|

9 2月, 2021     この記事は 13 分で読めます

食料品メーカーにデジタルトランスフォーメーションが必要な7つの理由

スケジュールの遅延やコミュニケーションのミスで、商品リリースのタイミングを逃したことはありませんか?商品のリリースに時間がかかることで、時代やトレンドに乗り遅れていませんか?もし心当たりがあるのなら、商品開発に使っているシステムが問題かもしれません。Excelやメールよりもっとパワフルに業務をサポートしてくれるシステムを活用しているでしょうか?(もし答えがNoなら、PLMが必要です!)

ノンストップで目まぐるしく変化する食料品ビジネスには、スピーディーでアジャイルな対応が求められます。データをバラバラに管理していたり、ワークフローがうまく連携できていないことで、ミスが発生したり効率が低下すると、アジャイルな対応ができず時間がかかり、利益が低下して、成長が鈍化してしまいます。

それがCentric Software®がお届けする食料品用PLMソリューションです。

ここからは、あなたの会社にPLMソリューションが必要なことを示す7つのサインをご紹介します。

 

1. データがカオスの状態で、商品のイノベーションが進まない


食品や飲料品メーカーでの商品開発やイノベーションは、かなり複雑なものです。情報が複数のシステムや個人のパソコンで管理されているケースも多く、様々なバージョンの書類が飛び交う中で、どれが最新のデータかを知る手立てもありません。大量のメールをさばいて、手間のかかるデータ入力を行っていると、ミスが発生する確率も上がります。情報が点在していると、過去にどの商品が成功したのか、競合が何を販売しているのかを知る手段もなくなり、消費者や市場のニーズに対応した商品を生み出すことは難しくなります。
そのような状態なら、変革が必要です。PLMを使えば、商品に関する情報をまとめて管理することで、Excelによるデータ管理や、時間のかかる入力作業をなくして、商品開発を最適化できます。そして業務を効率化して、部門間の協業を強化し、品質や価値の高い革新的な商品を、よりスピーディーにリリースすることが可能になります。

 

2. パッケージだけで、相当なやり直しが発生!

パッケージの作成は、メールや電話でのやり取りや会議が数多く発生する大変な作業で、商品開発が遅延する原因にもなります。そしてイライラがたまるだけでなく、デザインの編集や大量のサンプル作成で相当なコストがかかることもあります。もしこのような状況に陥っているのであれば、改善すべき時が来ています。
PLMで、様々な素材やサイズ、画像、色のテンプレートがそろったライブラリを活用してパッケージの概要を作成することで、業務を効率化することができます。Adobe®イラストレーターや3Dソフトとの連携機能を使って、パッケージのデザイナーがCentric PLMTMに直接にアクセスして作業することもできます。またCentric PLMで商品とそのパッケージの情報をリンクすることで、商品データを自動でアップデートして、RFPを素早く正確に作成することもでき、各地域の要件に合わせてラベルをローカライズしたり、多言語対応も可能になります。

 

3. 商品化のリードタイムが長すぎる

異なるスケジュールで動くR&D、調達、デザイン、財務など各部門が関わるワークフローの管理は収集がつかなくなることも多々あり、広い海で溺れるような感覚に陥ってしまいます。クロールしながらもがく代わりに、地に足つけて走りたいと思いませんか?
そこでPLMの出番です!PLMを使えば、部門間をまたがるワークフローを管理して、業務やコミュニケーションを改善し、データのミスを減らして、利益率や顧客ロイヤルティを向上することができます。

 

4. 利益が、炎天下のアイスクリームのようにあっという間に溶けてなくなってしまう

どんなにがんばっても、推測で行った意思決定や管理しきれてないサプライヤのコスト、間違った情報などで、利益はあっという間に溶けてなくなります。食料品メーカーでも、PLMを使ってデジタルトランスフォーメーションを進める時がきているのです。PLMで情報を一元管理することで、コストや調達のデータを基に意思決定を行い、簡単にシミュレーションを行って、素材や倉庫、配送コスト、関税の価格変動を反映した最新のコスト情報を活用することが可能になります。

 

 

5. どの商品をどこで、いくらで、どのように販売するの?

商品のライフサイクル全体がよくわからない状態で商品のポートフォリオを管理するのは、非効率的です。地域やチャネル、シーズンを超えて、計画の策定や、新商品のリリース、リブランディング、商品開発、ポートフォリオの最適化を行うのは、必要以上に複雑になり時間がかかります。さらに、情報が大量にあることで、ストレスやミスを引き起こすことにもなり、正確な情報や適切なシステムがない状態では、ミスを起こしても仕方ありません。
PLMを使えば、情報を一元管理して、商品開発や品ぞろえを見える化することができ、シーズンごとのキャリーオーバーや、地域特有のイベントやシーズン、チャネルごとの商品パッケージをシミュレーションすることも可能になります。ポートフォリオ管理を改善して、生産を最適化し、主要商品の過剰生産も減らすことができます。

 

6. 一体誰がやったの? レシピや素材の変更とトレーサビリティ

この商品にはまだパーム油を使っているんだっけ?このラインで使っているココアの生産国は?この問題が起こった場合に影響を受ける商品はどれ?素材の変更やトレーサビリティを適切に管理することは難しく、コンプライアンスの問題を引き起こす可能性があります。Centric PLMで企画から販売まですべての業務を見える化することで、より的確な意思決定を素早く行って、ライフサイクル全体で商品を管理することができます。
PLMを使って、商品に関する情報を一ヶ所にまとめることで、素材の原産国からサプライヤのアウトソースまで管理することができます。そして商品全体で使われている素材を素早く特定して、調達や管理を効率化し、素材に変更が入る場合も、商品開発プロセス全体で過去の情報を含む変更履歴を管理することもできます。

 

7. 新しいアレルゲン? 追跡しなきゃ

規制の変更やコンプライアンス問題への対応は、課題が多く、特に複数の商品に関わるものは厄介です。効率の悪い古い働き方を、PLMで刷新する時がきています。PLMを使えば、責任のリスクを軽減して、コンプライアンス基準の変更にアジャイルに対応することができます。またアレルゲンのデータ管理や整備を的確に行って、規制に対応し、安全性を確保して、健康志向の消費者に情報を提供することが可能になります。リアルタイムにPLMと連携するモバイルアプリやテンプレートを使えば、コンプライアンス要件の変更を効率的に管理して、品質やコンプライアンスのチェックを最適化でき、安全性、取り扱い、保管、容器、重量、栄養価、アレルゲン表示などの規制や基準に確実に対応することが可能になります。

 

ぜひデモをお申込み。

 

Share this article