ログイン         |

   |

X

Secure Customer Login

Forgot your password?
1
29 8月, 2019

PLMでコレクションを管理して、魅力的な商品で売上をアップする方法

あなたの会社の営業部門では、コストがかかる上に時代遅れで最新の情報を掲載できない紙のカタログをまだ使っていませんか?カタログを何度も刷りなおすことで、無駄にコストを消費したり、環境に悪影響を与えたりしていませんか?カタログに掲載されているのに「すいません、その商品は販売しておりません」とお客様に答えたことはありませんか?

カタログから売り切れの商品やその地域で販売していない商品は除いて、そのお客様に合った商品だけを紹介できれば、無駄な時間やイライラを防げると思いませんか?Centric PLMのコレクション管理機能を使えば、多言語で様々な通貨に対応しながら、顧客や地域、商品の種類、セグメントやマーケットに合わせて、カタログをカスタマイズできます。

潜在顧客に特別な提案をしたい思っても、全顧客向けに使っているカタログの価格を簡単に変更することはできません。そういう場合は、地域に合わせた専用のカタログや、セール価格用のカタログを作って、標準価格を上書きしてしまえばいいのです。デジタルカタログを使えば、Centric 8 PLMにある最新の商品情報を使って、精度の高い情報を掲載できます。

Collection Management Fashion PLM

便利なカタログ機能

各お客様専用のポータルを用意すれば、お客様が好きな時にブラウザからログインして、自分たちのニーズに合ったコレクションのカタログを参照することができるので、営業担当者とのアポを待つ必要はありません。

内容をコントロールできるのデジタルカタログは、お客様に見せたいアイテムだけを選んで表示したり、あえて商品を追加してコンセプトや全体像を紹介することもできます。

そして、コレクションブックアプリを使えば、オンラインでもオフラインでも、タブレットを使ってコレクションを紹介し、その場でオーダーをとることもできます。

エクスペリエンスの向上

デスクの引き出し入れたまま忘れ去られてしまう紙の注文書は、もう必要ありません。

コレクションブックモバイルアプリを使えば、営業担当者がどこにいても、オンラインでオーダをとることができます。在庫のある商品のみを表示して、アプリで直接オーダをとることができるので、顧客満足度を向上して、オーダのプロセスを最適化できます。

モバイルアプリは、Centric 8 PLMと直接連携するので、Centric PLMで売上の状況を確認することもできます。またCentric PLM内の売上情報を、社内のオーダシステムやERPシステムと連携することもでき、オーダのミスをなくして、お客さんのエクスペリエンスを向上することも可能です。

業務を効率化して売上をアップ 

最新のカタログで素敵な商品を見つけても、その後のオーダ作業が面倒だと、せっかくの感動も薄れてしまいますが、コレクションブックで直接オーダを入力することで、遅延もなくなり、その場で確実に成果を上げることができます。

お客様に合った商品を掲載したカタログをその場で見てもらえることで、生産性や売上を向上することができます。コレクション管理機能を使えば、簡単に操作できて柔軟性の高いツールを使って、Centric 8 PLMにある商品の情報を活用しながら、マーケティングや販売企画、営業の活動を効率化することが可能です。

デジタルカタログで売上アップをサポートするコレクション管理機能やコレクションブックアプリの詳細を知りたい方は、こちらからデモをお申込みください

Share this article