ログイン         |

   |

X

Secure Customer Login

Forgot your password?
1
31 7月, 2019     この記事は 10 分で読めます

データ管理に改革が必要?インテリア業界にCentric PLMが必要な3つの理由

By Centric Software SMBセールスディレクター Brian Kim

大量のメールやExcelの中から商品の詳細情報を探し回ったり、ファイルのバージョン管理のミスから生じた問題に対応したり、商品開発の雑務に対応していては、インテリア用品や家具業界のトレンドに合った商品をリリースすることは難しくなります。

Centricの製品ライフサイクル管理(PLM)を使えば、商品のコンセプト作りから販売まで、商品に関する情報を一ヶ所に集約して、煩雑なデータ管理を卒業し、プランニング・デザイン・開発・生産・小売りのプロセスを変革することができます。

今回はCentric PLMを使って、すばらしい商品をスピーディに消費者のもとへ届けるための3つの方法をご紹介します。

1. 最新のトレンドに合った商品をリリース

インテリアのトレンドは、ファッション業界と同じスピードで変化しており、消費者の期待に応えるためには、継続的に進化していくことが求められています。そして変わりゆくトレンドに対応するためには、商品開発や発売までのプロセスをスピーディに進める必要があります。

Centric PLMを使って商品のライフサイクルを管理すれば、スピーディに連携して協業することが可能になります。そしてすべての情報をシステムで管理して、リアルタイムにアップデートできるので、サプライヤの詳細情報を探し回る必要もありません。データの入力作業やミスを大幅に削減して、スタッフ全員が次に何をすればいいのかを明確に把握できるようになります。

中国のインテリア用品メーカーYour Moonは、研究開発を強化するためにCentric PLMを活用しています。以前は研究開発の担当者が締切りに追われて、データを処理するために残業をしていましたが、Centric PLMを導入したことで、スケジュールを効率的に管理し、作業を効率化して、研究開発から次のステップに、よりスピーディに進められるようになりました。

2. 商品開発を最適化して、幅広い商品を開発

インテリア業界では、カーテンなどの布製品から、キッチン用品、寝具、バス用品、DIYグッズなど幅広い商品を取り扱いますが、ファッション・アパレル・コンシューマグッズ業界に特化したソリューションCentric PLMを使えば、幅広い商品のデザインや商品開発を柔軟に管理することができ、新しいラインの立ち上げも簡単に管理できます。

ビジネスが成長し、取り扱う商品が増えるにつれて、増加の一途をたどる商品データを管理するためのシステムが必要になります。Centric PLMは、素材のライブラリと併せて商品のデータを履歴も含めて管理できるため、過去の商品のデータを活用して、新しい商品をすばやく作り上げることも可能です。

南アフリカの小売りWoolworthでは、ビジネスが成長して商品数が増え、取引する国が拡大する中で、PLMのニーズも高まりました。そして、ホームビジネスでCentric PLMを導入することで、コレクション管理を簡素化して、商品化のリードタイムを削減し、状況を見える化して、新商品の発売や新しいエリアへの参入がより簡単にできるようになりました。

またアメリカのインテリアブランドUniekは、スタッフの数を増やすことなくSKU(ストックキーピングユニット)を増やすために、Centric PLMを導入して、新商品をリリースするプロセスを最適化しました。その後商品の種類は50%増え、SKU数も1,200から3,000まで増加しましたが、新商品の設定にかかる時間は1週間から2日に短縮することができました。

3. 社内外の連携を強化して、成長を促進

インテリア業界ではビジネスが拡大するにつれて、離れた場所や時差のある場所にある部門やサプライヤとのやり取りや調達が増え、業務が複雑化します。Centric PLMで情報を一ヶ所に集約することで、社外のサプライヤも含めて全員がシステムにアクセスして、同じ情報を参照し、シームレスに連携して協業することが可能になります。

ドイツのアパレル・インテリア用品サプライヤーErnsting’s familyでは、ビジネスの継続的な成長に対応するために、社内外のプロセスを最適化する必要がありました。現在ではCentric PLMを使って、大規模な調達部門と世界中のサプライヤが協業し、部門間で連携することで、商品開発プロセスを効率化して見える化し、新商品の開発に集中して取り組める環境が整いました。

またフランス生まれの壁紙とインテリアのスペシャリスト4mursでは、Centric PLMを導入したことで、購買部門と商品マネージャが、素早く意思決定できるようになりました。さらに、コレクション計画ツールを活用することで、各商品によって異なる開発サイクルを効率的に管理し、適切なタイミングで商品をリリースすることが可能になりました。

インテリア業界の様々なニーズやプレッシャーに対応したCentric PLMは、Mud Pie・Uniek・Woolworths・Ernsting’s family・Cofel ・Your Moonなど、写真立てから寝具まで様々案商品を扱う企業に世界中でご利用いただいています。

インテリアビジネスをサポートするCentric PLMにご興味を持っていただけましたか?

デモを申し込む

 

Share this article