ログイン         |

   |

X

Secure Customer Login

Forgot your password?
1
10 4月, 2019     この記事は 11 分で読めます

Centricの最終検査モジュールを活用して、品質管理の悩みを解消して品質を向上

最終検査モジュールを活用して、手を抜くことなく品質管理の悩みを解消

by Centric Software シニアプリセールスコンサルタント Christina Riccio

 

生産現場で、合格品質水準(AQL)の検査を行った経験がある方は、雑音の多い現場で、煩雑な作業をした記憶があるのではないでしょうか?多くのノートとPDFのテンプレートを印刷したレポート手に作業を進めますが、印刷したデータの中には古い情報が含まれているかもしれません。そして検査項目の中にその生産現場には合わないものがあっても、まずはレポートの項目をすべて埋めなくてはなりません。

その後は現場での作業が終わってから、レポートをスキャンし、コメントを加えて、地球の反対側にいる品質管理マネージャに送信して…という作業を、すべての商品検査で行うことが求められます。

しかし、もっとよい方法はないのでしょうか?Centricの最終検査モジュールとモバイルアプリを使えば、品質管理の様々な課題に対応できます。

検査を効率化して、スピーディに結果を出す

AQLとして知られる品質検査は、ブランドの評判を守って、顧客の満足度を保つために、商品が一定の基準を満たしているかを確認するための最後の関門です。商品の出荷前に工場で実施したり、倉庫に入荷してから行ったり、自社で基準を設けていたり、アウトソースしていたりと様々なケースがありますが、商品のライフサイクルの中でも重要な位置づけにある品質検査は、手を抜くことで最悪の結果を産むこともあります。

問題は、この作業に多くの時間がかかることです。Centricのお客様の中には、1種類の商品の品質検査を設定してスケジュールを決めるだけで、2時間かかることもあると話す方もおり、複数の工場で何百種類もの商品を生産している場合は、相当の時間をかけることになりかねません。

Centricの最終検査機能を活用すれば、作業をシステム化することで時間を短縮し、プロセスを最適化することができます。最終検査の機能は、Centric PLMのモジュールと、モバイルアプリで利用することができ、モバイルアプリを使えば、検査を行う現場で、必要な情報をリアルタイムに確認することが可能です。

検査官がアプリに情報、メモ、コメントを入力すると、検査の進行状況がリアルタイムで表示されます。品質管理者は、検査員が不要な情報をカットして検査を迅速に完了できるように、重要な検査ポイントにフラグを立てるかレポートテンプレートをカスタマイズできます。検査が終了すると、インターネット接続が利用可能になったときに検査官は単にCentric PLMと情報を同期します。検査と報告の到着との間の時間差は劇的に短縮され、品質問題への迅速な対応をより容易にします。

Final Inspection PLM App - Centric PLM

常に最新のデータを確認

Centricを使えば、もうPDFを印刷する必要はありません。古いデータや関係ないテンプレートを持ち歩く必要もなく、手書きのメモをとって写真を撮影し、あとで両方をまとめる作業も不要になるので、重い荷物からも解放されます。そしてパソコンのソフトやウェブブラウザ、モバイルアプリを使って、オンラインでもオフラインでも作業ができ、検査項目を確認して、写真をやコメントを添付することが可能になります。

さらにCentric PLMにある商品情報を直接参照できるので、情報を一ヶ所に集約して管理でき、常に最新の情報を確認することができます。またパワフルなAQLライブラリにアクセスし、欠陥や検査のレベル、許容範囲を確認したり記録することが可能です。注文情報や出荷データの入力や参照もできるので、検査するロットに関連するオーダや出荷数を確認することもできます。

Final Inspection PLM App - Centric PLM

結果を分析して継続的に改善

Centricを使えば、プロセス全体をシステム化し、一連のデータを包括的に管理することができるので、商品や素材、サプライヤごとに欠陥のレベルを分析して問題の根本原因を把握したり、継続的な改善を続けることが可能になります。最終検査モジュールとモバイルアプリを使えば、法的に商品の所有者となって責任が発生する前に、商品がコンプライアンス要件を満たしているかを確認することができるので、後になってから問題が発覚して法的手段がとれない状況に陥いることがなくなり、時間やコストがかかる悩みから解放されます。

また仕様書のデータを検査テンプレートと統合することで、最終検査モジュールとモバイルアプリが検査プロセスを自動で設定してくれるので、検査にかかる時間を大幅に削減して、将来のための分析を行うこともできます。そしてエラーを事前に検知して、サプライヤに詳細情報を確認したり、ブランドの名前に傷をつける可能性のある品質の問題に対応することも可能になります。

手を抜くことなく検査にかかる時間を削減して、生産の問題をスピーディに割り出し、欠陥の傾向を分析して対策をとったり、ベンダーとより密接に連携して商品を改善したいとお考えの場合は、品質管理のプロセスをシステム化すればいいのです。

詳細にご興味がある方は、ウェビナー:PLMデモシリーズ 最終検査用アプリをご覧いただくか、デモをお申込みください。

Share this article