|

Subscribe   購読       |

subscribe

Secure Customer Login

1

リアルタイムのデータを使って、リアルタイムに意思決定

SkylineでCentric 8 PLMの機能を強化し、データ量の多い環境でのユーザエクスペリエンスを向上

グローバルにデジタルトランスフォーメーションを実現するためには、グローバルな環境をサポートできるシステムが必要です

分析データ

世界のどこからでも、スピーディにデータにアクセスして分析

更新された/消費されたデータ

変更をリアルタイムで反映 – データのリフレッシュも不要

データ転送

ERPやPIMなどのシステムとも連携 (Centric PLM内外と瞬時に連携)

ベストインクラスのソリューションに使われているマイクロサービス構造

マイクロサービスとは?

アプリケーションを小さな機能別の独立したモジュールに分けて開発する手法で、マイクロサービスはアプリケーションの構成要素として、ほぼリアルタイムで稼働し、独自のプロセスを実行します。

障害を克服

“1万年分のアーカイブデータを使えるシステムを作る”というミッションを与えられたCentricの開発チームが、シリコンバレーのベストインクラスのBtoCソリューションを基に開発したのが、Centric Skylineです。

作業効率と使いやすさ、ユーザーエクスペリエンスを向上

ハイスピードエクスポート機能

ハイスピードエクスポート機能

  • ユーザに影響を与えることなく、PLMデータを外部のアプリケーションやシステムに送信
  • ERP・プランニング・PIM・eコマースなどのエンタープライズシステム間で、データの一貫性を確保
  • 多くのシステムと連携して、社内やパートナー間でデータの一貫性を保証

クエリーアクセラレータ

クエリーアクセラレータ

  • 大量のデータを扱ったり、多くのユーザがアクセスする場面で、レスポンスタイムを向上。
  • データ分析やスライサーのクエリーを即座に実行し、世界中のユーザにデータをスピーディに配信。一般的なシステムに比べて7~20倍のスピードで対応

変更ログ

変更ログ

  • Centric PLM内で発生した変更をログとして記録。条件を設定して、関連するログだけを抽出して参照することも可能に
  • いつ誰が何を変更したのかを追跡管理
  • 変更前の元のデータにアクセスし、確認して更新することも可能
  • 誰が何をしたのかを把握でき、コミュニケーションミスを削減

スケールアップ

多くのユーザーが大量のデータを利用する場合も、高いパフォーマンスを実現

  • Centric Skylineを使えば、1万人のユーザーが世界の各地から、1TBのアーカイブと数TBのデータを扱うような場面でも、遅延や問題が発生することはありません。
  • 2~4年分相当のアーカイブを使って分析することが可能に
  • 複数のシーズンにまたがる複雑なデータもスピーディに分析
  • 世界各地に広がる1万人を超える大規模ユーザーもサポート。世界的な連携や協業を、パフォーマンスの問題なく実現することが可能に

デモをリクエスト

百聞は一見に如かず

PLMは、使いやすさが重要です。使い勝手が悪いと利用されなくなり、投資が無駄になってしまいます。
すぐに使えて、簡単で使いやすいPLMソリューション Centric 8を1時間でご紹介します。