|

1 7月, 2021     この記事は 15 分で読めます

デジタルトランスフォーメーションで化粧品・パーソナルケア用品ビジネスをより魅力的に

化粧品・スキンケア商品・ヘアケア商品・香水・トイレタリー・サプリメント等の商品は、何世紀にも渡って人々の生活を進化させてきました。新しいトレンドが絶え間なく生まれ、それに対応して業界も進化を続けており、企業が成功を収めるためには、より美しくなれて心地よく感じられる商品が必要不可欠です。さらに現在では、品質が高いだけでなく、共感できるブランドが求められており、自分を理解してくれて同じ哲学を共有でき、個性をより豊かに表現することのできるブランドのニーズが高まっています。

消費者のニーズが目まぐるしく変化する中で、コストを管理しながら、開発サイクルをより早くまわし、サスティナブルでトレンドに対応した革新的な商品をリリースし続けるのは、至難の業です。特にExcelや時代遅れのシステムで商品情報を管理している場合は、なおさらです。ブランド、小売、メーカーなど業態や業界での経験にかかわらず、現代のスピード感に対応するためには、デジタルトランスフォーメーションを進める必要があります。

 

消費者動向の変化

スピード重視:化粧品やパーソナルケア用品のブランドにも“ファストファッション”並みのスピードが求められる時代に

化粧品やパーソナルケア用品のブランド、小売、メーカーには、“ファストファッション”並みのペースで、より多くの商品をより多くのマーケットやチャネルでリリースすることが求められるだけでなく、同時に高度な規制に対応するプレッシャーにも追われています。業務の効率化が重要ですが、スピード感を保つためには、革新的で品質が高くコンプライアンスに対応した商品を次々とリリースしながら、トレンドを正確に予測してアジャイルに対応し、様々なチャネルで消費者にアプローチしなくてはなりません。しかし、商品開発のデータをバラバラに管理していて、様々なシステムや個人のパソコンに情報が点在し、どの資料が最新なのかがわからないような状況では、市場の課題に対応するのは難しくなります。

革新的な商品を生み出すためには、状況を見える化して、社内外の協業を強化し、業務を効率化するためのシステムに投資して、デジタルトランスフォーメーションを推進することが、今まで以上に重要になっています。適切なシステムがあれば、連携や協業を強化して、ボトルネックや作業のやり直し、データの手入力をなくして、商品開発をスピーディに進め、ファストファッションのようなペースでより多くの商品をリリースすることが可能になります。

 

エコも重要:サスティナブルな商品を求める消費者に対応

より多くの商品を次々とリリースすることが求められる一方で、サスティナブルでエシカルな商品を求める動きも広がっています。環境への影響を考慮する消費者が増える中で、ブランドの評判を保つためには、動物実験を行わない(クルエルティフリー)、ヴィーガンでエコなパッケージの商品が求めらています。

商品開発を管理するシステムがない状態で、このような動きやトレンドに対応しようとすると、売上を失う可能性があります。システムを活用すれば、組成の変更やサプライヤとのやり取り、トレーサビリティを管理して、コンプライアンスに対応し、素材の調達から生産までパッケージのオプションを確認することが可能になります。

 

素材に目を向ける消費者

現在では化粧品・スキンケア商品・ヘアケア商品・パーソナルケア用品・香水・サプリメントの素材に関する知識を持ち、どんな素材が使われているのかを気にする消費者が増えています。特定の素材の効果が有名になることで、使用する素材によっては商品の人気が出たり、逆に人気が落ちたりすることもあり得ます。

システムを使って全商品の組成を見える化すれば、各地域のコンプライアンス要件や規制に対応しながら、組成をスピーディに調整したり、新しい素材を調達することが可能になります。そして消費者のニーズに素早く対応して、次のトレンドに合った革新的な商品を開発することで、熱狂的なファンを獲得したり、過去のシーズンの商品をキャリーオーバーすることができます。

 

化粧水や香水以外にも…

お気に入りのコーヒーショップで繰り返し使えるカップを購入したり、好きなスポーツブランドのバックパックを買ったりするのと同様に、お気に入りの健康・美容ブランドからグッズを購入したいと考える消費者もいます。このニーズに対応するために、従来取り扱ってきた商品とは異なるハードグッズを販売するブランドや小売が増加しています。

主要商品に加えてグッズを取り扱う場合にも、両方の商品開発を管理し、商品の情報を一ヶ所にまとめて管理することが重要になります。主要商品とグッズを併せた複雑な商品ポートフォリオやビジネスの成長を最適化し、市場の変化に対応するためには、適切なシステムを活用してデジタルトランスフォーメーションを進める必要があります。

 

 

業務の課題解決に注力

自社に合ったシステムを:あなたにとってのデジタルトランスフォーメーションとは?

“デジタルトランスフォーメーション”という言葉がもてはやされていますが、あなたの会社にとってデジタルトランスフォーメーションは、何を意味するのでしょうか?上質なオリジナル商品をスピーディにリリースすること、顧客との距離を縮めてニーズやトレンドを予測すること、または革新的な商品を開発して、無秩序な商品ポートフォリを管理するためのシステムを導入することかもしれません。

デジタルトランスフォーメーションの取組みは、ビジネスの目標や業務上の課題に対応して進めるべきものです。そして化粧品・パーソナルケア用品業界では、スタートアップのメーカーから大手マルチカテゴリ小売まで企業規模に関わらず、業務をより戦略的に効率的に進めるためのシステムを慎重に選ぶ必要があります。日々システムを利用する従業員の積極的な協力なしには、デジタルトランスフォーメーションを成功させることはできないので、使いやすく高い利用率を維持できるシステムを選ぶことが、非常に重要です。

ワークフローを最適化して、サプライヤとのやり取りや様々なカテゴリの商品、オプションを効率的に管理し、ベーシックな商品を作成したり変更を加えて再利用することが可能になるシステムが求められています。

 

商品をデジタルトランスフォーメーションの中心に

PLM:リューション

商品に関する情報を1つのシステムでまとめて管理できたら、便利になると思いませんか?製品ライフサイクル管理(PLM)ソリューションを使えば、それが実現できます。PLMを使えば、商品に関するデータをリアルタイムに管理して、商品を中心としたエコシステムを構築できます。

さらに組成の詳細情報から、各国や地域用のパッケージ、販売データまで、商品に関するリアルタイムの情報に、社内外からアクセスすることが可能になります。

モバイルでも使える最新のPLMは、ERP(エンタープライズリソースプランニング)や商品情報管理(PIM)、デジタル資産管理(DAM)、eコマース、CRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)、商品ポートフォリオ管理(PPM)、セールス&オペレーション計画(S&OP)、ラボラトリー情報管理(LIMS)、ラベル&アートワーク(LAM)など様々なシステムと連携することができ、オフィスや家、外出先など場所を問わず利用できます。PLMを活用することで、状況を見える化して、情報の一貫性を保ち、協業を強化することで、リードタイムを短縮して、品質や成功率を向上することが可能になります。さらにコンプライアンスに対応して、トレーサビリティを強化し、コストをより簡単に管理することもできます。

デジタルトランスフォーメーションのためのシステムは数多くありますが、PLMでできることはシンプルです。PLMは、独立した複数のシステムの代わりに、商品のデータやワークフローを集約して管理するハブとしての役割を果たし、商品データの流れを整えるためのシステムです。PLMを活用すれば、業務上の課題に自信を持って対応し、ビジネスの目標に沿ったデジタルトランスフォーメーションを進めることが可能になります。

 

デモを申し込む

 

Share this article