26 7月, 2022     この記事は 5 分で読めます

小売計画ソリューションでサスティナブルなビジネスを推進する方法

今ではファッション業界でもサスティナビリティが重要視されています。

消費者は、購入する商品が環境に与える影響を意識しており、その商品にどんな素材が使われいるのか?どこで生産されたのか?包装にリサイクル可能な素材が使われているのか?を注視しています。透明性、エシカル、無駄の削減が求められているのです。

その一方で、小売企業では販売のコストを抑えて在庫を減らし、環境への負荷も軽減するなど、様々な課題が発生しています。

Centric Software®の計画ソリューションを使えば、このような課題を解決して、ニーズに対応した魅力的な商品で、意識の高いお客様を引き付けることが可能になります。

小売プランニングソリューションを使って、バリューチェーン全体で環境にやさしい販売戦略を立てるシンプルでパワフルな方法をご紹介します。

1.予測の精度上げて消費者のニーズに対応

環境への意識が高い消費者の心をつかみたければ、責任を持ってサスティナブルな対応を行っていることを証明する必要があります。Centricの小売計画ソリューションがあれば、ファッション業界でのサスティナビリティへのニーズに対応できます。

小売計画ソリューションがあれば、精度の高いデータを使ってレポートを作成し、過去のシーズンと売上傾向を比較したり、市場の動向やベストセラーを把握することができます。

大量のデータを活用して、シーズンごとのレポートを作成することで、工場への発注の精度を高め、売れ残りや大幅な値引き、廃棄処分を削減し、生産の余剰をなくすことが可能になります。

さらに、環境に与える影響やエシカルな対応に関する報告書を作成することで、サスティナビリティを強化し、ブランドの信頼性を向上することができます。

Retail Planning Promotes Sustainability

2.商品を効率的に配置して在庫を削減

計画ソリューションで、精度の高い予測を行うことで、需要と供給のバランスをとることも可能になります。必要な商品だけを生産することで、供給過多によるコストを抑えることができます。

商品を効率的に配置し、いつどこで商品が必要になるのかを的確に把握できれば、倉庫や店舗間での配送を減らすことができ、適切なタイミングで最適な品ぞろえを用意したりキャンペーンを行うことで、シーズンごとに商品を売り切って、余分な在庫を減らすことができます。

在庫の移動を減らすことができれば、配送時に排出される有害物質を削減でき、温暖化や汚染の防止につながるため、このような取組みはサスティナブルなビジネスを進めるすべての企業で重要になります。

さらに、計画サイクルを短縮することで、生産開始のギリギリまで消耗品を注文したり、必要なものだけを注文することができます。小売計画ソリューションがあれば、様々なパターンで遅延をシミュレーションして、発生しうるリスクを算出することができ、リスクの許容度に応じて在庫を調整することが可能になります。

3. 環境への意識が高いバイヤー向けに透明性をアピール

データを手にすることができれば、ビジネスの透明性を高めることができます。小売計画ソリューションがあれば、コレクションから店舗まで様々なカットで、サスティナブルな商品の生産プロセスや、ベンダーや素材の認証を簡単に管理することができます。

以下のような様々な情報を分析することで、サステナビリティの課題に確実に対応できているかを確認し、シーズンごとのKPIや前年との比較による改善点などを公表することができます。

  • オーガニックな素材を使った商品の割合や増加率
  • リサイクル可能なパッケージの改善
  • 生産工程で削減した二酸化炭素の量
  • 再生可能エネルギーの導入率

小売計画のKPIを使えば、サスティナブルな取組みをさらに改善し、プロジェクトを進めて、消費者に公表することができます。小売計画ソリューションがあれば、様々な戦略に合わせてKPIをシミュレーションし、現行の計画と過去の取組みを比較して、継続的に改善を続けることが可能になります。

4.小売企業とシステム

今後どうするのかは各企業の判断次第ですが、継続的に成長を可能にするためのシステムを導入することが、トランスフォーメーションを成功させるカギになります。

導入後すぐに使えるCentricの小売計画ソリューションは、長年に渡って必要とされてきた業界の再編を進めるための理想的なソリューションとして、サステナビリティの対応に取組む企業に、強力なフレームワークを提供します。

Share this article