California

655 Campbell Technology Parkway,
Suite 200
Campbell, CA 95008 USA

Phone: +1 408 574 7802
Fax: 1 408 377 3002

MECCAがCentric PLM®でコンプライアンス対応を効率化®

オーストラリアの化粧品小売MECCAがCentric Software®をパートナーに選び、素材や商品レベルでのコンプライアンス対応を効率化

効率化 コンプライアンスのプロセス
改善 データへのアクセス
精度の高い データベース

Centric PLMを使って1ヶ所でレビューを実施することで、商品の承認を以前よりスピーディに進めることが可能になりました. — David Cumberland氏, リスク&コンプライアンス部門ゼネラルマネージャー, MECCA

課題

  • 厳格なオーストラリア政府の規制に対応
  • 取引先ブランドとのコミュニケーションを効率化
  • 幅広い素材や商品の表示を管理

業績

  • コンプライアンス対応を効率化
  • レポートや監査用のデータを簡単に抽出
  • 商品の表示を検証
  • 全素材のデータベースを作成
  • POや輸入から商品を簡単にブロック

「何百ものグローバルブランドと取引をしているので、原材料のコンプライアンス管理は複雑になります。原材料や効能をスプレッドシートで管理していては時間がかかってしまうため、コンプライアンスに関する書類を一ヶ所でまとめて管理するためのシステムが必要でした」

MECCAのリスク&コンプライアンス部門ゼネラルマネージャ、David Cumberland氏は、オーストラリアの原材料に関する規制を遵守しながら、顧客のウェルビーイングを優先する同社の方針と、それに伴う課題について語ります。

「各ブランドから入手した情報をすべて集約し、常に精度の高い最新の情報を管理するために、Centric PLMを導入することを決定しました」

現在では、必要な情報はすべてCentric PLMに入っているため、商品の情報やコンプライアンスの書類を手作業で探す必要はありません。

「お客様のウェルビーイングを重視し、最新の法規制を確実に把握するためには、レポートの要件がとても重要です。ビジネスが成長するにつれて、手作業でレポートを作成する作業に多くの時間を取られるようになりました。Centric PLMを導入したことで、このプロセスをシンプルにし、精度の高いデータを各商品まで遡って管理できるようになりました」とCumberland氏は続けます。

MECCAでは、作業にかかる時間を短縮して、取引先ブランドとのプロセスを改善し、コンプライアンスのプロセスをスピードアップして、新商品のリリースを効率化することができました。MECCAは、どのようにしてこれらを実現したのでしょうか?

オーストラリアをリードする有名化粧品小売

創業後25年を迎えるMECCAは、オーストラリアとニュージーランドの化粧品業界を再定義してきました。オーストラリアとニュージーランドに100店舗以上を展開し、オンラインストアとT-Mallグローバルでは、シグネチャーラインのMECCA Cosmetica、MECCA MAX、kitを含む200以上のブランドで、厳選した最高の商品を販売しています。

さらなる効率化を求めて

化粧品&ウェルネス市場が急速に成長して、消費者のトレンドは絶え間なく変化し、商品ポートフォリオが拡大する中で、MECCAは原材料のコンプライアンスに関わるプロセスを自動化したいと考えていました。

商品の原材料、デザイン、表示に関する情報を集約し、メンバーがいつでも簡単にアクセスできるようにすることが重要でした。

「データを安全に管理するためのシステムが必要でした。原材料に関するデータがそろっていなかったり、ドキュメントが不足していると、商品の承認を進めることができません。すべての商品でコンプライアンスを遵守することが求められています」とCumberland氏は話します。

商品の仕様に関する膨大なデータを管理し、各商品で厳しい規制に確実に対応するために、MECCAは化粧品&パーソナルケア用品用Centric PLMを導入することを決定しました。

顧客に最高の商品を届けるためのPLMソリューション

「目まぐるしく変化する業界でビジネスを行う当社には、最新で最高の化粧品を常にスピーディにお客様に提供するために、迅速に対応することが求められています。Centric PLMのおかげで、すべての商品の履歴や構成を把握できるので、これまで以上にすばやく対応できるようになりました」とCumberland氏は説明します。

 

「化粧品の表示を管理して、国ごとに成分や表示の規定を設定し、世界的な原材料のライブラリを作成することが可能になりました」

各ブランドと密に協業

新商品をリリースする際は、全成分(BOMS)とデザインなどの必要書類を各ブランドに共有してもらいます。これらの情報は自動でCentric PLMにアップロードされるので、コンプライアンスチームは“クルーエルティフリー”などを裏付ける書類など、不足しているものがないかすぐに確認することができます。

Cumberland氏は「商品を販売する場所で認可されていない成分が含まれていないかをすばやく確認することができるので、とても便利ですし、これは非常に重要なことなのです」と加えます。

商品をよりスピーディにリリース

「Centric PLMを使って1ヶ所でレビューを実施することで、商品の承認を以前よりスピーディに進めることが可能になりました。追加のデータが必要だとわかれば、すぐにブランドに連絡することができます。後になってから必要なデータが足りないことが発覚し、遅延が発生するようなことはありません」とCumberland氏は語っています。

詳細を見る

すべての事例を見る