|

29 6月, 2021     この記事は 15 分で読めます

化粧品とパーソナルケア品の組成管理を完璧に行うために

商品が人気を集める要因はたくさんありますが、大事なのは品質とブランドの評判の2つです。まずは品質が重要で、効果のない商品や品質が低いのものは、どれだけマーケティングに力を入れても売れません。ブランドの評判も重要で、戦略的にマーケティングやPRを行いながら、コンスタントに品質の高い商品を提供することで、厳しい状況でも乗り切られるブランドになります。

化粧品・パーソナルケア用品の業界は、ファッション業界と同様に目まぐるしく変化しており、急激に人気を集めたかと思えば、すぐに注目を失うこともあります。そしてスキンケア製品やビタミンやサプリメントなどの商品は、開発にかかるコストも多くなりがちです。

どうすれば、消費者のニーズや嗜好にあった品質の高い商品をスピーディに開発し、ブランドの評判を上げることができるのでしょうか?その答えが、組成管理です。

組成管理は、化粧品・パーソナルケア用品の商品開発において最も重要な項目の一つです。組成管理を行うことで、データをリアルタイムに活用して、より完璧な組成を用意することが可能になり、安全性や品質、基準やコンプライアンスへの対応、原材料のトレーサビリティを一ヶ所で管理することができます。データを活用することで、組成を最適化し、ベストセラーを利用して様々なバージョンを用意し、安全で品質が高くトレンドに対応した商品をスピーディに商品化することが可能になります。

Centricの製品ライフサイクル管理(PLM)ソリューションを活用すれば、商品情報を一元管理するだけでなく、組成管理を強化することができます。商品開発に関わる各部門が、リアルタイムのデータを活用して、状況を100%見える化し、タイムリーなコミュニケーションで協業を強化し、安全性の高いベストセラーを生み出すことが可能になります。

この記事では、Centric PLMTM組成管理を行うことで得られる6つのメリットをご紹介します。

1. 安全性を確保しコンプライアンスに対応

2019年にDance Moms の元メンバーでユーチューバーのJoJo Siwa のメイクアップキットからアスベストが検出されたことで、Claireは商品をリコールしましたが、このニュースがメディアで話題になったことで、メイクアップ用品だけでなくグッズ等もすべて店頭から撤去されることになりました。この出来事からもわかるように、安全性とコンプライアンス対応は、商品開発において基本となる要素で、サプライチェーン全体で安全性やコンプライアンスのリスクを低減するためのシステムが利用されています。

Centric PLMを使えば、商品に関するデータをすべて見える化して、コンプライアンスの変更を管理し、影響を受ける商品を見つけ出して、規制や基準に対応するための意思決定をすばやく行うことができます。原材料のブラックリストや禁止品、ウォッチリストのデータベースと直接連携したりプロセス管理機能を活用すれば、品質コンプライアンスチェックを最適化することが可能になります。

さらにCentric PLMがあれば、リアルタイムにコミュニケーションを行って、マーケティングやR&D、品質管理部門と原材料のデータを簡単に共有することができます。組成に変更を加える場合も、既存の管理プロセスを調整して、コンプライアンス対応を確認し、精度の高いラベルや書類を用意することが可能です。

2. トレーサビリティを最適化

原材料の原産地や処理方法、サプライヤがコンプライアンス対応しているか等の詳細情報の管理も、PLMの重要な機能の一つです。

Centric PLMは、ERP(エンタープライズリソースプランニング)システムとシームレスに連携することができるので、精度の高い原材料情報に簡単にアクセスして、原材料に問題があったりコンプライアンスに対応していない場合に影響を受ける商品を、すぐに探し出すことができます。さらに、生産中・輸送中・店頭に陳列中など、商品のステータスも確認できるので、スピーディに対応して、既に店頭に並んだ商品を撤去する必要がなくなることで、ブランドの信頼を守ることができます。

 

3. 品質管理を改善

安全性とコンプライアンス対応は、品質管理の基本となるもので、商品開発に関わる多くの部門が関連します。たとえばR&Dのたった1度のミスで、大きな問題を引き起こすこともあり、ラベルに間違いがあれば、ブランドの信頼を失うことになりかねません。そのため多くの企業では品質管理のエキスパートを雇って、最終的なチェックを行っています。

PLMがあれば、今までとは違う次元で品質を担保することが可能になるのため、投資する価値は十分にあります。Centric PLMを使えば、品質管理に関するデータを集約して管理し、関連する部門やメンバーがリアルタイムのデータにいつでもアクセスすることが可能になります。

それだけではありません。Centric PLMがあれば、仕様テンプレートから品質に関するデータを直接を入手できるので、商品開発全体で品質基準を強化することができます。PLM内で品質情報を管理し、いつでも簡単にアクセスして、継続的にモニターすることが可能になります。

 

4. ラベルの精度と透明性を向上

商品の効果や組成を証明する際には、細心の注意を払って、100%間違いのないラベルを用意する必要があります。情報の精度や透明性、パッケージに問題があると、評判やビジネスがリスクにさらされることになります。

Centric PLMでデータを一元管理すれば、パッケージに記載する情報の精度を担保し、自動でラベルを作成することが可能になります。組成に変更が入ったり、新商品を開発する場合は、仕様テンプレートから自動で情報を取得して、原材料リストや重量、画像、原産国などの属性のプレースホルダが作成されます。複数の地域やマーケットで商品を販売する場合も、Centric PLMでその地域の規制に関する情報を確認し、地域専用のラベルを様々な言語で作成することができます。

 

5. ル複雑な商品ポートフォリオを管理

小売やメーカーには、品ぞろえをスピーディに継続的にアップデートしていくことが求められています。トレンドとシーズンへの対応が求められる業界で、消費者のトレンドに対応しながら、品質を守ってサスティナブルな商品を生み出すには、どうすればいいのでしょうか?答えは、PLMを使った組成管理です。

PLMがあれば商品に関する情報をまとめて管理できるので、R&D、技術者、社外のサプライヤが商品情報に簡単にアクセスして分析することが可能になります。情報に簡単にリアルタイムにアクセスできることで、商品の業績をすぐに把握し、再注文や組成の見直しを手早く決断できます。目標達成のために商品に微調整が必要な場合は、Centric PLMで組成の情報を確認して変更を加えると、すぐに変更が全体に反映されます。

 

6. 複イノベーションを強化

競争の激しい健康・美容業界では、継続的に商品やプロセスのイノベーションを進めることが求められています。PLMを使ってデジタルトランスフォーメーション(DX)に取組むことで、商品やビジネスのイノベーションをスピーディに進めることができます。

すばらしい組成を開発して、的を得たマーケティングを行うことで、成功への道が開けます。R&Dやマーケット調査、業務の効率化にリソースを投下して、利益率を最大化し、投資対効果の高い部分に投資を行うべきです

Centric PLMは、情報を一元管理して、どこからでもアクセスできる環境を整え、商品開発や業務を最適化することで、企業をサポートします。Centric PLMを活用することで、商品の品質や安全性を守りながら、ニーズに対応した商品を開発し、トレンドを生み出すことで、競争力を強化することが可能になります。

 

デモを申し込む

Share this article