ログイン         |

   |

X

Secure Customer Login

Forgot your password?
1

メーカー用のPLMとは?

OEM/ODMメーカー用PLMで、商品に関する情報を一ヶ所にまとめて管理することで、商品の企画から、デザイン、調達、生産、配送まで、業務に関わる全ての人が、リアルタイムに最新の情報にアクセス

詳細を見る

blue-arrow
blue-arrow

#スピーディに生産 #時短 #コスト削減 #協業を推進

メーカー用PLMを導入して、クラウドベースのポータルを使って顧客と連携することで、リードタイムを大幅に短縮。Excelや単体のポータルを使う場合に比べて、正確な情報を簡単に見つけ出し、RFPへの対応や、仕様書の作成、品質検査、コンプライアンスの書類作成など、R&D・商品開発・コスト計算・サンプル作成プロセスを正しく管理することが可能に。さらにメーカもその顧客も、状況を見える化して、コミュニケーションを改善し、ミスをなくして、時短を実現することができます

blue-arrow

Centricのメーカー用PLMで成功への基盤を築いたメーカーの事例

メーカー用PLMについて、詳細をご覧いただくか、デモをお申込み下さい

blue-arrow

メーカー用Centric PLMで、業務をパワーアップ

様々な規模のメーカーで、短納期や商品のカスタマイズ、生産スケジュール、コンプライアンス要件への対応、大量に発生するやり取り、サンプルや配送の管理などの課題への対応をサポートしているメーカー用Centric PLMについて、詳細をご覧ください。ホワイトペーパー・ブログ・ウェビナーの録画など、PLMを学んでいただくための様々な資料をご用意しています。

Centric PLMが自社にフィットするか、まだ疑問に思っている方は

こちらのQ&Aをご覧ください。もし疑問への答えを見つけられない場合は、ページ下からデモをお申込みください

メーカー向けPLMとは?

PLMは商品ライフサイクル管理(Product Lifecycle Management)の略語です。PLMを使って、商品の企画から生産、配送まで、商品に関するデータをまとめて管理することで、効率的に連携して協業し、業務をスピードアップできます。
詳細は、こちらをご覧ください

Centric PLMを導入した企業は、どんな成果をあげていますか?

Centric PLMを導入したメーカーでは、商品開発を最適化して、ミスを削減し、生産をスピーディに行って、顧客とのコミュニケーションを改善しています。
お客様の声をご覧ください

PLMの導入は難しいですか?

Centric PLMは、プログラミングが不要で、アジャイルデプロイメントTMで段階的に導入でます。トレーニングも実施し、Centricがフルサポートしますので、ご安心ください。
アジャイルデプロイメントの詳細はこちらをご覧ください.

ERPとPLMの違いは?

ERP(エンタープライズ・リソース・プランニング)は、発注書の発行や、サプライヤのデータベース管理、在庫管理など、主にバックオフィスの業務を管理するためのシステムです。一方PLMは、製品ライフサイクルを構成するクリエイティブなプロセスを管理でき、EPRにはないメリットがたくさんあります。PLMがないと、ERPの機能は制限されてしまいますが、この2つのシステムは並行して利用することができます。では、どちらを先に導入すべきでしょうか?多くの人はPLMと答えています。PLMは商品が生まれる場所となり、PLMでデータを整えて、ERPに流し込むことで、情報の一貫性を保つことができます。
詳しくはホワイトペーパーをご覧ください

PLMで調達を管理することはできますか?

もちろんできます。Centric PLMの調達管理モジュールを使えば、コンプライアンス関連の書類や素材のデータ、サプライチェーンの詳細情報、サプライヤの実績、サンプルの状況、監査などを管理することができます。
詳細はこちらをご覧ください

PLMで素材や材料を管理することができますか?

はい、OEM/ODMメーカーや自社で生産を行うブランドでは、Centricの素材管理モジュールを使って、素材に関する情報を一ヶ所にまとめることで、精度の高い情報を簡単に管理し、誰もがアクセスすることが可能になります。
素材管理については、こちらをご覧ください

PLMを使えば、高い品質を確保できますか?

もちろんです。商品に関するデータややり取りを一ヶ所にまとめて管理することで、生産のミスを防止できます。品質管理モジュールを使えば、品質管理のプロセスを最適化して、コスト効率を向上し、品質と安全性の高い商品を提供して、リコールで会社の評判に傷がつくリスクを防止できます。
詳細はこちらをご覧ください

PLMでBOMを管理することができますか?

はい、Centric PLMは、Adobe® Illustratorとシームレスに連携できるので、簡単に効率的にBOMを作成し、管理することができます。
詳細はウェビナーでご覧ください

PLMを使えば、サスティナブルな生産を実現できますか?

Centric PLMを使えば、コンプライアンスやサスティナビリティ、原材料から販売まで各商品が社会に与える影響を管理することができます。
サスティナブルなビジネスをサポートするPLMについて、詳細をご覧ください

PLMで関税を管理することはできますか?

もちろんです。Centric PLMを使えば、調達を柔軟に調整して、様々なパターンのシナリオを検証して関税の影響を見える化し、ロジスティクスをより厳密にコントロールすることができます。
CentricユーザーのシューズブランドがPLMを使って関税の変更に対応した方法をご覧ください

PLMを導入する準備が整っているか、どうやったら判断できますか?

リソースのアセスメントからデータの整理まで、わかりやすくご説明するガイドをご用意しています。
ガイドはこちらからご覧ください

PLM導入のビジネスケースはどうやって作成すればいいですか?

意思決定者に、PLMの必要性を訴えたい場合は、自社が抱える課題を明確にして、他のソリューションを検証した上で、PLMのメリットを説明する必要があります。
詳細はこちらのホワイトペーパーをご覧ください

自社にぴったりのPLMベンダーを見つける方法は?

変わりゆくニーズに対応できるPLMだけでなく、結果を出すために協力してプロジェクトを進められるパートナーとなってくれるベンダーを選ぶことが重要です。
最適なPLMを選ぶための方法は、こちらをご覧ください

PLMでオーダーメイドにも対応できますか?

はい!中国でレディースのオーダーメイド服を販売するアパレルブランドEEKAは、Centric PLMでオーダーメイドの商品開発を最適化しました。詳細はこちらをご覧ください

3D CADをCentric PLMと連携することはできますか?

PLMと連携することはできますか? + はい!Centricの3Dコネクトを使えば、3Dデザイナーが3Dの環境で作業しながら、Centric PLMと連携することができ、作成した3Dデータは、3Dの知識がないスタッフでも商品開発全体で活用することができます。3Dレンダリングを使って、早い段階でデザインを形にすることで、商品開発を最適化したり、バーチャルサンプルを使って、従来のサンプルを減らすことで、作業にかかる時間やコストを削減することが可能です。
革新的な3Dコネクトについて、こちらをご覧ください

メーカー用Centric PLMで、業務の基盤となるシステムを構築する時がきています

業務を超効率化するPLMで、自社のプロセスを変革しませんか? Centric PLMの力をぜひデモでご体感ください