|



17 7月, 2018

Urban RevivoがCentric PLMでコストを削減しスピーディな商品化を実現

2018717 カリフォルニア州 キャンベル発Centric Softwareは、Urban RevivoのPLM導入事例をご紹介するサクセスストーリーをリリースしました。

 

2006年に創業したUR(Urban Revivo)は、その後ビジネスが大きく成長し、現在では中国No.1のファストファッションとなりました。”ファストラグジュアリー”をコンセプトに、高級感を感じられるファッションを、手頃な価格で販売することを目指しており、メンズ・レディース・キッズ向けの衣類とアクセサリーを、手の届く価格帯で販売しています。

 

中国国内と海外で200を超える店舗を展開しているURは、シンガポールにも新たに拠点を開き、2018年にはロンドンに初となるアジア圏外の店舗を開設しました。そして2020年には全世界で400店舗を開くことを計画しています。

 

URのシニア購買ディレクターLi Ri Mei氏は、ここ10年間でビジネスが急激に成長したことで、大きな課題が発生したと話します。

 

「情報を管理し、デザイン部門とプランニング部門との間でコミュニケーションするためのシステムがありませんでした。データの精度を上げて誰もが参照できるようにし、チーム間の連携や協業を強化する方法を模索していました」

 

「Centric PLMが、商品化のリードタイム、コストやミスを削減に貢献してくれていて、既に導入の効果を実感しています。例えば、以前はデザイナーやMD部門はコレクションの準備に10日かかっていましたが、今では3~4日に短縮できました」とZhang氏は続けます。

 

「URは2021年までに売上100億元を達成するという壮大な計画を掲げています。変化の激しい市場のニーズに対応するために、URでは、商品を第一に考え、管理手法を改革し、テクノロジーを活用するという3つの戦略を掲げています。ビジネスの成功のためには、革新的な商品の開発が重要になるので、メンズ・レディース・キッズ・アクセサリの各部門と、新たに立ち上げたファッションスポーツブランド部門での商品管理の改善にCentric PLMが貢献してくれると考えています」

 

詳細は、こちらをご覧ください。

 

 

UR (Urban Revivo) (www.urbanrevivo.sg)

2006年に創業し、“ファストラグジュアリー”をコンセプトとして掲げているURは、ここ10年間で急激な成長を遂げており、中国国内外で160店舗を展開しています。シンガポールにも拠点を開設し、海外でのビジネスも拡大しており、2020年までに世界で400店舗を展開する予定です。

 

 

Centric Software (www.centricsoftware.com)

シリコンバレーを拠点とし、世界にオフィスを展開しているCentricは、ファッション、小売り、フットウェア、ラグジュアリーブランド、アウトドア、コンシューマグッズ業界の多くの企業のデジタルトランスフォーメーションをサポートしています。マルチデバイスでタッチ操作できるデジタルボードCentric Visual Innovation Platform (Centric VIP) は、商品戦略の策定やアイデア作成の作業をデジタル化し、クリエイティブな商品をスピーディにマーケットに投入するサポートをします。そして、代表的な製品ライフサイクル管理 (PLM) ソリューションCentric8は、変化の激しいお客様の環境に合わせた販売計画、商品開発、調達、事業計画、品質管理、コレクション管理の機能を備えています。中小企業向けにも、革新的なテクノロジーと業界の専門知識に基づいて設計されたPLMソリューション Centric SMBを提供しております。さらに、Centricは世界初となるPLM用モバイルアプリを開発しました。

また、Centricは2012年のFrost & Sullivan Global Product Differentiation Excellence Awardのファッション・アパレル業界向けPLM部門、2016年のFrost & Sullivan Global Product Differentiation Excellence Awardのファッション・アパレル業界向けPLM部門をはじめ、業界のアワードを数多く受賞しており、米Red Herring社が世界で最も革新的なテクノロジーベンチャー企業に贈るRed Herring Top100 Globalを2013年、2015年、2016年の3度に渡って受賞しています。

CentricはCentric Software社の登録商標です。また他のブランド名や商品名は各ブランドの商標登録である場合があります。

Share this page

イベント情報