|



25 5月, 2021

Wicked FoodsがCentric PLM™で業務を効率化

2021年5月25日 カリフォルニア州 キャンベル発 – プラントベースの食品ブランドWicked Foodsが、Centric Software®の製品ライフサイクル管理(PLM)ソリューション、Centric PLMの導入を決定しました。Centric Softwareは、アパレル・フットウェア・スポーツグッズ・家具・インテリア用品・化粧品・食品・ラグジュアリーブランドなど様々な業界のお客様が、デジタルトランスフォーメーションを実現して戦略的ゴールを達成するために、計画・デザイン・商品開発・調達・販売をサポートする革新的なソリューションをご提供しています。

シェフのDerekとChadのSarno兄弟が創業したWicked Foodsは、プロ品質の革新的なプラントベース食品を一般の人々に提供することをミッションに掲げています。商品はイギリスのスーパーマーケットTescoでWicked Kitchenのブランド名で販売されており、2021年7月にはアメリカでも発売予定です。Wicked Foods のCOO、Paul White氏は「200万人を超えるWicked Foodsのファンが、“より多くの人がプラントベースの食事を取り入れることで、動物の犠牲を減らして、思いやりのある社会づくりを推進する”という当社のミッションをサポートしてくれています」と話します。

Wicked FoodsがPLMの導入を決定するまでには、いくつかの課題がありました。White氏は「技術やロジスティクスで最先端を行く世界的な小売企業と協業するためには、複雑なビジネスを管理できる信頼性の高い基盤が必要でした」と話します。Wicked Foodsでは、幅広い商品の開発を詳細にスピーディに進めるために、データを確実に管理する必要がありました。「何十種類もの商品を複数の国で同時にリリースする際には、国によって異なる原材料、ラベル要件、小売のスケジュール、配送形式、サプライチェーン、コンプライアンス基準に対応する必要があるため、Centric PLMのような世界に通用するシステムが必要でした」とWhite氏は語っています。

PLMソリューションの検討を慎重に進めたWickedは、機能性の高いPLMと併せて、適切なパートナーを選ぶことを重視していました。「お客様のニーズにすばやく的確な対応をとることに誇りを持つ当社にとっては、同じ価値観を共有でき、当社が小売企業に対応する場合と同じように、当社のニーズに責任をもって対応してくれる企業をパートナーに選びたいと考えていました」とWhite氏は語ります。

「最終的に、戦略や業務、カルチャーがWicked Foodsにフィットしていて、実績や専門知識、柔軟性のバランスがとれたCentricを選びました。Centric PLMは包括的なだけでなく、ユーザーフレンドリーで直感的に操作できるので、業務を整理し効率化することができます」

Centric PLMを導入することで、Wicked Foodsは世界レベルのDX基盤を構築し、商品開発プロジェクトの精度を向上してスピードアップすることができます。「Wicked Foodsは、一緒に仕事をするすべての人にとって、最高のビジネスパートナーでありたいと考えています。そのために、すばやく効率的に対応するための業務基準を社内外で設けています。食品に関して世界レベルの基準を設けている当社では、消費者が求める透明性や信頼性に応えるために、非常に細かい詳細情報やデータが必要なのです」とWhite氏は話します。

「プロセスでアジャイルに対応し、情報をいつでもグローバルに活用できる状態にして、複雑な詳細情報を継続的にアップデートしていく必要があります。それでこそ、創業当初から貫いてきた嘘のない信頼性の高い方法で、Wicked Foodsのミッションを達成できると考えています。信頼できるCentricがパートナーになってくれたことで、これからはこの想いをグローバルに効率的に展開していくことができます」とWhite氏は締めくくります。

Centric Softwareの代表取締役兼CEO、Chris Grovesは「Wicked Foodsに、難しいデータ要件にも対応できるパートナーとしてCentricを選んでいただけたことを、大変うれしく思います。ファッション、インテリア、小売、コンシューマーグッズ業界での実績に基づいた革新的な機能を搭載している食品用Centric PLMは、リリースしてまだ間もないですが、既に多くの企業にご利用いただいています。ヨーロッパで成功を納めたプラントベース食品の、北米マーケットへの参入をサポートできることを心待ちにしており、今後もWicked Foodsが大きな成長を遂げることを期待しています」とコメントしています。

食品用Centric PLMの詳細を見る

 

デモをリクエスト

 

Wicked Foods (wickedhealthyfood.com/wickedkitchenfoods.com)

Wicked Foodsは、プラントベースのシェフDerekとChadのSarno兄弟が創業しました。プロの品質を実現し、味や食感にこだわったプラントベース食品を提供することで、より多くの人に日々の食事に簡単にプラントベースを取り入れていただくことをミッションに掲げています。

プラントベースの食品を世の中の主流にすることを目標に、煩雑な店頭の食品棚をプラントベースの食品に置き換えてきました。調理に高い基準を設け、イノベーションを進めるWicked Foodsは、とってもおいしい “業界初”の食品を生み出すパイオニアとして活躍しています。

植物の持つ豊かな風味を今までにない形で活かし、ヴィーガンの人もそうでない人にも楽しんでいただける商品でお届けしています。プラントベースの食事には、デメリットはありません!食べれば食べるほど、料理すればするほど、よりおいしく簡単になります。正しいことを行い、人々と地球、そして動物たちすべてにとってプラスになることに取組んでいます。

Wicked KitchenやWicked Foodsについての詳細や、プラントベース食品の活用方法を知りたい方は、 wickedhealthyfood.comwickedkitchenfoods.com、Instagram、Pinterest、Facebookをご覧ください。

 

Centric Software (www.centricsoftware.com)

シリコンバレーに本社を置くCentric Softwareは、健康&美容業界と併せて、小売、コンシューマーグッズ、ファッション、食品など幅広い業界向けに、デジタルトランスフォーメーション(DX)をサポートするソリューションをご提供しています。代表的な製品ライフサイクル管理 (PLM) ソリューションCentric PLMは、変化の激しい時代に対応するための販売計画、商品開発、仕様&組成管理、パッケージ&ラベル管理、調達、品質管理、コンプライアンス、トレーサビリティ、品ぞろえ管理など幅広い機能を搭載しており、市場のニーズに対応した機能の開発を続け、業界最高の利用率を誇っています。また移動中のコラボレーションを可能にする、業界初のPLM用モバイルアプリに加え、業界初のAdobe® Illustratorコネクト機能や3D CADコネクタで、デザイン部門や商品開発部門が使い慣れた2D・3Dのソフトウェアを使いながら、PLMにダイレクトに連携することを可能にしました。さらにCentricのアジャイルデプロイメントSM手法を活用すれば、スピーディに導入を進め、業界最速のスピードで価値を実感できます。リードタイムを短縮し、イノベーションを加速して、コストを削減するためのソリューションをご提供しています。

Centric Softwareは、3Dデザインソフトや3Dデジタルモックアップ、PLMソリューションで世界をリードするDassault Systèmes (ユーロネクスト・パリ: #13065, DSY.PA)の子会社です。

またCentric Softwareは、米Red Herring社が世界で最も革新的なテクノロジーベンチャー企業に贈るRed Herring Top100 Globalを2013年、2015年、2016年の3度に渡って受賞したのを始め、2012年、2016年、2018年、2021年度に受賞したFrost & Sullivanの各種アワードの他、数々のアワードを受賞しています。

CentricはCentric Software社の登録商標です。またすべてのブランド名や商品名は各ブランドの商標登録である場合があります。

Share this page

イベント情報