会などのイベントに出かけて、会場で生地や色、パターンなど、今後のデザインの素となる素材を写真に収めてきます。そしてオフィス戻ってから、現場でとったメモや写真をパソコンに入力したりアップロードしたりして、情報を他のスタッフに共有しています。

モバイルアプリ インスピレーションを使えば、どこにいても、撮った写真をリアルタイムでCentric PLMにアップロードすることができます。スマホやタブレットのカメラを使って写真を撮影し、その場でテーマやレポート、さらに新シーズンのコンセプトの原案などを作ることも可能です。

画像をアップロードする前に、フィルターやトリミングなど使い慣れた編集機能を使って編集したり、他のスタッフに向けたコメントを追記することもできます。他のアプリと同様に、オフラインで写真を撮って、インターネットに接続してからまとめてアップロードすることが可能です。

マテリアルサンプル

素材の開発担当者も、リサーチに出かけると、素材のサンプルや写真、ベンダー情報を集めてきます。マテリアルサンプルアプリを使えば、過去に使った素材や試作中の素材を管理することができます。

このアプリを使えば、素材の画像や詳細情報を集めて、Centric PLMの素材ライブラリに情報を追加することができます。また、一時的に仮のライブラリに追加しておいて、サンプルを注文し確認してから採用を判断することもでき、採用が決まればデータを再入力することなく、直接ライブラリに入れることができます。

そして、素材の写真を撮って編集したり、コメントを追記したり、ベンダーの詳細情報や価格、MOQなどの情報を好きなだけ添付して、PLMに直接アップロードすることができます。素材の評価プロセスをを最適化して、作業にかかる時間とコストを削減するマテリアルサンプルアプリを使えば、素材の開発担当者や生産のパートナー企業から、メールやExcelが送られてくるのを待つ必要はありません。

Capture It

Capture Itを使えば、デザインの履歴や画像、商品情報を簡単にアップデートすることができ、デザイナーや商品開発担当者のデザイン作成プロセスを進化させることができます。スマホで写真を撮って編集し、PLMに直接アップロードすることができるので、撮った写真をパソコンで編集して、デザインを探して写真を添付する作業が不要になります。

Capture Itは、より簡単に連携してコラボレーションできる環境を整えるためのアプリです。例えば、デザイナーが商品に使うボタンの候補について他のスタッフから意見を聞きたい場合、アプリを使って画像をさくっとPLMにアップロードすれば、他の人がコメントを書いたり、他の画像を添付したりすることができ、場所を問わず世界中どこにいても使えます。

スマホに保存した写真や画像は、過去にアップロードした写真や、保存している写真(インターネットで検索したものや、競合企業のサイトから保存したもの)のギャラリーから、リアルタイムでPLMにアップロードできます。

フィットレビュー

技術開発者がサンプル確認作業で活用できるアプリです。自席から離れてサンプルの評価を行う際に、写真や紙を使って、測定結果や技術仕様、テスターのコメントを残し、席に戻ってからその情報を入力して他のスタッフに共有するという従来のプロセスを、リアルタイムで対応できる形に進化させました。

フィットレビューアプリを使えば、サンプルの確認作業中に、パソコンで作成した評価にアクセスしたり、結果を記録したり、コメントを残すことができます。データはすべてバックグランドでPLMと連携するので、席に戻って利用することが可能です。

履歴から誰がいつ何を変更したかを確認できるので、紙をめくって調べる必要もなく、責任が明確になります。写真の編集機能もあり、Photoshopなどの編集ソフトを使う必要もないので、サンプル確認に関するデータをまとめて管理し、プロセスを最適化することができます。

今や生活の一部となっているモバイルアプリを、仕事でも活用してみませんか?Centric SoftwareのPLM用モバイルアプリを使って、社外でも情報をキャッチして、意思決定をスピードアップし、商品化のリードタイムを削減することで、最終的な利益率の向上に貢献します。

Centricの14種類のモバイルアプリについて、詳細を知りたい場合は、個別のデモをお申込みいただくか、ウェビナーCentric PLMデモシリーズ:モバイルアプリをダウンロードしてご覧ください。

Share this article