ログイン         |

   |

X

Secure Customer Login

Forgot your password?
1
16 2月, 2018     この記事は 13 分で読めます

小さな服に大きなチャレンジ:子供服メーカーがCentric PLMで業務を効率化する方法

他のファッションビジネス同様、子供服メーカーも消費者のニーズに対応しながら、よりスピーディに商品化することへのプレッシャーを抱えています。子供服でも、大人と同じようにサイズがぴったりでトレンドに合った商品が求められていますが、子供服メーカーは、子供服特有のサイズの問題や、コンプライアンスの対応という課題も抱えています。子供やその親の心を捉える商品を作っているのに、疲弊しているあなたを、商品ライフサイクル管理(PLM)がサポートできるかもしれません。

子供服特有の課題

乳幼児や子供、ティーン向けの服は、厳格な規制やコンプライアンスへの対応が求められます。特に小さい子供向けの商品には、有害な化学物質や染料だけでなく、簡単に取れたり飲み込んでしまうような付属品の利用も避ける必要があるため、デザインや商品開発、調達には細心の注意が必要で、プロセスも複雑になります。

そして、サイズも大きな課題です。限られた年齢向けの商品だけを扱っている場合を除いて、子供服は幅広いサイズに対応することが求められます。さらに、国や地域によってサイズ感も異なるため、中国の7歳児向けの商品が、アメリカの7歳児にフィットするとは限りません。

このような状況の中で、素材やデザインを管理するのは非常に難しく、複雑な計算や、大量のサンプルや書類の作成、ファイルの管理が必要になります。データの間違いがないように細心の注意が必要になり、サプライヤとも大量のメールをやりとりしなくてはなりません。

情報を集約して管理

PLMを使えば、これらの情報を効率的に管理できます。バージョン管理やデータの入力ミス、情報の散乱などアパレルビジネスの問題を解決し、商品化までのスケジュールをやコストを正しく管理することが可能です。

PLMは、デザインから販売まで商品に関するプロセスを円滑に進めるための基盤となるシステムです。PLMに情報を集約して管理することで、商品に関わるスタッフ全員が、常にリアルタイムで最新の情報を参照して、スムーズにコミュニケーションできるようになります。さらに、データを手入力する作業を削減して、コンプライアンス関連のドキュメントを管理して更新することもでき、コストシミュレーション機能を使って、必要な原材料の量などもすぐに計算できます。

ここからは、世界の子供服メーカー2社が、PLMで課題を解決した事例をご紹介します。

Tape à l’Œil (TAO)

フランスの子供服ブランドTape à l’Œil は、商品化のリードタイムを削減して、ミスを減らし、部門間でよりスムーズに連携するための方法を模索していました。Centric PLMの導入を決定したTape à l’Œilは、たった6ヶ月でスケジュール通りに予算内で導入を完了し、以下のことを実現できました。

  • 全カテゴリ3,500の商品をPLMで管理
  • データの精度が向上し、商品、価格、店舗レイアウト、カテゴリーなどの情報を自動で関連付け
  • フランスの本社と各国の拠点、サプライヤ、パートナー企業とシームレスに情報を共有

Image Courtesy by Tape à l’Œil

Ackermans

南アフリカの小売り企業Ackermansでは、商品情報の管理にプリントアウトした書類やExcel、メールを使っていました。最新の情報が管理できないことで、コミュニケーションが円滑に進まず、監査も複雑になってしまい、部門間で業務の標準化もできていませんでした。そして、時間をかけて商品コストを計算しても、途中で為替レートが変わって、情報が古くなってしまうこともありましたが、Centric PLMを導入したことで、以下を実現できました。

  • デジタルトランスフォーメーションを実現:購買プロセス全体でPLMを活用
  • 数週間かかっていた利益の計算が数秒でできるように
  • 2日かかっていた入札書類の作成が、2時間でできるように
  • 為替レートを自動でアップデート
  • サプライヤとのやり取りにPLMを活用し、責任が明確になり監査も可能に

Image Courtesy by Ackermans

PLM導入のメリット

PLMで正しいデータ管理を行うことで、子供服メーカーが抱えるコミュニケーション・コラボレーション・コンプライアンスの3Cの問題を解決し、適切なタイミングで商品をマーケットに投入することが可能になります。

子供服ビジネスを理解し、業界特有の問題や課題をを熟知したCentric Softwareに、ぜひ一度ご相談ください。

Share this article