ログイン         |

   |

X

Secure Customer Login

Forgot your password?
1
9 7月, 2019     この記事は 8 分で読めます

未来へダイブ:スイムウェアブランドの変革をサポートするPLM

スイムウェアのビジネスに携わる人であれば、ここ数年でマーケットが大きく変化していることを感じていると思います。オンラインの小売りが躍進し、スマホで簡単にショッピングができるようになる中で、消費者は次々と新商品を求め、かつ簡単に購入できることを期待しており、国内外の競合他社との競争も激化しています。

このような状況の中で成功を収めるためには、スイムウェアブランドにも製品ライフサイクル管理(PLM)という秘密兵器が必要です。

一般的な課題

スイムウェア業界では、商品の品質を守りながら、トレンドに合った商品を開発することが求められています。さらに開発サイクルがどんどん短期化する中で、ルームウェアやスポーツウェア、そして時にジュエリーまで、商品の幅を広げることも求めらています。消費者がより低価格な商品を求めることで利益が圧迫される中、世界的にビジネスを広げるためには、サイズや言語、国ごとに違う規制や通貨にも対応しなくてはなりません。

これらの課題に対応するために、次々と新商品を開発して、地域に合わせたバリエーションを用意することが求めらる中で、パーツやサンプルの数が増加し、商品開発はますます複雑に、そしてコストと時間がかかるようになっています。

Swimwear-Centric PLM

 Excelからの卒業

PLMを活用すれば、商品のコンセプト作りから販売まで、情報を集約して商品開発を管理することで、全員が同時にリアルタイムのデータにアクセスできるようになります。

また、PLMを使えば、ビジネスの成長に伴って複雑化する、メール・Excel・PDF・クラウドのデータ管理・紙の書類などを使った従来の煩雑な商品開発プロセスを刷新することができます。従来のやり方では、最新の情報を探すために時間を費やしたり、複数の資料やシステムに何度も情報を入力したりと、ストレスがたまってしまいますし、商品開発にExcelを使っていては、業務がますます複雑化して利益を圧迫し、商品の品質が犠牲になる上に、現在のファッション業界のスピード感には対応できません。

さらに、PLMを使うことで、商品開発と生産でより多くの情報を共有し、コレクションのサイクルをスピードアップすることができます。情報を集約することで、部門間の連携や協業を強化し、度重なるデータの入力作業をなくして、作業時間を短縮できます。そして商品開発の業務を効率化して、より幅広く品質の高い商品を開発することが可能になります。PLMを活用することで、よいよい商品を開発するという本来の業務に集中して取り組むことができるのです。

経営層のメリット

商品開発の基盤システムとしてPLMに投資することで、現場から経営層まですべてのレベルの人が恩恵を受けることができます。現場のスタッフは、必要な情報をすぐに簡単に見つけることができるので、やり取りするメールの数やストレスが減り、よりスピーディに業務を進めることができるようになり、マネージャーは各商品やラインの進捗を簡単に把握し、リアルタイムの情報を使ってさくっとレポートを作成することができます。経営層にとっては、リードタイムを削減して、リソースを増やすことなくより多くの業務をこなせるようになり、無駄をなくしてコストを削減し、社員をハッピーにすることができます。

 

詳細をご覧になりたい方は、こちらのPLMの導入事例をご覧ください。デモを申し込む

Share this article