|



14 9月, 2021

UPPAbabyがPLMをCentricにリプレイス

2021年9月14日 カリフォルニア州 キャンベル発 – 子供用品ブランドのUPPAbabyが、Centric Software®の製品ライフサイクル管理(PLM)ソリューション、Centric PLM™の導入を決定しました。Centric Softwareは、アパレル・フットウェア・スポーツグッズ・家具・インテリア用品・化粧品&パーソナルケア用品・食品・ラグジュアリーブランドなど様々な業界のお客様が、デジタルトランスフォーメーションを実現して戦略的ゴールを達成するために、計画・デザイン・商品開発・調達・販売をサポートする革新的なソリューションをご提供しています。

ハイクオリティなベビーカーとチャイルドシートのブランドUPPAbabyは、研究開発やマーケティング、営業の経歴を持つ夫妻が、アメリカのマサチューセッツ州で2006年に創業しました。高い品質と革新的で機能性の高いデザインで知られ、ビジネスが急成長しており、従業員数は100名を超えました。安全性、使い心地の良さ、そして使いやすさにこだわった商品を、世界53ヶ国で販売しています。

シニアマテリアルマネージャのEmily Paine Knickerbocker氏は「商品に使用する部品には、何度もテストを行っていますが、度重なるテストをうまく管理して、プロジェクトマネージャや品質部門、中国の部門がアクセスできるようにしたいと考えていました。今までは共有ドライブを使っていましたが、よりよい方法を模索していました」と話します。

これまで使っていたPLMでは、1つの商品が500~1000個の部品で構成される複雑な仕様を管理することはできませんでした。プロジェクトマネージャのAvery François氏は「以前のPLMは、パーツや部品を入力してBOMを作成するという、根本的なニーズにも対応できませんでした。情報量が多すぎて、システムとしての許容量を超えていたのです」と語ります。

調査と検討を進めた結果、UPPAbabyはCentric PLMを導入することを決定しました。自社の商品ジャンルが簡単に分類できないことを認識していたUPPAbabyでは、新たに導入するPLMが複雑な商品構成に対応できるのか、慎重に確認を行いました。「当社が扱うのは、1つの商品で大量の耐久消費財と非耐久消費財を使用し、それぞれのSKUで管理が必要な独特な商品ですが、CentricがPLMをデモしてくれた際に、これなら大丈夫だと感じました」とFrançois氏は話します。ニーズに合わせて構成できるので、カスタマイズが不要な点も、Centricを選ぶ決め手となりました。

またPLMのトレーニングを受講した人が、社内で他のユーザーにトレーニングを行うことで、社内全体ですぐにPLMを利用できる状態になったことも、大きなメリットでした。「アメリカのオフィスでは、導入後数週間でみんながPLMを利用できるようになり、日々問題なく使いこなしています」とFrançois氏は話します。また情報を一ヶ所でまとめて管理できる点が、一番のポイントでした。「以前はサーバーにアクセスして、どのファイルに情報があるのかを確認し、必要な情報を集めるには、いくつものファイルを開く必要がありました。時には、他の人に情報を確認しに行くこともありましたが、今では情報はすべてCentricに入っています」

技術レポートにも簡単にアクセスできるようになり、ワークフローを最適化して、タスクを見逃すこともなくなりました。最新のデータがどこにあるかわからず、複数のファイルを更新することも、もうありません。業務を効率化したことで、他にもメリットがあったとKnickerbocker氏は話します。「Centric PLMを導入したことで、かつては別々の部品として開発していたものでも、共有できることが判明しました。SKUが違っても、同じ部品を使えることがわかるようになったのです」

Centric Softwareの代表取締役兼CEO、Chris Grovesは「UPPAbabyにCentricをパートナーとして選んでいただいたことを、大変光栄に思います。未来を担う大事な世代に、品質の高い商品を提供するモダンで革新的な企業UPPAbabyが、業務を効率化し未来の成長へと向かう道を共に歩んでいけることを、大変うれしく思います」とコメントしています。

デモをリクエスト

 

UPPAbaby (www.uppababy.com)

UPPAbabyは、スタイリッシュで洗練されたデザインで、必要な機能をすべて兼ね備えたスマートなベビーカーやチャイルドシート、子供用品を提供することをミッションに掲げ、まだ世の中にない革新的な商品作りを行っています。また商品と同じく卓越したエクスペリエンスをご提供することを目指してます。2006年に創業し、アメリカマサチューセッツ州にある本社から、世界中に商品をお届けしています。詳しくはこちらwww.uppababy.comをご覧ください。

 

Centric Software (www.centricsoftware.com)

シリコンバレーに本社を置くCentric Software®は、ファッション、小売り、フットウェア、ラグジュアリーブランド、アウトドア、化粧品、パーソナルケア用品、食品等のコンシューマグッズ業界向けに、デジタルトランスフォーメーション(DX)をサポートするソリューションをご提供しています。代表的な製品ライフサイクル管理 (PLM) ソリューションCentric PLMTMは、変化の激しい時代に対応するための販売計画、商品開発、調達、品質管理、商品ポートフォリオ最適化の機能を搭載しています。新興ブランド向けには、主要機能と業界のベストプラクティスを搭載したCentric SMBをご提供しております。また、タッチ操作で使え、協業や意思決定をサポートするデジタルボードCentric Visual Innovation Platform (Centric VIP) もご利用いただけます。Centric Softwareは、モバイルのパイオニアとして、業界初のPLM用モバイルアプリの他、ERP、DAM、PIM、eコマース、プランニングなど各種システムとの連携機能や、Adobe® Illustratorや3D CADとの連携機能をご用意しております。常に市場のニーズに対応した機能を開発し、業界最高の利用率を誇るCentricは、業界最速で価値をお届けしており、リードタイムを短縮して、コストを削減し、イノベーションを強化するためのソリューションをご提供しています。

Centric Softwareは、3Dデザインソフトや3Dデジタルモックアップ、PLMソリューションで世界をリードするDassault Systèmes (ユーロネクスト・パリ: #13065, DSY.PA)の子会社です。

またCentric Softwareは、米Red Herring社が世界で最も革新的なテクノロジーベンチャー企業に贈るRed Herring Top100 Globalを2013年、2015年、2016年の3度に渡って受賞したのを始め、2012年、2016年、2018年、2021年度に受賞したFrost & Sullivanの各種アワードの他、数々のアワードを受賞しています。

CentricはCentric Software社の登録商標です。またすべてのブランド名や商品名は各ブランドの商標登録である場合があります。

Share this page

イベント情報