|

22 2月, 2021     この記事は 13 分で読めます

食料品用PLMで調合管理を

調合管理は、食料品の開発で最も重要なものの一つで、生産者や製造者が、プロセスを改善して、コンプライアンス対応を強化し、原材料のトレーサビリティを管理して、利益率を確保し、革新的な商品を作り上げるために必要なロードマップを提供してくれます。これから詳細をご説明します。

調合管理用のシステムを使えば、原材料やレシピのデータ、R&Dのドキュメント、商品開発、規制、生産に必要なすべての情報にアクセスできるようになります。データを活用してレシピを簡単に最適化したり、レシピのバリエーションを増やしたり、ブランドの顔となる個性的な商品をスピーディーに開発することが可能になります。

調合管理機能が搭載されたCentricの製品ライフサイクル管理(PLM)ソリューションを使えば、情報をまとめて管理することで、社内の各部門や社外の関係者が、同じオフィスにいても時差があるほど離れていても、いつでもリアルタイムの情報にアクセスして、即座にコミュニケーションすることが可能になり、協業を強化することができます。

ここでは、PLMで調合管理を行う6つのメリットをご紹介します。そしてCentricの調合管理機能を活用することで、サプライチェーン全体で、安全性やコンプライアンスへの対応を強化して、フレッシュで革新的で高品質な商品をスピーディーにリリースし、商品開発を効率化して変化の激しいマーケットに対応する方法をご確認ください。

 

 

1.  安全基準を遵守

コンプライアンスと安全性は、食料品の開発において基本中の基本となる要素です。サプライチェーン全体でコンプライアンスと安全性のリスクを低減するために、調合管理のシステムが活用されています。

Centric PLMを使えば、クラウドベースのソリューションで、リアルタイムにコミュニケーションを行って、マーケティング、R&D、調達、品質管理、規制管理の各部門でレシピの情報を共有できます。レシピに変更が必要になり、原材料の代替品を探したり、調合を変更したりする場合は、Centricが自動で既存の管理プロセスを調整するので、コンプライアンスに確実に対応しながら、ラベルやドキュメント用に正確なデータを用意できます。

 

2. トレーサビリティを確保

食料品には、原材料の調達先や加工方法、サプライヤのコンプライアンス対応状況など詳細情報を追跡し管理することが求められます。ほとんどの調合管理システムで、主要情報を管理することができますが、重要なのはスピードです。

Centric PLMの調合管理機能を使えば、素材や配合を追跡できるだけでなく、重要な意思決定を、データに基づいて効率的にスピーディーに行うことができます。ERP(エンタープライズリソースプランニング)システムとシームレスに連携することで、問題のある素材やコンプライアンス違反の素材が影響を及ぼす商品を見つけ出すために必要な情報を確認し、生産中、配送中、倉庫で保管中などのステータスを把握することが可能になります。

ERPとPLMを連携するメリットについて詳しく知りたい場合は、こちらのホワイトペーパーをご覧ください。

 

3. 品質管理を強化

食料品メーカーでは、基準を下回る商品を世に送り出すことがないよう、品質を管理するための部門を設置して、すべての商品が基準を満たしていることを確認しています。理論的には実用的に見えますが、組織が縦割りになってしまうと、品質管理や商品開発の部門間で協業して、商品の整合性を確保することが難しくなります。

この問題も、Centric PLMを使えば解決できます。Centric PLMで品質管理に必要なデータをすべてまとめて管理することで、商品開発に関わる人がいつでもリアルタイムの情報にアクセスして、更新し、共有することが可能になります。さらにテンプレートを使って、品質に関するデータを直接取得できるので、商品開発プロセス全体で品質のコントロールを強化できます。商品情報に常に目を向けておくことで、品質に影響を与える問題を見つけ出すことが可能になります。

 

4. ラベル情報を管理

International Food Information Council(IFIC)の調査によると、消費者の69%は、商品の栄養表示を見て、その商品が健康的かどうかを判断しています。一方で67%は、その判断に原材料表示を使っています。この割合の大きさは、パッケージのラベルに精度の高い情報を掲載することが、いかに重要かを示しています。

Centric PLMでデータをまとめて管理することで、パッケージに精度の高い情報を記載することができます。調合やラベルの管理機能を使えば、自動でラベルを作成することができ、新商品や既存の商品に変更を加えた場合には、パッケージ用に商品仕様のテンプレートから自動でデータを取得して、原材料リスト、重量、画像、原産国などの情報のプレースホルダを作成します。また、地域や国ごとの規制や要件が表示されるので、パッケージエンジニアが地域に合わせたラベルを、複数の言語で作成することができます。

 

5. 商品ポートフォリオを最適化

ことわざにもあるように、新しいものを得るためには、まず古いものを処分する必要があります。消費者のニーズやトレンドが目まぐるしく変化する中で、メーカーにはスピーディーに対応することが求められていますが、ラッキーなことに対応する方法はあります。それが調合管理です。

Centric PLMがあれば、R&D部門、商品エンジニア、社外のパートナー企業が商品データにアクセスして、販売や調合の詳細情報を確認することができます。クラウドベースのCentricを使えば、リアルタイムの情報が手に入るので、商品の売れ行きを確認して、変更を加えるかどうかを判断することもでき、もしも答えがYesなら、既に保存されている調合情報を変更して、スムーズに効率的にレシピを最適化することができます。

 

6. イノベーションを強化

食料品ビジネスの利益率は、あまり高くはありません。さらに競争は年々激化し、成長し続けることも難しくなっています。このような状況の中で、企業には変化を受け入れ、システムを活用することでイノベーションを強化することが求められています。そうすることで、ブランドの価値を上げるだけでなく、ブランドを差別化して魅力を強化することができます。しかし製品ライフサイクル管理ソリューションがないと、イノベーションに時間がかかり、目まぐるしく変化するニーズに対応するのは難しくなります。

Centricがあれば、課題を解決できます。Centric PLMは、商品開発を最適化して強化するための様々な機能を提供しています。連携しないシステムや、Excelのレポート、バラバラに管理されたデータの代わりに、すべての情報をリアルタイムに管理することで、ニーズに素早くクリエイティブに対応するための戦略的なプロセスを確立することが可能になります。

 

デモを申込む

Share this article