ログイン         |

   |

X

Secure Customer Login

Forgot your password?
1
18 4月, 2019     この記事は 12 分で読めます

PLMで小売りのトランスフォーメーションを進めブランドの寿命を延ばす5つの方法

大規模で、煩雑で、コストがかかる小売りのビジネスは、クルーズ船に例えることができます。小売りのトランスフォーメーションとは、その船を方向転換させるようなもので、簡単なことではありません。しかし、熾烈な競争を勝ち抜き、ブランドの寿命を延ばすためには、時代の流れに対応して変革を進めることが重要です。

期待に応えられない商品を発売したり、商品開発や調達にExcelやメールを使っていたり、品質基準が低下したりしていては、船のスピードは落ちて、コースを外れてしまいます。製品ライフサイクル管理(PLM)を活用して、成功への回路を進むための5つの方法をご紹介します。

1.ヒットする新商品をリリース

残念なことに、新商品の約50%は営業目標を達成できていないのが現実ですが、PLMを使えば、販売計画を集約して管理し、早い段階で状況を把握して目標を設定することで、商品のヒット率を上げることが可能です。

PLMを活用すれば、シーズン計画に対しての進捗を把握し、ターゲットを達成できていない商品を洗い出して、商品構成をスピーディに最適化することができます。決断を下す前に、”もしこうならどうなるか”をシミュレーションして、商品のコストが利益や価格に与える影響を計算できるので、想定で判断する必要がありません。

また、PLMを使えば、様々な言語の商品説明や通貨を簡単に管理できるので、悩みの種になりがちな地域ごとの商品やパッケージのカスタマイズ作業にも対応でき、グローバルな成長を加速することができます。

2.プライベートブランドやホワイトラベルの開発

プライベートブランドやホワイトラベルは、利益をコントロールしやすいため、利益率が通常の商品よりも高くなる上に、最近は購入する消費者も増えています。

PLMを使って、通常の商品とプライベートブランドを含むすべての商品の全体像を把握することで、ブランドを強化するためにプライベートブランドを投入すべきカテゴリーを見つけ出すことができます。

またプライベートブランドは、一から作ったり、サプライヤと共同開発したり、調達したりと、様々なパターンがありますが、PLMを使えばどのパターンでも商品開発を最適化することができます。データ入力作業をなくして、ミスを減らすことで、幅広い商品をよりスピーディにリリースすることが可能になります。さらに情報を一ヶ所に集約することで、デザイナーや商品開発担当者が、販売部門やサプライヤと効率的に連携し、商品の最新の情報を共有することができます。

5 Ways PLM Empowers Retail Transformation & Brand Longevity-Centric PLM

3.調達をボリュームアップ

多くのサプライヤと取引をしている場合は、どのサプライヤの条件が一番なのかを確認するために、Excelで情報を管理しなくてはなりません。逆に取引するサプライヤ数が少ない場合は、欠品して商品棚に物がない状態にならないように、注意深くコミュニケーションを行う必要があります。

どちらの場合もPLMを使えば、すべての商品のデータを集約することで、商品や素材の調達を最適化し、Excelや大量のメールを使ったやり取りをなくして、サプライヤとのコミュニケーションを大幅に改善できます。

さらにPLMを使えば、サプライヤへのリクエストをまとめて送信して管理し、RFQの回答やコメントを自動で集計できるので、ボリュームの多い調達や工場からの直接の仕入れにも対応できます。

4.品質に注力

品質管理機能を搭載したPLMを使えば、開発する商品数が増え、作業スピードがアップする中でも、一定の品質を確保して、ブランドの評判を守ることができます。

PLMの中には、品質管理用のモバイルアプリが利用できるものもあり、それを使えばスタッフ全員がリアルタイムで品質検査の情報を確認することが可能になります。モバイルアプリは、オンラインでもオフラインでも利用でき、結果や画像を自動でPLMにアップロードできます。

スケジュール管理機能を使えば、検査を担当する部門にタスクを割り当てることができ、さらに最新の正確な情報を使って、簡単にレポートを作成して、全部門に共有することも可能です。

5.ブランドイメージの統一

商品の販売や顧客サービスという観点で、すべての店舗が同じレベルで対応できているかを確認するのは、難しいケースもありますが、店舗での販売に対応したPLM用モバイルアプリがあれば、店舗でレビューを実施し、顧客のエクスペリエンスがブランド標準や商品の陳列基準を満たしているのかを、簡単に確認できます。

PLM用モバイルアプリを使えば、業務部門が店舗でのレビューを実施する際に、モバイルデバイスを使って結果を記録し、写真を撮って、レポートをアップロードすることができるので、時間を節約して、精度を向上することができます。レポートや改善策はPLM内の店舗情報に即時に添付されるので、後でフォローすることも可能です。

適切なシステムを使えば、小売りのトランスフォーメーションを成功させて、ブランド力を強化し、ブランド価値を向上して、競争に打ち勝つことができるのです。

Big LotsLoblawsAckermansなどの企業が、PLMを活用して小売りのトランスフォーメーションを実現した詳細にご興味がある方は、ケーススタディをご覧いただくか、PLMのデモをお申込みください。

Share this article