ログイン         |

   |

X

Sign in to our support centre

If you have received an invitation to our new help desk, click here to launch in a new window


If you are using our legacy system, please sign in below

Forgot your password?
1
23 8月, 2019     この記事は 16 分で読めます

最新のデジタルコラボレーションシステムを使って、収益をアップ

イノベーションを実現するためには、ITを活用して部門間でコラボレーションできる環境を整えることが重要です。コラボレーションのためのシステムを使えば、企画作業を妨げる問題をなくして、点在する情報をまとめることができます。さらに同じオフィスにいる違う部門のスタッフや、時差のある離れた場所にいるスタッフとも連携し、社外のサプライヤとの協業も強化できます。

あなたの会社では、デジタルコラボレーションのために新しいシステムを導入しますか?それとも既存システムに改良を加えますか?何を選べば最も効率的に効果を出せるのでしょうか?

世界中のマーケットやオンラインでの競争力を強化するために、ファッション小売りコンシューマグッズ業界では、スマートなシステムを使って状況を見える化し、商品開発を管理して、プロセスを最適化し収益を増やすことが求められています。

 

社内でコラボレーション

ある研究では、上級管理職の80%は、売上のアップにはコラボレーションが必要不可欠と回答していますが、国境を越えて“効率的に”情報を共有できていると答えたのは、たった25%でした。コラボレーションは何もせずして自然にできるものではないので、効率的に連携し協業するためには、そのための環境を整える必要があります。そしてそれを実現することで、大きなメリットがあります。ある研究によると、コラボレーションのためのシステムを活用することで、情報収集やコミュニケーションの生産性を35%向上でき、結果として全体の生産性も25%向上するとされています。

 

最適なシステム選び

自社にとって最適なシステムを選び出すのは、簡単なことではありません。シンプルな機能のシステムを目的に合わせて次々と導入することで、様々なシステムが混在する状況に陥ることもよくあります。メールでファイルを送信したり、Slackでディスカッションしたり、Dropboxを使ってドキュメントを共有している状態であれば、情報が埋もれてしまったり、見つからなくなることもあり得ます。

そこでファッション、小売り、コンシューマグッズ業界では、デザインから商品開発、商品のリリースをまで全体をカバーしてコミュニケーションやコラボレーションをサポートする、製品ライフサイクル管理(PLM)などの包括的なエンタープライズシステムを導入する企業が増えています。

Centric PLMは、商品のコンセプト作りから販売まで、商品に関する業務をサポートする基盤となるシステムです。情報を一ヶ所に集約して管理することで、最新の情報をリアルタイムに確認でき、バージョン管理やミスを削減できます。商品に関する情報をすべてまとめて管理できるので、誰がいつ、どんな変更を加えたのかの履歴もリアルタイムに管理することができ、コミュニケーションもスムーズになります。PLMを使えば、多くの企業が利用しているメールやExcel、PDF、チャットツールをやめて、社内外の部門間で効率的にコラボレーションすることが可能になります。

Centric VIP

タッチ操作できる革新的なシステム

初期段階のデザインのコンセプト作りや、社内買い付けのプロセスなど、従来のPLMでは管理できない業務もあります。

しかし幸いなことに、PLMのテクノロジーは進化を遂げており、カバーできる範囲も広がりつつあります。Centricは、どんなPLMやPDMともデータ連携でき、社内外で効率的に連携し、専門知識を効果的に活用して、グループでの意思決定をスピーディに行うための革新的なシステム、Centric Visual Innovation Platform (Centric VIP)をリリースしました。

 

 

Centric VIPのデジタルコンセプトボードがグループの意思決定をサポート

Centric VIPを使えば、紙やボード、またはExcelと画像などを使って行っていた業務をシステム化し、ビジュアルなデータを使って作業することができます。例えばデザインのアイデア出しの作業を考えてみましょう。社内でデザインや生産を行っている場合も、サプライヤに生産を委託したり、完成品を仕入れる場合でも、アートディレクターやデザイナー、商品開発担当者、MD、バイヤーなどが一堂に集まって、最新コレクションのプランニングやコンセプトを決めるためのミーティングを開催することがあります。

そういった場面で、紙の資料を使わずに、リアルタイムにタッチ操作できるデジタルボートを活用することで、グループでの意思決定が大きく変わります。Centric PLMや他のシステム内にあるマスターデータを使って、コレクションを作り上げたり、アイデアを保存したり、メモを残したり、ドラッグ&ドロップで画像を追加したりと、すぐに意思決定を行って、次のアクションへとつなげることができます。

Fashion PLM

Centric VIPのデジタルバイイングボードで買い付けのプロセスを変革

タッチ操作できるデジタルボードを使えば、MDやバイヤーが販売の機会を増やして、卸売りや小売り、eコマースのチャネルでの販売を強化できます。

Centric VIPのデジタルバイイングボードを使えば、時間がかかりミスを誘発しがちな、ExcelのシートやPDFを統合して比較する複雑な作業をやめて、タブレットやブラウザでリアルタイムに状況を確認して、様々なチャネルの販売情報や要件を自動で集計することができます。

バイヤーや営業担当者が、チャネルや地域、卸売り、店舗ごとの商品数をコントロールできるようになれば、成功するチャネルを増やして値下げのリスクを低減するだけでなく、コミットした販売数を自動で集計して最低発注数量(MOQ)を管理し、早い段階で生産計画を立てて、サプライヤと好条件で交渉を進めることが可能になります。

 

 

真のコラボレーションを実現するための戦略

タッチ操作できるデジタルボードCentric VIPは、グループでの意思決定を最適化して、ミーティングルームやメール、そして従来のPLMの限界を超えたコラボレーションを実現するためのシステムです。

ファッション、小売り、コンシューマグッズ業界で、戦略的にコラボレーションのためのシステムを導入するためには、自社独自の働き方やブランドのDNAに対応できる柔軟性の高いシステムを選ばなくてはなりません。

ファッション用PLM、小売り用PLM、コンシューマグッズ用PLM、Centric VIPなど、Centricのデジタルコラボレーションのためのシステムについてもっと知りたい方は、デモをお申込みください。

Share this article