California

655 Campbell Technology Parkway,
Suite 200
Campbell, CA 95008 USA

Phone: +1 408 574 7802
Fax: 1 408 377 3002

すべての記事

ファッション業界の最先端へ。商品化のリードタイムを短縮する戦略

1 分で読めます
HatenaLineKakaoTwitterFacebookLinkedInWhatsApp

「時間がすべて」という普遍的な考え方は、特にファッション業界には当てはまります。

長年にわたり、消費者は新しさや今を求める飽くなき欲求を示してきました。それゆえ、もし流行遅れになり二度と戻ってこないものがあるとすれば、それはファッションブランドや小売企業が市場のニーズに適切なタイミングで対応することができないこととなります。

競争に打ち勝つには、顧客が望むときに最新のスタイルを提供するだけでは不十分です。ファッションブランドや小売企業は、一時的な解決策ではなく、本質を見極め、適切なデジタルソリューションを活用する必要があります。そのためには、市場投入までのスピードを最優先し、最終的には間接費を削減し、リードタイムを短縮する必要があります。

速ければ速いほどいいのか、とよく聞かれますが、本当の課題は、商品化のリードタイムをいかに効果的かつ効率的に短縮するかということです。以下の4つの取り組みは、ファッションブランドや小売企業が機会を活かし、戦略を適応させ、市場ニーズに応えることを可能にするものです。

1. サンプル作成プロセスの見直し

サンプル作成プロセスは、人件費、高額な輸送費用、環境への影響、物流など様々な要因により、コストと時間がかかることがあります。さらに、コミュニケーション、試作、修正に要する時間や労力、お客様に届く前にサンプルが陳腐化するリスクは、結果的にリソースの無駄につながり、コスト削減や売上増加の機会を逃すことになります。

サンプリング依頼のボトルネック、高まるサンプリングコスト、プロトタイプへの待機時間を避けるために、ファッションブランドや小売企業は、3D機能を備えたバーチャルサンプリングを採用し、サンプル作成プロセスを最適化する必要があります。

2. コミュニケーションギャップの特定

効果的なコミュニケーションは、ベンダーや社外パートナーと健全な関係を築き、維持するために不可欠です。ファッション業界は、スタイルやチャネルが次々と変わるため、多くの人とコミュニケーションを取り、重要な情報を把握することが大きな課題となる場合があります。

もし、頻繁に受信トレイのメールの数に対応しきれなくなって圧倒されたり、海外のサプライヤーを訪問できないという距離に制約されているとしたら、それは遅れをとっている可能性のサインです。PLM(製品ライフサイクル管理)は、社内外のコミュニケーションを効率化し、クライアントとベンダーの双方にリアルタイムの商品開発データを提供するデジタルソリューションです。

3. データの信頼性を高める

原価計算、仕様書、サイジングなど、商品の作成には多くのデータが関わっています。適切なツールやプロセスを導入しなければ、データを効果的に活用するために必要な正確さとアクセシビリティを実現することは困難です。

必要なときに正しい商品情報を探すのに苦労していませんか?ビジネス情報の共有がうまくいかず、時間通りに進まないことはありませんか?正確なリアルタイム情報にアクセスできず、大きなミスをしたことはありませんか?もし、これらの質問のいずれかに「はい」と答えたなら、それは、商品の市場投入までのスピードを妨げ、利益率に影響を与えているものに対処する時期が来ていることを明確に示しているのです。

4. マニュアル業務を自動化

大量の商品データを管理することは、開発プロセスをより複雑で多面的なものにします。特に、手作業によるドキュメンテーションの一環で、表計算ソフトからもう一つの表計算ソフトへ移行する場合、ミスが発生しやすくなります。このようなエラーや遅れをなくすための効果的な方法は、デジタル化です。このアプローチにより、製品ポートフォリオ管理における可視性が向上し、透明性が高まります。

もし、あなたが情報の流れに悪影響を与え、納期遅れを引き起こすような混沌としたサプライチェーンに頻繁に対処しているなら、それはリードタイムを短縮し、変化する市場ニーズや要望に対応するためのペースを上げるべきことを示すサインといえます。

変化の激しいファッション業界で生き残り、競争に打ち勝つためには、ファッションブランドや小売企業は、商品の市場投入までのスピードを優先しなければなりません。そのためには、PLMなどのデジタルソリューションを活用して業務プロセスを効率化し、ベンダーや社外パートナーとのコミュニケーションを改善することが効果的な方法の一つです。