ログイン         |

   |

X

Sign in to our support centre

If you have received an invitation to our new help desk, click here to launch in a new window


If you are using our legacy system, please sign in below

Forgot your password?
1
20 5月, 2019     この記事は 9 分で読めます

Centricの品質管理モジュールを活用して利益と評判を守る6つの方法

消費者が次から次へと新商品を期待する現代では、シーズンごとにより多くの商品をよりスピーディにリリースすることが求められており、どんどん加速するベルトコンベヤーに乗っているような状態です。そして、単に量を増やせばよいというわけではありません。量と併せて、品質も重視する必要があります。

グローバルにビジネスを行うファッション・アパレル・コンシューマグッズブランドは、商品を販売する国ごとに定められた複雑な品質基準や法律を遵守しなければなりません。そして流れを止めることなく、商品が品質基準を確実に満たしているかを確認する必要があります。

Centric PLMの品質管理モジュールを使えば、品質管理プロセスを効率化して、コスト効率をアップし、安全性や品質の基準に確実に対応して、ブランドの評判を損なう危険を防ぐことができます。

今回は、品質管理モジュールを使うことで、プロセス全体で品質を担保することができる6つの理由をご紹介します。

  1. 法律や基準に対応

Centricの品質管理モジュールを使えば、品質や安全性、コンプライアンスへの対応状況を正しく管理して、国際的な基準に確実に対応し、担当の弁護士を安心させることができます。商品や地域ごとに、自社の基準やCPSIA・REACHなどの法令、各国の安全基準などに対応した品質テストを設定でき、最新のコンプライアンス要件を管理できるので、コンスタントに変更される安全基準に対応し、商品の安全性を担保できます。

  1. 自社の基準に対応

多くの方は、単に法的な基準を満たすだけではなく、よりよい商品を作りたいと考えていると思います。品質管理モジュールを使えば、独自の基準やチャネル特有の基準に合わせて、品質や性能、安全性の目標値を設定でき、すべての商品が自社の基準を確実に満たし、顧客の期待に応えられるものであることを確認できます。

  1. テストの状況を見える化

テストの結果を見える化することで、商品が基準を満たすためにはどこを調整すればよいのかを、簡単に把握できるようになります。品質管理モジュールを使えば、サンプルと商品のテストプロセスを管理し、シンプルに合否を記録したり、特定項目のテスト結果の詳細を確認したりすることができます。

また、アドホックのテストを簡単に作成したり、テスト用テンプレート使ってテストを作成して、その結果を記録し、商品や素材の各種サンプルのテスト結果を比較することもできます。すべての情報を一ヶ所に集約することで、開発プロセスのどの段階でも、テスト結果にアクセスでき、商品業務に関わるスタッフ全員が状況を把握できます。

Quality PLM

4.  問題を事前に検知

品質管理モジュールを使えば、次年度の安全基準に満たない商品を事前に検知することができるので、生産を開始する前に対応をとることが可能になります。またパワフルなレポート機能と分析機能で、意思決定やトレーサビリティを強化することもできます。

  1. 業務を効率化

品質管理モジュールを使えば、初期段階からプロセス全体で、より効率的にブランドや品質の基準に対応することができます。品質管理プロセスを最適化して、ブランドイメージを守り、業務を効率化して、コスト効率を改善することが可能です。そして品質管理部門がテスト結果の確認に使う時間を削減して、よりよい商品を作るための業務に集中して取り組むことができます。

  1. 評判を守る

品質管理モジュールを使えば、ビジネスで最も重要な要素であるブランドの評判を守ることが可能です。商品開発の各ステップで、確実にブランドの基準に対応することができるので、リコールのリスクや、売上や評判に暗い影を落とす品質や安全性の問題を防ぐことができ、最終的には売上にプラスの影響を与えることができます。

安全で高品質の商品を生み出すためのCentricの品質管理モジュールにご興味のある方は、デモをお申込みください。

Share this article