|

28 10月, 2021     この記事は 18 分で読めます

PLMで化粧品の商品開発をスピードアップ

化粧品の商品開発をサポートするシステムで、商品化のリードタイムを短縮する方法

化粧品・パーソナルケア用品業界は、ここ数年で根本的な変化を遂げてきました。

ファストファッションの影響で目まぐるしく変化するファッション業界と同じペースで対応するために、化粧品にも商品開発や商品化をスピーディに進めることが求めらています。さらに、eコマースやソーシャルメディアによって、商品は世界中どこからでも購入できるようになるになり、消費者の好みや期待も常に変化しています。

オンラインで購入した商品は、当日か翌日に届くことが“ニューノーマル”となり、トレンドが刻々と変化する中で、ソーシャルメディアのインフルエンサーが大きな影響力を持つようになりました。さらに、業界が混乱し、オンラインや直販モデルの企業が増える中で、消費者はスピード感の合わない企業を見捨てて、最新のトレンドを提供してくれる企業から、ボタン一つで商品を購入するようになっています。

この“ファストビューティー”という新しいカルチャーやグローバル化が、新商品の開発に与える影響は?

将来を見据えたビジネスを行うためには、それなりの対応が求められます。品質が高く革新的で、トレンドにもコンプライアンスにも対応した商品をスピーディにリリースし、複雑な商品ポートフォリオ組成を管理して、利益率を向上し、サプライヤと協業して、完璧なパッケージやラベルを用意しなくてはなりません。

適切なシステムや効率的なワークフローを用意せずに、品質もコスト効率も高く、トレンドに合った商品をスピーディにリリースするのは非常に難しく、化粧品の商品開発を成功させるためには、デジタルトランスフォーメーションが必要となっています。化粧品の商品開発にも、製品ライフサイクル管理(PLM)のように商品開発をサポートするシステムが必須になっているのです。

複雑なデザインや生産を管理し、スピーディに商品化して、グローバルにビジネスを進めたい企業にとって、PLMはパワフルなソリューションです。Centric PLMTMがあれば、組成の管理が必要な商品と雑貨を同時に管理し、革新的な商品の開発を進めることができます。情報を一元管理することで、イノベーションを加速し、協業を強化して、リードタイムを短縮し、消費者との距離を縮めることが可能になります。商品や研究開発の各部門がいつでもどこからもでアクセスして、リアルタイムに協業することができ、企画や意思決定、協業、商品開発をスピーディに進めることで、安全性や品質が高くコンプライアンスにもトレンドにも対応した商品を、素早くリリースすることが可能になります。

新商品開発の主要プロセスをPLMがどのようにサポートできるのか、詳細をご覧ください。

組成の開発

Centric PLMは、商品概要や、組成、リスクアセスメントを管理して、サプライヤに商品の詳細情報を共有し、プロセス全体をスピーディ進めるためのサポートを行います。禁止された素材や成分、原産地などを考慮した上で、各地域の要件に合わせて対応することができます。

例えば、マーケティング部門から最新のトレンド情報を入手したら、PLMでその後のプロセスをスピーディに進めることができます。Centric PLMは、オープンAPIで外部のデータベースと連携できるので、INCI名、CAS番号、化学名、効能、精度やコンプライアンスの禁止事項など、原材料の情報にアクセスすることができます。商品概要やラベルの内容をすばやくアップデートして、法務部や品質管理部門のチェックを受けることが可能です。

Centric PLMのライブラリやテンプレート、外部データベース連携の機能を活用すれば、商品概要の作成にかかる時間を大幅に短縮できます。組成開発での時間短縮は、業務の効率化やコスト削減、リードタイムの短縮につながります。

パッケージやラベル、デザインの管理

パッケージやラベル、デザインの管理は、多くの担当者が関わる複雑なプロセスで、もし途中で止まると、新商品の開発を遅らせることになってしまいます。Centric PLMがあれば、ワークフローやライブラリ、承認プロセスを活用して、商品開発の中でも重要なパッケージやデザインを管理し、スケジュール通りに作業を進めることが可能になります。

PLMのテンプレートを使えば、最新の商品情報を自動で挿入して、社外のエージェントに送付する商品概要をすばやく作成できます。またサプライヤポータルを使えば、新商品の開発で、サプライヤが複数の顧客の商品やパッケージ情報を管理することができ、業務を効率化できます。

ライブラリには、原材料や重量、メーカー情報、画像、原産国などの仕様ごとのプレースホルダを備えたデザインテンプレートが用意されています。地域ごとに特有のフォーマットに合わせてラベルを作成したり、Centric Adobe®コネクトや3D PLMコネクタを使って、パッケージのデザイナやエンジニアが、ネイティブのAdobe Illustratorで作業しながら、簡単にライブラリにアクセスしたり、デザインをPLMに保存したりすることができます。

ワークフローやリアルタイムのデータを活用することで、マーケティング、ラベル、品質、法務の担当者がCentric PLM内でシームレスに連携し、規制に確実に対応しながら、デザインやラベルを作成して、最終承認を行うことができます。

 

 

調達とサプライヤ

新商品を開発する際に、システムを使わずに適切な素材やサプライヤを探し出そうとすると、時間や手間がかかります。Centric PLMがあれば、価格、品質、在庫をすべて考慮した上で、調達のリクエストやサプライヤとの協業を最適化し、商品開発のスケジュールを短縮することができます。ニーズに合わせて構成できるCentric PLMは、技術データを一元管理して協業するためのプラットフォームとして、小売企業や素材のサプライヤ、ラボ、代理店、社内外との共同開発のプロセスをサポートします。

Centric PLMでは、テンプレートを使って簡単に商品概要を作成し、仕様の詳細情報や、販売価格、最小発注数、リードタイムなどサプライヤからの問合せに対応することもできます。コンプライアンスの認証や監査の情報などの詳細情報を含む重要なドキュメントとあわせて、すべてのサプライヤにクリックひとつでリクエストを送信することが可能です。

また、サプライヤからの回答を相互参照することもできます。取引するサプライヤが決定したら、ワークフロー機能が、サプライヤやバイヤー、品質管理担当者を、試作、品質管理、修正、最終化など次のステップへと誘導してくれます。複数の顧客との商品に関するやり取りやドキュメントを管理できるので、納期に合わせて対応することができます。

コンプライアンス、見える化、リスク

商品の品質や規制対応に問題が出れば、せっかく費やした時間やお金が無駄になってしまいます。Centric PLMを使えば、ワークフローにラボを組み込んで、情報に基づいてPLMが必要なテストを提示して、それを確実に実施することで、人為的なミスによるリスクを低減することができます。

また、通知やリクエスト、アップデート、地域の要件に対応したラベル作成などの機能で、品質管理の担当者とラボがシームレスに連携できます。すべてCentric PLMが管理するので、必要なプロセスを飛ばしてしまうこともありません。

品質管理の担当者は、ラボの分析結果やサプライヤからの素材リスト、テスト結果などCentric PLMの情報を使って、承認の判断をすばやく下すことができます。PLMで品質の管理プロセスも最適化することで、商品開発をスピーディに進め、商品が店頭に並んだ後に品質問題でコストが発生するリスクを回避することができます。

商品ポートフォリオ管理

品質が高くトレンドに合った商品をスピーディにリリースして、商品ポートフォリオ管理を最適化し、利益率を最大化するためには、どうすればよいのでしょうか?

Centric PLMを使えば、データに基づいて行う複雑な商品ポートフォリオ管理を最適化して、シンプルに進めることができます。最適な価格や販売する場所などの重要な決定も、PLMを使うことで簡単に答えを出せるようになります。また商品部門は、各商品の更新や変更、販売中止の判断に必要な情報を手にすることができます。

そしてパワフルな商品ポートフォリオ管理機能を使えば、最適なSKU開発や利益率の最大化など、先を見越した判断を下すことが可能になります。

まとめ

化粧品・パーソナルケア用品の企業は、消費者のニーズやトレンドに対応したベストセラー商品を生み出すプレッシャーに追われており、収益を考慮しながら商品ライフサイクルの複雑なプロセスを管理する必要があります。

Centric PLMは、新商品の開発における各プロセスの最適化をサポートします。商品開発を最適化することで、リードタイムを短縮して、ポートフォリオを最大化し、コストを削減して、健全で戦略的な意思決定のために必要な情報を手にして、売上の向上やビジネスを成長を促進することが可能になります。

 

デモを申し込む

Share this article