必要な商品を、売れるタイミングで、売れる場所に – 次世代の品ぞろえ計画ソリューションをご紹介

オンライン / 2022年6月27日

1年以内で3,000万ユーロを節約したGuess®の事例から学ぶ

ご参加いただけない場合は、ご登録いただくと後日録画のリンクをお送りいたします。

ファッション業界大手Guess®では、何千ものSKUをカオスと化したスプレッドシートで管理し、過去のデータは役に立たない状態で、混乱が発生していました。従来の品ぞろえ計画のやり方は、もはや機能しておらず、プランニング、MD、購買、管理の各部門や経営層が、限界の状態でした。

そのような状態にあったGuessは、どのようにして営業利益率を改善して、値下げを削減し、販売価格を引き上げて、従業員の満足度を向上したのでしょうか?

「もし膨大な在庫を抱えていたら、これは実現できませんでした」 – Guessヨーロッパ  グローバル在庫管理部門バイスプレジデント

Guessが以下を実現したソリューションを、ぜひデモでご覧ください。

  • スプレッドシートを使った業務をなくす
  • 各レベルで品ぞろえを最適化
  • ストレスの溜まる作業をなくして人材をキープ
  • 必要な商品を必要な数だけ展開
  • 顧客との距離を縮める

627にオンラインイベント「必要な商品を、売れるタイミングで、売れる場所に:次世代の品ぞろえ計画ソリューションのご紹介」を開催します。Centric プランニングのエキスパートが登壇しますので、ぜひご参加ください!

ご参加いただけない場合は、録画のリンクをお送りいたします。Centric プランニングソリューションのデモをご希望の方は、お問い合わせください。

Share: