ログイン         |

   |

X

Sign in to our support centre

If you have received an invitation to our new help desk, click here to launch in a new window


If you are using our legacy system, please sign in below

Forgot your password?
1


5 9月, 2017

アシックスがCentric PLMの導入を完了

20179月5日 カリフォルニア州 キャンベル発 – Centricアシックスが、スケジュール通りに予算内でCentricの製品ライフサイクル管理(PLM)の導入を完了したことをお知らせします。Centricは、ファッション、小売り、フットウェア、ラグジュアリーブランド、アウトドア、コンシューマグッズ業界など幅広いお客様にPLMソリューションを提供するリーディングカンパニーです。

アシックスは、各種スポーツ用品等の製造および販売を基幹事業とし、グローバルにビジネスを展開しています。アシックスは、1949年に鬼塚喜八郎氏が創業しました。鬼塚喜八郎氏は、古代ローマ時代の風刺詩人ユベナリスの名句「Anima Sana In Corpore Sano(健全な身体に健全な精神があれかし)」という言葉に感銘を受け、スポーツを通して青少年の健全な育成に貢献することを志しました。アシックスは現在でもその精神を引き継いでおり、トップアスリートのニーズに応えるのみならず、すべてのお客様に質の高いライフスタイルを実現する商品・サービスを提供し、グローバルで高機能スポーツ用品のマーケットをリードしています。

アシックスのグローバルIT部門 SCMソリューションチームのマネージャー水本 貴博氏は「大規模でグローバルな業務に対応し、大勢のメンバーを巻き込んで進めるPLM導入プロジェクトは、大きなチャレンジになると認識していました。しかし、Centricは期待に応えてくれて、無事にPLMを使い始めることができてうれしく思います」と話します。

 

アシックスは、アシックス・オニツカタイガー・アシックスタイガーの3ブランドでCentric PLMのフルスイートを利用しています。まず最初の運用シーズンを通じて、すべてのグローバルプロダクトとその材料をCentric PLMで管理し始めました。「スケジュール通りに予算内で導入できたのには、いくつかの要因があると思います。まず何より、経験が豊富なCentricの導入チームのおかげで、業界や技術面のベストプラクティスが活用できたことです。次に、Centric PLMはカスタマイズが不要で、ニーズに合わせて構成できたことです。最後に、Centricのアジャイルデベロップメント手法SMで、微調整を行いながら少しずつ展開を進め、アシックスのチームにスムーズに引継ぎができたことです」と水本氏は語ります。

また、水元氏は「Centric PLM導入の成果を既に実感できています。商品企画部門と開発部門が一つのシステムを使って連携することで、簡単に効率的にコミュニケーションできるようになりました。そして、不要な反復業務をなくして、データ分析を素早く行えるようになり、データを可視化できて信頼性も上がりました。アシックスは世界でビジネスを展開しており、地域別の商品を含むアパレル・フットウェア・アクセサリービジネスの全体像を把握しやすくなりました。生産拠点とのコミュニケーションも大きく改善でき、サイズやコストの情報を管理しやすくなりました。業務の様々な面を統合して効率化し、スピードアップすることができました」とコメントしています。

「PLMの導入は、広範囲なエリアで進める複雑なプロジェクトでしたが、Centricのメンバーは、知識が豊富で高い能力を持ったプロフェッショナルであることを確信しています」と、水元氏は締めくくります。

Centricのプレジデント兼CEO、Chris Grovesは「アシックスがCentric PLMの導入を無事に完了し、既に業務の効率化やスピードアップという大きな成果がでたことを非常にうれしく思います。PLMプロジェクトを次のステージに進め、今後もアシックスとのパートナーシップを継続していくことを楽しみにしています」とコメントしています。

 

ASICS (www.asics.com)

ラテン語の「Anima Sana In Corpore Sano (健全な身体に健全な精神があれかし)」の頭文字を社名にもつ同社は、現在でもその精神を引き継いでいます。鬼塚喜八郎氏が創業して60年以上がたった現在、「スポーツでつちかった知的技術により、質の高いライフスタイルを創造する」のビジョンのもと、主力のスポーツ用品に加え、「オニツカタイガー」ブランドなどでライフスタイル市場向けの商品をグローバルで展開しています。詳細については、ウェブサイトwww.asics.comをご覧ください。

 

Centric Software (www.centricsoftware.com)

シリコンバレーを拠点とし、世界にオフィスを展開しているCentricは、ファッション、小売り、フットウェア、ラグジュアリーブランド、アウトドア、コンシューマグッズ業界の多くの企業のデジタルトランスフォーメーションをサポートしています。マルチデバイスでタッチ操作できるデジタルボードCentric Visual Innovation Platform (Centric VIP) は、商品戦略の策定やアイデア作成の作業をデジタル化し、クリエイティブな商品をスピーディにマーケットに投入するサポートをします。そして、代表的な製品ライフサイクル管理 (PLM) ソリューションCentric8は、変化の激しいお客様の環境に合わせた販売計画、商品開発、調達、事業計画、品質管理、コレクション管理の機能を備えています。中小企業向けにも、革新的なテクノロジーと業界の専門知識に基づいて設計されたPLMソリューション Centric SMBを提供しております。さらに、Centricは世界初となるPLM用モバイルアプリを開発しました。

また、Centricは2012年のFrost & Sullivan Global Product Differentiation Excellence Awardのファッション・アパレル業界向けPLM部門、2016年のFrost & Sullivan Global Product Differentiation Excellence Awardのファッション・アパレル業界向けPLM部門をはじめ、業界のアワードを数多く受賞しており、米Red Herring社が世界で最も革新的なテクノロジーベンチャー企業に贈るRed Herring Top100 Globalを2013年、2015年、2016年の3度に渡って受賞しています。

CentricはCentric Software社の登録商標です。また他のブランド名や商品名は各ブランドの症状登録である場合があります。

Share this page

イベント情報