ログイン         |

   |

X

Secure Customer Login

Forgot your password?
1
7 6月, 2019     この記事は 12 分で読めます

調達の魔法:調達でサプライチェーンの課題に対応する方法

ビジネスの成長のためには、サプライチェーンを見える化して管理することが重要ですが、グローバルなサプライチェーンを効率的に管理するのは、簡単なことではありません。しかし、調達部門のマネージャが睡眠時間を削る必要もありません。適切な戦略とシステムがあれば、信頼性の高いデータに基づいて判断を下し、プロセスを最適化することができます。

コンプライアンス・コンプレッション(圧縮)・キャパシティ(生産能力)

政府や各機関が制定する貿易協定には、頻繁に新しい規約が追加されるため、常に最新の情報を確認して、コンプライアンス要件に対応するのは難しくなってきています。そのため、多くの企業が法律を遵守するための業務に、人員を割り当てています。

また、消費者が多くの選択肢から購入するものを選べるようになった今では、利益の圧縮も大きな課題です。商品を購入する際には価格が重視されるため、値上げが難しい一方で、生産のコストは上昇しているため、無駄をなくして、商品にかかる総コストを削減するための戦略が求められています。

さらに調達部門のマネージャは、工場の生産能力も考慮しなくてはなりません。中国は世界最大のコンシューマグッズの生産国ですが、国内向けの生産も年々増えています。アパレルブランドは生産能力を競って、ベトナム・バングラディシュ・エチオピアなどの新興国に新たな生産拠点を求めています。

Centric PLM - Sourcing

調達の課題に対応するための戦略

リアルタイムに連携して協業することが、調達の課題に対応するための1番の戦略です。世界中どこでも、場所や時間を問わずに仕事ができる時代になり、プライベートでもリアルタイムのコミュニケーションをとっている中で、仕事ではそれが叶わないとなると、イライラしてしまいます。

特に、デザイナーがいる場所と生産地が遠く離れていることが多いファッション業界やコンシューマグッズ業界では、この問題が顕著です。モバイルツールを活用し、リアルタイムに連携ができれば、いつでもどこからでもデータにアクセスしてアップデートすることができます。その際には、情報を一ヵ所に集約して、同じシステム上で連携することが重要です。

頻繁に追加がある規定や協定の問題には、工場の監査やベンダーのコンプライアンス対応、ベンダーの調達、品質管理の状況を把握して、コンプライアンスの課題を簡単に管理する方法が求められています。これらの情報は、定期的にアップデートして、簡単にアクセスできるようにしておく必要があり、コンプライアンス関連のデータを1ヶ所にまとめて管理することが重要です。

そして、商品に関してたくさんの選択肢を持っている消費者と同様に、サプライヤも仕事を受ける企業を選ぶようになっています。状況を可視化し、サプライヤにより近いところで、精度の高いデータを使ってリアルタイムに連携することが、調達を最適化するためのポイントです。

調達を1つのシステムで

製品ライフサイクル管理(PLM)ソリューションを導入していない企業では、Excelやメールが使われていますが、作業に時間がかかって非効率的なだけでなく、バージョン管理や状況の見える化に大きな問題が発生してしまいます。

Centric PLMを使えば、情報を一ヶ所に集約して、精度の高いデータをリアルタイムに活用できます。世界中どこからでもデータにアクセスでき、タイムゾーンをまたいで連携できるので、もう古いデータを使って経験や勘に頼った意思決定を行う必要はありません。

Centric PLMの調達モジュールを使えば、コンプライアンス関連の書類やサプライヤの実績、サンプルの状況や監査を1つのシステム上で管理できます。さらに、Centricのデジタルサンドボックスでコストの仮説検証を行えるので、工場や素材、その他の要素の選択が総コストに与える影響を、事前に簡単に検証することができます。

Centric PLM - Sourcing

サプライヤとよりよい関係に

状況を見える化することで、最もコスト効率がよいサプライヤを簡単に見つけたり、複数のサプライヤにオーダを分散させることもできます。調達モジュールを使って状況を可視化し信頼性を高めることで、サプライヤにとってより魅力的なパートナーとなることができ、生産能力をキープすることができます。そしてサプライヤとの連携を強化するために、サプライヤにもPLMを使ってもらうこともできます。

Centric 8 PLMは、サプライヤと一緒にデザインを進め、完成品をサプライヤから仕入れるブランド・小売り・マルチカテゴリー小売り向けに、大容量の調達をサポートする機能を搭載しています。この機能を使えば、デザインの情報を複数のサプライヤやエージェントに一斉に送信し、Centric 8内でデザインを管理して調整を加え、シームレスに商品開発をスタートすることができます。そうすることで商品のイノベーションを加速して、より多くの商品をリリースすることが可能になります。

Excelにある古いデータを使って判断を下したり、前の見えない暗闇の中を進んだりする必要はもうありません。調達部門のマネージャがもっと簡単に休めるように、経験豊富なCentricのエキスパートが、ファッション・小売り・コンシューマグッズ企業が抱える調達の課題に対応します!

詳細にご興味がある方は、ぜひ個別のデモをお申込みください

Share this article