ログイン         |

   |

X

Secure Customer Login

Forgot your password?
1
22 5月, 2017     この記事は 9 分で読めます

Centric PLMが商品開発プロセスを改善する3つの理由:CamelBakの導入事例

1989年に創業し、現在では先進的なハイドレーションシステムで世界をリードする存在へと成長したカリフォルニアの企業CamelBakは、「よりスマートに働いて、よりよい商品を作る」ことの重要性を認識していていました。PLMマネージャのPaul Rattay氏は、商品をスケジュール通りにコスト効率の高い方法でリリースしようとした時に、問題が起こりがちだったと話します。Paul氏は、PLMを導入することで「スピーディに作業して、全員でよりより商品を作り上げる」という会社のニーズに応えられると考えていました。様々なPLMを徹底的に調査した結果、CamelBakはCentric PLMを選びました。

機能を強化し、さらに使いやすくなったCentric PLM V6が、商品開発プロセスを改善できる理由を、CamelBakの事例を基に検証していきましょう。

社内外の連携や協業の強化

CamelBakをはじめ、アパレルやコンシューマグッズ業界の商品開発プロセスでは、社内外で連携して協業することが非常に重要です。新商品を開発する際には、大きな損失を生むようなミスや作業の重複を防ぎ、部門間で連携して、効率的に業務を進める必要があります。

CamelBakは、Centric PLMを使って、情報を1ヶ所に集約して管理することで、データの重複がなくなり、部門間の協業を強化できました。そして社内のコミュニケーションを改善して、各地にあるオフィスや生産拠点とも情報を共有できるようになりました。現在では、業務量や結果を可視化することができ、商品開発に関わる全員がハッピーになりました。これらはシステムを使わずに実現することはできません。

規制やコンプライアンスへの対応

変化の激しいファッション業界に限らず、小売り・フットウェア・ラグジュアリーブランド・アウトドア・コンシューマグッズ業界でも、規制やコンプライアンスの要件に対応するのは大変です。CamelBakはその商品の特性上、厳しい要件に対応することが求められていました。グローバルにビジネスを展開する企業にとって、コンプライアンスの要件に対応することは大きな課題です。国内の基準だけでなく、様々な国ごとに設定された基準に対応しなくてはなりません。

 

 

また、各商品ごとに複雑なドキュメントを作成し、素材や商品のテストも実施する必要があります。安全基準を満たしているかの監査を定期的に受けているCamelBakは、これらのドキュメントをCentric PLMに保存しています。この種のドキュメントをネットワーク上に保存するのはほぼ不可能なので、正しく管理するためにはPLMが必要です。変わりゆくコンプライアンスや基準への対応に四苦八苦していませんか?その問題は、Centric PLMで解決できます。

商品化の時間短縮

商品の品質を保ちながら、他とは違う商品をよりスピーディに市場に投入することは、どの企業にとっても課題になっています。しかし、Centric PLMを導入したCamelBakは違います。

ファッション業界では、他のどの業界よりも、商品を差別化し、いち早く市場に投入することが求められており、それがビジネス成長のための鍵となっています。PLMを使えば、複雑な業務をシンプルにし、プロセスを標準化することが可能です。ビジネスの成長のために、プロセスを効率化したいと思いませんか?

PLMを導入する以前のCamelBakは、商品開発プロセスにたくさんの人手が必要で、情報が統一されておらず、ミスを誘発する環境でした。しかし、Centric PLMを導入したことで、社内外の連携や協業を改善して、変化するコンプライアンス要件にも対応できるようになり、商品化にかかる時間も削減できました。柔軟性が高く、ニーズに合わせて構成できるCentric PLMは、あなたの会社も救うことができます。さあ、PLMへの第一歩を踏み出しましょう!

個別デモをリクエストする

イベント情報を見る

CamelBakのオンデマンドウェビナーを見る

Share this article